就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

就職が決まらない、就活が終わらない人は頑張り方を変えよう

【スポンサードリンク】

就職が決まらないで不安を抱えている学生は多いでしょう。卒業が迫ってくると、内定率95%とか出てきて、内定がもらえていない自分は負け組だとか、人生終わりだとか、死にたいと思っている人も中にはいるかもしれませんが、この内定率は気にしてもしょうがないですよ。途中で就職活動を辞めた人間とかは、分母から弾かれているので、最後まで就職活動を続けている人のみの割合なのです。だから、就職する気はあるが、途中で就職活動を止めた人はこの内定率には参入されておらず、現実はもっと低い数字だということは覚えておきましょう。そして、この内定を貰った人の中には、1年後、3年後、いやもっと早くかもしれませんが、辞めていく人もいるはずです。内定を貰った人もうち、3割以上は、3年以内に辞めるわけですから、結局内定を貰っている人の中にも、喜んでいられるのは今のうちという人も結構いるんですよね。入ってみないとブラック企業か?どうかって分からない部分も多いですから。

 

ただ、内定が貰えないのは原因はもちろんあるはずなんです。原因はあるはずだけど、それを見出すのが難しいじゃないですか?誰も教えてくれませんから。自分でも分からないですよね。でも、面接をした企業の人事も教えてくれるはずがありません。そして、自分でも分からない。周りの人間も分からない。そうなれば、そのままのやり方で就職活動をやっていて内定が出るかもしれないけど、出ない可能性の方が高いかもしれません。すると、これはやり方自体を変えるしかない。あるプロ野球の有名なコーチがこんなことを言っていました。「今年頑張って最下位だったんだ。じゃあ、来季は頑張り方を変えよう」と。つまり、頑張っても実力的には敵わないのだから、頑張り方を変えたら状況が変わるかもしれないということです。身体の小さい力士がまともに相撲をとっても身体の大きな力士には敵いません。じゃあ、真っ向勝負を挑むのではなく、技術を磨いて、小技とかを使ってみたらどうか?それで大成した力士が舞の海とかですよね。頑張り方を変えたんです。人と違うやり方をしたから、身体が小さい力士でも大成できるのです。

 

つまり、このページを見ている人も頑張ったはずです。でも、頑張ってダメということもあります。その場合に、同じやり方で頑張り続けても結果が出ないことがあります。それを実感したときにどうするか?というと、頑張り方を変えるべきだと思います。じゃあ、具体的に何を変えれば良いのか?というと、使っているナビサイトを変えましょう。恐らく皆さんが使っているのは、誰でも知っている非常に有名なサイトじゃないですか?就職活動をしているならば、誰でも使っていそうな。誰でも使っている、有名で知名度もあるようなサイトを自分も使えば、他の人と一緒のやり方で就職活動ができているから何か安心感があるかもしれませんが、それはあるデメリットを生むこともあります。それは就活生が特定のサイトに集中しすぎて、そこで椅子の取り合いをするからです。つまり、有名なサイトをみんなが使えば、そのサイトの利用者数が物凄く多くなります。そして、そのサイトに載っている企業へエントリーをする人数が滅茶苦茶多いので、そのサイトに載っている企業は、どこも応募者が大量に集まってしまい、倍率が上がり、内定が取りづらくなる。こういうメカニズムも一部であるのです。有名サイトほど、載っている企業の数も多かったりして、選べる余地が大きいというメリットはありますが、エントリーの数に制限がない以上、どれだけ多く載っていても、1人の学生が大量にエントリーするというのは当たり前でみんなやっているじゃないですか?そうなれば、そういう有名サイトを使うデメリットとして、倍率が跳ね上がりやすく、内定を取りづらくなるという現象も一方で起きている可能性もあるのです。

 

そこを見過ごしているからこそ、特定の有名サイトにみんな群がるのだと思います。みんなと同じところを使わないと不安でしょうがないのでしょう。したがって、頑張り方を変えるというのは、利用者が集中しない、みんながあまり使っていないナビサイトを使ってみるということでも達成できるのです。具体的にどんなところがあるのか?というと、例えば「【UTWO】 」は知っておいてほしいのです。ここは本来は既卒者や第二新卒者のためのサイトなんですが、4年生の1月~3月だけは新卒者も利用できるサイトです。名前聞いたことないですよね?ってことは穴場ってことです。みんな恐らく使っていないですよ。ここの何が良いか?っていうと、コンサルタントの担当者がつくわけですよ。その人が就職に向けて面倒を見てくれます。面倒って何か?っていうと、書類作成の際の添削や面接練習などです。これらは基本的に自分でやっていた方が多いでしょう。でも、UTWOを利用すると、それらがコンサルタントらによってサポートしてもらえます。書類選考は、面接に行く前の大切なプロセスなので、当然この業界のプロに見てもらった方が通過率が上がる可能性があります。

 

そして、面接ですよ。面接の練習なんか滅多にできないじゃないですか?でも、UTWOでは、コンサルタントの人間とマンツーマンで1回あたり2時間の練習が可能となっています。こんなことをしてもらえるところはなかなかないですよ。UTWOでは、それが可能ということで、まるで面接専用の家庭教師に教えてもらっている気分です。1回2時間の練習を何度も積み重ねれば、少しずつ上達していかないほうがおかしいと言えるくらいでしょう。ただ、練習をするだけじゃなくて、見てくれるのはプロですから、模擬面接を見て、足りない部分を指摘してくれたりするはずです。それによって、あ!ここが悪かったの!?といった、今まで気付けなかった点が修正され、実際の面接の評価にも大きな影響を与える可能性があります。それが今までの自分がやってきた就職活動ではありえなかった点かもしれません。そういったメリットがあるので、今まで就職活動を頑張ってきたけど、内定が全然でない、いつ終わるのか?分からない。全然終わらない、決まらないという方は、そういう頑張り方を変えて、より内定の確率が上がりそうなやり方にシフトしてみても良いかもしれません。

 

紹介したようなサービスはあくまでも一部で、他には、コンサルタントと一緒に希望の条件、こういうところで働きたい!といったことや将来はこうなりたい!ということを伝えて、応募する企業を探すところからスタートします。最初から内定までコンサルタントが面倒を見てくれるというのは、非常に大きいです。何が大きいか?って、一緒に力を合わせて戦ってくれる仲間がいるような感じですからね。しかも、経験豊富なプロですよ。今までそういう人がいたか?というと、なかなかいなかったのではないか?と思います。二人三脚であなたの就職活動を応援してくれる人がいるというのは、非常に大きいはずです。このUTWOは基本的にお金はかかりません。無料で利用できるので、本気で内定が欲しい方、今までの苦しみから逃れたい方、そういった方は良かったら参考にしてみてください。

 

 

188社落ちても内定とれた!  大逆転の就活攻略法 (DO BOOKS)

188社落ちても内定とれた! 大逆転の就活攻略法 (DO BOOKS)

 

 

あわせて読みたい記事