就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

介護業界の人手不足の原因は給料安い、仕事きつい←解決策はない

【スポンサードリンク】

介護業界は全体的に人手不足で悩んでいるという。どこの施設も介護を担う人材が不足し、そのしわ寄せを働いている人たちが受けているという。若い人が入ってもすぐに辞めてしまうケースは決して珍しくないみたいで、現実的に介護業界で人が集まらない理由は、まずは低賃金、そして労働が過酷なこと。これが特に言われている。家庭内の介護を見ていると、無理心中を図るケースとかもあるから、介護がどれだけ過酷か?は容易に想像はできるが、給料を貰っていても、それを仕事でやるとなると、生活の中心になってしまうわけだから、厳しいのは当然か。恐らく介護需要は今後さらに伸びるでしょう。平均寿命が伸びると思うから。ある程度のスパンで平均寿命自体は伸びていくと思うのです。そうなると、介護に対する需要は減ることは考えづらいが、増えることはありえる。ある意味、介護の資格さえ持っておけば、どんな仕事にも対応しやすいという意味では、公務員並に安定した仕事とも言えるかもしれません。

 

しかし、そんな魅力がある介護の業界は公務員とは違い人気がない。確かに安定している面もあるかもしれないが、イメージがどうしてもよくないということもあるのか?それともやはり給料の安さと労働の過酷さの問題があるのか?今後もこの業界はなかなか人が集まるとは思えない。それで困った!困った!というのが世間の流れになっているのだが、困った!困った!と言っているのは誰なんだろうか?国とか、介護施設の運営者、またはそこで働いている人が中心なんじゃないだろうか?つまり、それ以外の介護とは現在のとろろ無縁の人たちは、この状況を危機的状況とは思っていない人が多いと思います。実は私もその一人かもしれない。というのも、介護はどうしてもなくてはいけない仕事か?というと、そうは思えない面もある。なくてはならない仕事ならば、公務員化して、待遇を改善する必要が絶対にあると思うのだが、そういう動きは出ないわけですよね。国もそこまでする必要はないと思っているのだろうか?

 

政治家の1人や2人がいなくなっても困る人間はそれほどいるとは思えないが、介護業界に1人でも、2人でも増えてくれれば、そっちの方が助かるって人は多いかもしれない。でも、現状、介護の担い手となる若い人たちは挙って、この業界へは足を運ばない。やりたくないんだからしょうがない。無理矢理やらせるわけにはいかない。私は介護を担う人がいなくなったり、少ないことは別にそんなに問題だとは思わないのです。それは現在介護とは無縁の人が将来、同じような状況になったときに介護を受けずに死んでいくようなことがあっても、それを良しとできる心構えがあるならば、そういう姿勢でも構わないと思う。少なくとも介護を仕事としてやらせている現状では、やりたくないという気持ちを持つことは自由だし、それによって介護を受けられずに死んでいく人がいるというのを肯定するのも自由になってしまう。自分もそうなる可能性があるわけだが。将来的に介護需要は膨らむばかりで、現状が改善されない限りは、その担い手はどんどん減っていくと予想される。家族や友人に頼めたり、金持ちで介護のために大金をはたけるような人間以外は、介護にありつけない人間は増えるかもしれない。

 

ただ、それが悪いか?っていうと、良いとも思わないけど、悪いとも思えない。だって、しょうがないじゃん!としか言いようがない。介護という職業を国が市場原理の中で扱ってきたのだから、その結果、選ばれづらくなった。というだけの話だと思うのです。というか、そういう例は実はたくさんあるはず。国家レベル問題にならないだけど、一部の人間が実は必要としているものが、国全体の需要の少なさから消えている、作られなくなっている。そういったものは別に珍しくない。それで困るのが少数だから、世の中として大して問題視されていないという現状があるだけだと思う。困っている人は間違いなくいるのだから、それが全く問題じゃないわけではないが、それを作る人が市場原理の中でいなくなってきているのだから、それはしょうがない。自分で作るか?大金をはたいて特別に作ってももらうか?するしかない。

 

介護も今後はそうなりそうな気がする。つまり、需要はめちゃくちゃあるが、それをやってくれえる人間は今後増えるとは思えない。介護業界が公務員化され、むちゃくちゃ待遇が良くなったりしない限りは。あと、そもそも介護をされる側の人間は本当はどう考えているか?という問題がある。介護されるくらいなら(他者に迷惑をかけるくらいなら)さっさと死にたいと思っている人間は実はいるんじゃないか?と思う。介護をめぐる心中事件とかが起きると、たまに介護を受ける側が「殺してくれと言っていた」とい供述が出てくる。介護をめぐる問題は、別の意味でも実は深刻なんじゃないか?と思います。実際、介護の問題って、実は年金の問題にも似ていて、後になればなるだけ介護を受ける側の人間が増えて、その担い手である若者の割合はどんどん減っていくことになる、つまり、高齢者の介護を若者が担うということになれば、年金問題と同様に若者にどんどん皺寄せが行く。時代が進めば進むほど、高齢者の割合は増えて、若者は少なくなる。そして、高齢者の平均寿命はさらに伸びると思うから、介護を必要とする人の数はさらに増える。とてもじゃないが、これは年金問題と同様に、高齢者の介護を若者や現役世代が担うというシステムは長期的に見て無理がある。今でも十分無理が生じているのだから、改善する見込みはあまりない。介護を誰がやるか?という問題に対して別のアプローチから考えないと解決は不可能だ。ロボットにやらせる時代がくるかもしれないが、国も抜本的な改革が出来ない以上、現状介護業界の人手不足の解決策はない。解決不可能な問題に近いように見える。

 

 

 

だから職員が辞めていく 施設介護マネジメントの失敗に学ぶ [介護の本シリーズ]

だから職員が辞めていく 施設介護マネジメントの失敗に学ぶ [介護の本シリーズ]

  • 作者: 岡田耕一郎,岡田浩子
  • 出版社/メーカー: 環境新聞社
  • 発売日: 2008/09/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 43回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

あわせて読みたい記事