就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

なぜブラック企業が生まれる?日本の不景気は「おもてなし」が原因

【スポンサードリンク】

ブラック企業はどうして生まれるのか?私は企業がブラック化を進める結局の理由は消費者側の意識も原因だと思いますよ。以前、「「おもてなし文化」の行き過ぎがモンスタークレーマーを生む - 就職しないで、ブロガーになった人のBlog」の記事でも書いたのだが、おもてなしの文化っていうのが日本の美徳みたいに思われている面もあるが、それは結局消費者の要望に振り回されている企業側の問題点も生み出していると思う。つまり、日本で行われているおもてなしは、本来のおもてなしではもはやなくなっているということ。全く同じおもてなしをどの企業もやりだせば、もはやおもてなしではなくなるし、それをやらない企業は相対的に選ばれづらくなり、うちもそれをやらないと・・・。となって、おもてなす気分とは裏腹に、生き残るための企業努力として、もはやサービスをしないといけなくなってしまう。消費者が悪いと言うつもりはないものの、消費者の行動こそが、企業におもてなしを強いている面があるということなのです。

 

そして、どうしてブラック企業が生まれるのか?についても、これと同様なわけですよね。おもてなしって言うのは、本来は全くやる義務のない、必要のないサービスなのだが、それをやらないとマズイ状況になっているのは、消費者の行動というのも少しは影響しているとは思いますよ。つまり、サービスをサービスとは思わない人がいるということ。例えば、コンビニで買い物をして、レジをしている店員が「いらっしゃいませ!」とか、「ありがとうございました!」とか、一言も発しなかったらどう思うでしょうか?私みたいな人間は、むしろそれで良いと思っている。完全なるロボットで良いと思っているから、もはや最低限の仕事さえしてくれれば良いと思っている。でも、多くの人は、「何この無愛想な店員は!」とか思うのではないでしょうか?別に挨拶とかしないといけない理由はない。コンビニのレジの店員としてやるべきなのは、商品を袋に入れて、お金を預かり、お釣りとともに商品を渡す。ただ、それだけだと思う。それ以外の挨拶のような対応は、もはやサービスの域だと思う。やっても、やらなくても本来はどっちでも良いはず。本当は袋とかも本当はいらないかもしれないですね。自分でも持って来いよ!と言っても良いのかもしれない(袋にお金をとるお店も一部存在するし)ですよ。

 

しかし、今日ではどこでもやっているのが当たり前です。コンビニだけじゃない。スーパーや100円ショップ、ドラッグストア、ガソリンスタンド、挙げたらキリがないが、客を相手に商売をしているお店、接客の要素が入っているお店は、どこもそういうサービスをやっている。その理由は簡単でしょう。やらないと客が来てくれなくなるかもしれないから。どうして客が来なくなるのか?「当たり前のことをやらないから」といった認識があるからじゃないでしょうか?ただ、接客の際にいらっしゃいませ!とかを言うことが何故当たり前なのか?と言えるのか?どう考えてもやる義務がある行為には思えない。日本人によくあるパターンですよね。他がやっているのに、みんながやっているのに、どうしてもお前はやらないんだ?というような性質が、結局やる必要もないものを仕方なくやらないといけない状態を作っている。そして、お客さんを獲得するために、あるサービスをあるお店が始めたとして、そのサービスをやっているお店だけが1人儲けするような常態があれば、他のお店も客をとられないために同様のサービスをしないといけなくなる。そして、それをやらされるのは正社員やバイトの店員などです。

 

他の国でも同様のケースはあるかもしれないが、結局多くのお店で普及しているサービスは、本来やる義務がある、ないにかかわらず、やって当たり前という認識に消費者側がなってしまう。そして、お店としてはそれを利用してなのか?他のお店がやっていないことをやると、お客さんが集まる可能性があるが、それを他のお店もマネをすれば、そのサービス自体が常態化し、それをしっかりとこなさないといけない従業員に皺寄せが行き、労働量が増えていく。そして、サービスの供給価格についても、ある店があるサービスについて安くすれば、それに付随していかないとお客さんをとられてしまう。または価格競争に乗り出さないところは、よりサービスを充実させて、結局お客さんを獲得しがちになる。こういった仕組みによって、どの企業もサービスを充実させて、労働者の負担が増え、価格が落ちていくから、給料も下がる傾向にあると。消費者の行動とそれを受けての企業側の対応によって、ブラック企業は生まれていくのでしょう。

 

こういう仕組みが成り立ってしまうと、要するにお金を払ってまでやってもらおうと思える範囲が物凄く狭くなる。つまり、本来ならお金を出してやってもらっていたのが、今は向こうからサービスをしてくれたりする。消費者としてもお金を出さないで受けられるサービスや貰える物が増えたから、お金をかける量が減ったはずだ。どう考えても今のこういった社会の仕組みを放置していると、景気なんか回復するわけがない。不況はどんどん続くばかりでしょう。企業が、いや企業以外の人間も含めてだが、おもてなしと称して、サービスを供給しすぎるのは、結局回り回って、自分たちの首を絞めている気がするのです。おもてなしの文化に共感している人は、不景気な世の中が続いても良いと言っている状態に等しいかもしれない。過剰なサービス要求に等しいおもてなしは、日本経済にとっては、消滅した方が良いんじゃないか?と思う。消滅は極端だとしても、もっと消極的になった方が良いというか、サービスして欲しいなら、金を払え!と。チップみたいな文化が浸透したほうがむしろ良いのかもしれない。そういう店員の態度に反発するような人は、自分から日本経済が停滞するのを加速させているのかもしれない。景気が回復してほしいならば、今まで店員とかが無料でやってきてくれたことを全部放棄するくらいの度量がないと厳しいのでしょう。ブラック企業の増加と日本経済の停滞、そしておもてなしに代表されるようなサービスの増加はとても相関関係がある気がします。

 

 

あわせて読みたい記事