就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

IT、WEB業界の転職の年齢は何歳まで?30代、40代など高齢は不利?

【スポンサードリンク】

IT業界、WEB業界は年齢がいっていると不利なのでしょうか?転職は一般的に年齢が上がるほど不利と言われてはいますが、結局はその人によりけり、企業の考え方によりけりなので、何とも言えません。確かに30代、40代とかは不利と言われている側面もあります。35歳が限界とか、そういったことも言われていることが、全く嘘ではないでしょう。そういうケースもある。ただ、別のケースもあるってことです。年齢よりもその人個人の実力、スキル、経験などを重要視している場合もあるでしょうし、その場合には年齢は関係ないとは言わないが、あまり考慮はされないケースも多々あると思う。だから、業界全体で年齢が高い人、高齢の人は不利か?どうかなんてまずいえないと思います。その中でIT業界WEB業界で転職を成功させるためには、その実力とやらが必要になってくるのは間違いない。

 

WEB業界に転職を希望している場合には、一般的な転職サイトよりも、その業界に特化したものを使った方がいい場合があります。転職サイトは2つ種類があって、業界とか関係なく総合的な求人を載せているサイト、そしてある業界や分野に特化した求人を載せているサイトです。この2つがあるのですが、IT系、WEB系の転職は、そこだけに特化したサイトにいくつか存在しているので、そういったところを利用した方が、より求人が多い可能性があります。そして、中でも「Switch.」が特にオススメなのです。ここはIT系、WEB系の企業が特に集まっているサイトです。創業からまだそんなに時間が経っていませんが、かなり利用者数が増えていて、評判も高いのです。何故か?それはこのSwicth,のスカウト機能への人気ではないでしょうか?このサイトの1つの特徴を挙げるとするならば、スカウト機能がついているということでしょう。スカウト機能って何か?っていうと、登録している人のプロフィールを見て、気になる人がいたら企業の方から連絡をくれる機能のことです。

 

このスカウトに特化したのが、このSwicth,になるのです。スカウトの何が良いか?というと、自分の条件でどういう企業なら可能性があるのか?が一目で分かることです。通常ならば、自分から転職サイトの中で企業を探して応募して面接や書類選考を受けるという流れになります。自分が気に入った企業を受けるので、企業が自分を気に入るか?どうかは別問題です。つまり、自分がちょっと高齢で、先ほど言った年齢を気にする企業は受かる可能性が低いわけですが、その企業とも知らずに受けてしまうみたいなことが普通にあるわけですよね。それは受けてみないと分からないからです。30代、40代NGとか書いてないですから。そうなると、受けてみてダメだったのか。と分かっても、それまでも時間はもったいないでしょう。最初から分かっていたら絶対に受けなかったのに!と思っても遅いのです。スカウトは、企業から声がかかるので、自分の年齢を含めた経歴などを見て、気になると思う企業が声をかけてきます。つまり、声がかかった企業は自分の年齢でも問題ないと、その他経歴を見て問題ないと判断してくれた企業となります。スカウトが着た企業というのは、それだけ企業が既に興味を持っているので受かりやすいと言えます。そうなれば、受かる可能性も高いところだけを受けられるので効率的ですよね。

 

そういうメリットがあるということになります。Swicth,はFacebookアカウントを使って登録しますが、アカウントの情報は企業には漏れないので大丈夫です。登録をしたら、スカウトがくるまで待って、スカウトが着て、その企業に承諾を送れば、こちらの個人情報が改めて向こうに開示されるというわけです。承諾をしなけければ、企業が分かるのは経歴など一部の情報に限られます。そして、承諾をした相手企業と以降はチャットを使ってやりとりを行い、話が合えば、説明会への参加の案内や面接の案内の話に移り、実際に選考を受けていくという流れになっています。承諾をしなければ、こちらの名前とかは分からないので、自分が今働いている企業とかに転職サイトに登録していることがバレません。また、ブロック機能もあるので、見られたくない企業をブロックすれば、その企業にはこちらの情報が一切見られませんから、安心です。そういう利用者への配慮が行き届いているところもこのSwicth,の評判がいい理由になるでしょう。

 

また、このSwicth,を利用しても、手間という手間はほとんどありません。登録したらスカウトがくるまで特にすることもないので、待っているだけになります。すると、時間が余りますよね。その余った時間を有効活用できるわけですね。つまり、Swicth,を利用しながら、別の転職サイトやハローワークを使って、通常の検索をかけて企業に応募するということもできます。スカウトを待っているだけじゃ、そもそも受けられる企業の数が少ない傾向にあるので、それじゃ足りないという方もいるでしょう。そういう方にとっては、スカウトを待ちながら、空いた時間で自分で検索をかけていけると、同時に2倍のチャンスというか、2つの戦略で転職活動を行うことができます。スカウトを待ちながら、自分で調べて企業に応募もできれば、自分が受けられる、出会える企業数が多くなるので、出会える企業の数が多くなればなるだけ、その中に自分の希望に沿う企業が含まれている可能性も高くなります。転職成功ののために欠かせない要素になるということです。そういった自分の転職の可能性を広げてくれる、同時にチャンスが広がる点もSwicth,を使うメリットになると思いますから、無料で登録、利用可能なので、良かったら参考にしてみてください。

 

人気web企業への転職なら
Facebook転活アプリ Switch.

 

 

あわせて読みたい記事