就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

飲み二ケーションは不要でくだらない、迷惑なアルハラ同然の言葉

【スポンサードリンク】

「飲み二ケーション」とか、誰が作ったのか?分からないが、個人的にはとてもくだらないと思う言葉がある。普通にパワハラの域だと思うのだが、最近の若手社員は飲み会を開いても、誘っても、来たがらないということを嘆いている人もいるのだが、来てくれないのならば、せめてお前ら原因を考えて、改善しろ!と思う。まず、飲み会に固執しすぎるのが謎なんです。飲み会が好きな人は良いが、飲み会が嫌いな人もいる。当然。嫌いなものにはいかない。社員同士の親睦が大事だと力説する人もいる。確かに親睦が大事なのは100歩譲って良いとしても、そもそも飲み会が嫌いな社員にがいるのに、飲み会に来ないとはけしからん!とか言っている時点で、親睦を図る意思なんかないだろう。来て欲しいなら、少しは譲歩すべきだ。譲歩したくないないなら、来ない連中は放置して不満を口にすべきではない。親睦を図るなんて詭弁にしか思えない。親睦を図るのが目的ならば、せめてその方法は何が良いか?社内でアンケートくらいはとるべきだ。

 

「会社の飲み会に参加しないから」という理由で降格! 仕事と関係ないのに釈然としません | キャリコネニュース」では、会社の飲み会に参加しなかっただけで、降格処分を受けた人の不満が載っています。この記事の中に京セラの創業者の言葉が引用されている。

 

「酒が入ると本音が出る。酒が潤滑油になって人間性が出るのです。本当の意味で、人間対人間の会話になってくる。だから、昼間に話すのとは納得感が全然違う」

 

これに対する記事を書いた筆者の意見が以下です。

 

だったら昼間から酒飲んで、ホンネで会議すればいいんじゃないですか……。これが有名な上場企業経営者の発言とは思えず、呆れてしまいます。もちろん「そんな会社っていまだにあるんですね」と憤る回答者もいます。

 

酒が出ると本音が出る。潤滑油になって人間性が出るというのは、そうなのかもしれない。全員が絶対にそういうわけではないと思うけど。納得感が全然違うというのであれば、筆者の言う通り、会議とかでも酒飲んでやった方が、空気を読まずに良い意見が、会社のための素の意見が出るかもしれないですね。でも、そんなことはやらないんですよね。仮に飲み会では人間性が出て、本音が出て、納得感が違うのがあるとしても、それを強要するからパワハラと言われるのでしょう。そういう主張というか、主義を持っているのは構わないが、それを強要するからこそ問題になる。強要し過ぎて実際に問題になったのがブラック企業であり、あの居酒屋チェーン店の経営者でしょう。せめて業務命令の範囲内で強要してくる分には構わないかもしれないが、穿った主義、主張を強要したら、自殺者が出たり、経営が傾いたり、閉店に追い込まれたりする。消費者や従業員の信頼を得られなくなるというのが、たまにある結末なのでしょうか。親睦を図るというのは、一応業務命令の範囲内で正当化できるとしても、それが飲み会でないといけない必要性はないでしょう。

 

飲み会が向いている人もいれば、そうじゃない人もいるわけ。楽しく本音で会話できる人たちもいれば、酒を飲んでもそういう気分になれなかったり、そもそも酒が飲めなかったりする人もいる。それで上手くいった例があるのかもしれないが、その成功例は常に通用するわけじゃないだろう。親睦を図るにしても、それぞれの社員に対して適切なやり方があるはずであり、飲み会オンリーに固執する必要はない。適材適所によって、任せる仕事や部署が違うのだから、親睦に関しても同様に対応すべきじゃないのでしょうか?

 

「失礼ながら、貴社のような会社があるから、ハラスメントや介護離職がなくならないのだと思います」(shiri2_kakeraさん)

 

>この回答者は「飲ミニケーション」を説く人たちがよほど嫌いなようで、相談者さんの会社を「ブラックの定義に入らない真のブラック企業」とも言っています。人が生きる時間をすべて囲い込もうとする会社は、そのように批判される時代になったのかもしれませんね。

 

ブラック企業と言われている企業に、ある種共通していると思うのが、私が先ほど指摘した特定の主義、主張を従業員全員に強要する姿勢な気がする。単に労働時間が長いとかだけではブラック企業にはならない。一応、法律の範囲内であれば、長い労働時間を課してもそれを非難することは難しい。ただ、サービス残業を正当化する(他もやっているんだから、うちもやらないと生き残れないといった言い訳をする)とか、サービス残業はやって当たり前みたいな主義、主張を確実に強要している企業はあるはずで、そういうところはブラック企業と呼ばれてもしょうがない気がする。だいたい、そういうところは違法な労働が罷り通っていたりして、法律違反という観点からもブラック企業と罵る正当性が生まれてしまう。飲みにケーションという言葉は酒が嫌い、酒が飲めない、飲み会に行きたくない人からすれば、本当に恐ろしい言葉です。仕事が終わったと思ったらまだ帰れない。本当にプライベートまで囲い込んでくる。そういう会社にぶち当たってしまったら、本当に毎日をどう生きていけば良いのか?私も悩むでしょう。権力を握っている人間っていうのは、どこもかしこもそういう態度なんでしょうけどね。北朝鮮と変わらないレベルだよ。

 

 

 

あわせて読みたい記事