就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

一人暮らしで自炊して食費を節約しないと貯金できない人の問題点

【スポンサードリンク】

一人暮らしをすると、非常にお金がかかります。普通の会社というのがどれくらいを指しているのか?分からないが、手取りで20万円に達しない会社も珍しくない。そんな状況の中で、貯金をしようとするのは難しいのではないでしょうか?実家に住んでいる場合と一人暮らしをしている場合では、かかる最低限の生活費が全然違う。一人暮らしをすると、家賃、食費、光熱費、その他いろいろな費用を含めて、月に15万円近くかかる場合もあります。これがだいたい平均くらいらしい。実家に住んでいれば、こういった金額がほとんどかからなかったりします。そして、一人暮らしをしている人たちのうち、結構な部分の人は貯金ができないというケースも多いのです。例えば、年代別の貯金の額とかを見ていると、だいたい平均値と中央値ばかり見ている人も多いと思うが、実は貯金が0の人の割合というのも結構大きいのです。例えば、20代だと3~4割くらいいます。20代というと、実家暮らしの割合が非常に多いですね。

 

その20代でそれだけの割合貯金0というのは、使ってしまうからなのか?収入が少ないからなのか?はワカラナイが、非常に深刻な問題にも思えてきます。一人暮らしをしている人の方が割合的には貯金は難しい気がします。そして、実際に貯金ができない人というのは、お金の使い方に問題があるというよりは、そもそもその手取りで一人暮らしをしている方が問題な気がしてくるのです。こういうのは自分から一人暮らしをしない限りは、親の価値観がかかわってくる。つまり、社会人になれば家を出て行くものだ。他もみんなそうしている。といったよく分からない価値観に支配されているのでしょう。だから、子供を外に追いやろうとするのです。しかし、他もみんなそうしていると言うが、それは貴方たちが若かったころの話でしょう。今は違う。社会人の実家暮らしの割合は非常に増えている。また、その割合が多いとか、少ないとかは関係ない。他がみんな一人暮らしをしているから、自分の子供も一人暮らしをしないといけない理由なんかないですよね。これのどこが理由になるのでしょう?

 

手取り20万円に達しない人は、現実問題貯金をするのは難しい。そして、貯金ができない人は不安も大きいだろうし、実際、それが後々響いてくる可能性もある。そういう人が現実的に一人暮らしをしている。またはしなければならない方がそもそも大問題だと思う。一人暮らしをして、貯金ができないのは貯金ができない方が悪いというよりは、一人暮らしをすること自体が間違っているのです。つまり、手取り20万円の人がほとんど貯金できないとしたら、その人はよほど高い家賃の家に住んでいない限りは、少しは貯金できるはず。先ほど平均の生活費が15万円くらいと言ったが、それに照らし合わせると、5万円近くは貯金できても良いはず。なのにできない。こういう人は結構いると思う。それは生活全般におけるお金の使い方、節約の仕方が身についていないのです。一人暮らしをして、特に差が出そうなのは食費ですよ。結構多いと思うのだが、自炊をするのが苦手な人もいるはず。自炊をすれば確かに安くはなるが、そもそも料理が得意じゃない人はなかなかまともな料理が作れない。私も絶対にそうだけど、料理なんかできないです。せいぜいカップラーメンくらいしかできない。

 

カップラーメンを毎日食べていれば、確かに食費は高くならないかもしれないが、それはそれで問題だろうと思う。健康的に。そして、そもそも栄養に関する知識もないだろうし、料理の仕方なども習う機会なんかないはずだ。だから、自炊ができないという問題もあれば、仮にできたとしても味とかに満足がいくメニューになるのか?と思う。私はネット上に公開されている一人暮らしの若者が作った自炊のメニューなんかを見たことがあるけど、とても質素なんですよね。本当に失礼だけど、どれだけ貧乏なんだ?と思えてくるようなメニューに見えてきます。量も少ないし。この人たちは一見自炊ができているように見えて、これは満足した食事と言えるんだろうか?と思えてきます。これじゃ足りなくないか?と思うし、実際美味しいのか?どうかも分からない。だから、私も自炊には全く自信がないから、自分で買うのは大体コンビニ弁当やカップラーメンが多い。夕飯は親と一緒に食べている。

 

自炊がまともにできる人って言うのは意外と少ないんじゃ?と思います。一見できているように見える人も、これで満足いくのか?という凄い質素な食事が多い。1食あたりの費用は安いかもしれないが、さすがにもっと食べた方が良いのでは?と思います。風通に考えて、家族と同居していたときに親が作ってくれた食事が、1人あたり、100円を切るとかはほとんどありえないと思うんですよ。よほど節約への意識がない限りは。でも、一人暮らしの社会人などが実際に目指しているのは、1食100円を切るような食事だと思うんですよね。100円は無理でも150円、200円とか、外食で食べるよりは安く済ませようとしている人は多いと思います。でも、それって親が作っていた頃の食事と比べたら費用面もクオリティも大分落ちるじゃないですか?だから、その時点で、外食に頼る金銭的余裕がない人、自炊してそこまでの食事を摂ることができない人っていうのは、一人暮らしをするための金銭的な部分も、スキルの部分もどちらも足りていないと思う。

 

つまり、外食をすればある程度満足な食事は摂れるが、お金の余裕がなくなるから、貯金ができなくなる。しかし、自炊をすれば貯金はできるが、とても満足な食事は摂れない。どっちも問題だと思うんですよね。普段から料理をしてこなかった人は、たいてい自炊でそんなに満足いく食事はできないと思うので、その点からいっても外食にある程度頼らざるを得ない。しかし、外食する余裕がないという方は、一人暮らしは向いていないのでは?と思えてきます。せめて実家に住んで、そういった料理のスキルを学んでから家を出るべきじゃないか?と。スキルを身に付けても、食費を圧迫しない程度の費用で満足な料理ができるか?は別ですけどね。満足な料理を作ることができるとしても、それが外食よりも断然安く済むか?は別問題です。それを達成するには、また別のスキルが必要な気がします。どっちにしろ、家を出るのが早すぎるのでは?ということです。向いていないというか、そういう人は実家に住んだ方が健全な毎日が送れると思うんですよね。本当に心配になりますよ。これは社会人だけじゃなくて、大学生とかにも言えます。大学生も仕送りがあるといっても満足した生活ができているか?は分かりません。大学生は貯金をまだしなくても良いかもしれませんし、バイトをするという手段があるので、外食をする余裕があるかもしれませんが。

 

しかし、冒頭で示したように、中にはワケのワカラナイ理屈で子供を追い出そうとする親がいるわけだ。理屈になってないだろう。何で社会人になれば家を出ないといけないのか?→みんなしているから。意味が分からない。実際、今の20代は実家暮らしの割合が相当高いので、現実が見えていないとも言えるかもしれないが。私の親は物分りが良いので、私が20代後半になっても実家に住んでいても何も文句は言われない。そういう親に是非増えて欲しいと思うが、親の匙加減で本当に子供の人生が狂うなと思いますよ。子供を守らないといけない立場の親が子供を意図的に苦境に立たせようとするのが、こういう実家からの追い出しだと思います。全くもっておかしいと思うのだが。満足な給料が得られているからといって、家を出ないといけない理由は生まれないが、100歩譲って満足な給料が得られていれば出て行くのが良しとしても、今回問題にしているのは、そういう満足な給料が得られてないような人たちですからね。特に手取り20万円前後くらい人は、なかなか一人暮らしをしても満足な暮らしができないと思う。給料もなかなか上がらないだろうし、そういう手取りが少ない、給料が上がらないような会社は、相対的に潰れるリスクも高い。つまり、手取りが多い、給料が上がる会社と比べて、将来に対する不安も非常に大きい。それを緩和するのは、実家の力なんでしょう。以前、実家に住むことが=ベーシックインカムを貰っている状況に等しいと書いたこともあるが、本当にそういう状況があれば、生活は一変するので、頼れる場所を作ってあげてほしいですね。

 

 

貯金のできる人できない人~無理なく貯金体質になる方法~ (マイコミ新書)

貯金のできる人できない人~無理なく貯金体質になる方法~ (マイコミ新書)

 

 

あわせて読みたい記事