就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

選挙で白票は意味がないし、開票作業の無意味な妨害でしかない

【スポンサードリンク】

選挙に際して、白票を入れる人もいるし、投票に行かないくらいならば、白票を入れるべき!だとする意見もあります。私は白票を入れたことはないし、入れる意味も分からない。よく白票を入れると投票率が上がると言われている。それが本当なのか?分からないが、仮に投票率に反映されるとしよう。それで何の意味があるのか?そういう疑問に関しては、白票を投じるってことは投票する意思があるってこと。少なくとも棄権する人間よりは白票でも投票する人がいてくれたら、政治家は彼らを見てくれるぞ。みたいなことを言うが、そもそもこの考え方が根本的におかしいと思う。それはある1つの選挙に際して、投票しない人は毎回同じではないということ。そして、ある選挙に投票しなかった人が、別の選挙では投票しないということではないということ。そうなると、ある選挙に投票しなかった人が、今後ずっと投票しないという可能性は極めて低い。

 

何が言いたいのか?っていうと、投票に行っていない人が、今後投票する見込みのない人間なんて言えないということ。普通に考えたら分かると思うのだが、選挙にむちゃくちゃ興味はあるが、何らかの理由で行かない人間は多い。それは白票を投じる中にも含まれているかもしれないがな。頭のいい人が多く政治家になっているんだから、そのくらいのことは容易に想像がつく。白票の割合は恐らく公表されないから分からないが、見た目の投票率を上げても、私は意味がないと思う。以前、「若者の投票率が低いから高齢者向け政策ばかりになる←嘘だろ - 就職しないで、ブロガーになった人のBlog」の記事でも話したのだが、政治家が高齢者優遇の政策を掲げているとしても、それは別に高齢者の投票率が高いからではない。政治家自身が高齢者だから、自分たちが得をする社会にしたいから。そして、もう1つは高齢者が多く投票してくれる選挙の中で当然した人間が当選をするためだ。つまり、若者の投票率が向上してしまうと、選挙の趨勢が今まで明らかに変わる。それは選挙結果にも大きな影響を与えるだろう。今後の選挙においてマニフェストなどを決めるのが、現役の国会議員ですね?彼らは当然、次の選挙でも当選したいですね?

 

ならば、前回やこれまで当選してきたときと同じような政権公約、またはそれぞれの候補者が前回、これまでに掲げた政策を掲げ続けた方が、当選しやすいですね?それは受験で過去問を解いているに等しいわけだ。過去問をやれば、過去の傾向が分かって本番でも点数がとりやすくなる。そして、選挙においてもどういった政策を掲げれば投票が集まるか?誰をターゲットにすれば、どういう振る舞いで選挙活動を行えば、票が集まるか?過去にデータがあるはず。それと同様に今回もやるのが、選挙で勝つための鉄則になる。つまり、若者の投票率が上がることは、新規に当選を果たすことを狙う候補者にとってはメリットになるかもしれないが、既存の議員が再選を果たすために邪魔でしかない。投票の趨勢が変わるからね。だから、若者の投票率を上げる策なんかとらないし、上がってほしいとも思っていない。むしろ、高齢者優遇を掲げることが有効な策なのだとしたら、ずっとそれをやり続けるはず。若者の投票率が仮に上がっても、それを若者優遇なんてするはずがない。むしろ今まで以上に高齢者優遇をして、若者の投票率を押さえつけようとするかもしれない。

 

そうなれば、白票っていうのは選挙の趨勢には全く影響を与えないでしょう。つまり、投票率は仮に上がっても、投票結果には全く影響がない。となれば、白票が増えることは、政治家にとって好都合ですよ。すでに話したように政治家は若者の投票によって、自分たちの当選の邪魔をされたくないと考えているならば、高齢者とは投票先が違う若者の投票は少ない方がいい。つまり、白票は選挙結果に影響を与えないから、投票率が下がることもそうだが、無効表が増えてくれることも同時に望ましいのです。白票を投じよう!なんて声高に叫んでいる裏で、政治家はほくそ笑んでいるかもしれませんよ。

 

実際、若者の投票行動と高齢者の投票行動は結構違うと思うから、若者の選挙参加は、多くの政治家にとっては望ましいとは思っていない気がする。ネット投票が導入されない理由も、それによって若者が多く選挙に参加してしまうから。と予想している人もいたが、確かにそうかもしれない。だから、私は若者の投票率を上げることもそんなに意味があるとは思えないし、白票を入れる意味も感じられないのが現状です。また、白票って、そもそも公式で認められた投票方法じゃないですよね。白票って、何かと言えば無効票です。つまり、カウントされないで捨てられてしまう票だ。それをあえて意図的に投票しようとするのは、選挙妨害以外の何物でもないと思うのだが。棄権をする方が絶対にマシだと思うんだけど。選挙妨害をするような行為が何故こんなにも推奨されるのか?謎でしかない。棄権は民主主義への裏切りとか言う人もいるが、白票を投じる人間に言われたくはない。だいたい民主主義への裏切り行為の何が悪いんだ?

 

私は選挙に全く行かないわけではないが、少なくとも行く理由がないときには行っていない。そのときには白票も入れない。そして、私は選挙全体の、若者の投票率とやらに全く興味がない。上がろうが、下がろうがどうでも良い。むしろ、自分の1票にそれほど価値があるとも感じられない現状では、投票したいと思う先があったとしても、そこに投票する意味をそこまで感じられない。選挙において自分の意思表示をしようだなんてことが非現実的すぎる。私は投票に一切行かないで、政治家のTwitterとかに直接文句や不満を書き込んでいる人の方がよっぽど意味のある行為をしているように見える。ただ、こういった行為は投票に行かないのに文句を言うなとワケのワカラナイ感情論で返される。投票に行くのが無駄だから、もっと有用な行為で政治に意見をしているだけなのに。選挙番組や記事では、だいたい投票率、特に若者の投票率に注目が集まるが、私は全く興味がないのです。そして、私と同じような人間がだいたい6~7割くらいは毎回いるってことですよね。

 

 

 

あわせて読みたい記事