就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

ドリンクバーは元をとるには何杯飲んだら?←原価安いから無理

【スポンサードリンク】

ファミレスなどでよくあるおリンクバーって、あれってどれくらい飲めば元がとれるんでしょうね?私はドリンクバーを結構頼むんですけど、よくよく考えてみたら、毎回1杯か2杯くらいしか飲んでいません。ドリンクバー単品の値段が多分300~400円くらいなので、1杯じゃ確実に普通のジュースを頼んだ方が安いような気がしています。ただ、ドリンクバーにしかないジュースとかもあるので、メニューまで考慮したら、ドリンクバーの方が良いとなるのではないでしょうか?そもそも、私は元を取ろうなんて思ったことはないですけどね。だいたい、ドリンクバーで元を取る必要もあるのか?と思いますけどね。コップ1杯が100円だとしたら、4杯くらい飲めば、一般的なドリンクの価格を考慮したら、十分元をとっていると言って良いと思います、ただ、原価の元を取るという意味になると、これはほぼ不可能ですね。何杯飲めば元を取れるか?何杯飲んでも元は取れないと思います。

 

それはドリンクバーが、ほぼ確実にお店が損をしないように作られているからです。ドリンクバーの原価に関しては、正確な情報は分からないものの、相当安いはずです。私はマクドナルドのジュースの話を聞いたことがあって、マクドナルドで提供されている飲み物の原価はほぼタダなんだそうです。これも正確な情報か?はワカラナイが、仮に本当にタダ同然の原価だとすると、元をとるなんていうのは明らかに不可能です。仮に元がとれても、お店としてはドリンクバーは人件費が浮いているので、元をとられても全然問題ないという認識かもしれませんけどね。何杯飲んだら元がとれるのか?というのは、現実的に無理だという話になるのです。例えば、ピザが例に上がります。宅配ピザってありますけど、あれを高いと感じる人も多いと思うんですよね。ただ、それがもはや正常なんです。というのも、お店は意図的に「高すぎる金額」を設定しているからです。それは人件費を浮かせるため、というか、人件費がかかるのを防ぐためです。宅配ピザは、配達するための人件費が確実にかかります。すると、値段を安くすると、それだけ注文がきやすくなります。注文がたくさんきてしまうと、その注文を裁くための人員が必要になります。

 

つまり、多く着てしまう注文に備えて、あらかじめ多くバイトを雇わないといけないが、そのバイトが仕事をして回収してきてくれる金額がわずかだとすると、それだけ利益が少なくなってしまいます。ピザの値段を安くすると、人件費が多くかかる割に、注文が増えたとしても、儲かる利益はそこまで多くない。だったら、思いっきりピザの値段を高くして、注文する数を削減する。そして、注文数が減った分を値段の高さでカバーし、さらにバイトを雇う人数を少なく出来るので、利益が大きくなるという仕組みなんですね。宅配ピザの人件費に対するこだわりは凄いですよ。ピザを注文したことがある人は分かるかもしれないが、最近はネットから注文ができます。電話対応をする人が必要ない分、ネットから注文するとお店によっては割引してくれるのです。確か、ドミノピザだと5%くらい安くなります。そして、ピザを配達してもらわないで、自らお店に摂りに行けば、もう1枚ついてきたりするわけですよね。ピザ1枚の値段をタダにしてでも、人件費を削る方が重要だという姿勢を見ると、いかに人件費が高いか?がよく分かります。

 

そんなわけでドリンクバーも人件費の削減により、基本的にはどれだけ飲まれても、お店が損をすることはほぼないです。ファミレスのドリンクバーの場合は、お店にもよるんでしょうけど、原価が高いところでも20円くらいだと思います。そうなると、15~20杯くらい飲んでようやく元がとれることになる。現実的に可能ですか?もはや何のためにドリンクバーを頼んでいるか?分からないですね。やろうと思えば可能かもしれないけど、何か罰ゲームにしか見えません。つまり、元を取ろうと思えば、それだけ罰ゲーム同然の行為になってしまうので、みんな結局元をとろうなんて思わないわけですよ。だから、1人平均、3、4杯くらいに収まるんじゃないですか?結局、1人あたりが飲む量を減らしてくれれば、それは結局お店としても好都合になるわけですけどね。ドリンクバーはファミレスだけじゃなくて、カラオケとか、ネットカフェとか、本当にいろいろなところに見られます。何杯飲んだら元が取れるのか?とか以前に、基本的にこれらはお店が赤字にならないように作られているのです。そして、現実的にお店の経営を脅かすような客は出てきません。仮に出てきても、そこはストップをかけられますからね。

 

いくら飲み放題といっても、お店の匙加減で限度を越えた飲み方をしている人を制止したりできるので、現実的にお店を赤字に追い込むことはできません。スーパーの試食コーナーは、無料で自由に食べて良いといっても、自分1人でそこにある料理を全部食べたら、恐らく今後出禁を食らうのではないですか?そんなもんですよ。ある意味性前節に懸けているところもあるのかもしれませんが、仮にそうじゃない人が現れても問題ないということです。私みたいにドリンクバーを頼んでも、なんやかんやで1杯か2杯くらいしか飲まないで帰ってしまう客って意外といると思うのですが、そういう客は完全に金銭的には損をしている状態です。お店としては、こういう客こそありがたい感じなのかもしれない。サラダバーとかもそうかもね。サラダ食べ放題というけど、何度も何度もお変わりに行く人はあまり見ない気がします。だいたい食前に1回取りに行っておしまいって人も多い気がします。一見特に見えるサービスも、実は得している人なんかほとんどいないんじゃないか?と思いますし、お客さんのそういった側面を読んで、ファミレスとかはドリンクバーやサラダバーをやっているんじゃないか?とも思えてきます。

 

 

サンドウィッチマンのエンタねた Vol.1 エンタの神様ベストセレクション [DVD]

サンドウィッチマンのエンタねた Vol.1 エンタの神様ベストセレクション [DVD]

 

 

あわせて読みたい記事