就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

就活で女性が有利、内定取りやすい理由は可愛い子が受かりやすいから

【スポンサードリンク】

就職活動では、どうしても男性よりも女性の方が内定とりやすいという言説があります。これはデータとしてもそうなっているのかもしれません。以前は真逆だったのかもしれませんが、世の中も変わってきたんですね。就職活動において、女子学生の方が保東に有利なのか?というのはそうなのかな?という話ですが、その理由はそもそも何なんでしょうか?よく言われているのは、女子学生の方が優秀度合いが大きいから。というものですが、非常に曖昧で理由になりませんね。優秀か?どうかの指標はないじゃないですか。面接官とかの匙加減でしょう。何故、優秀なのか?優秀さの定義は何か?そこが明確じゃないので、これは理由にならない。やはり面接をする人間に事情があるだろうと思いますよ。「」の記事でも同じようなことを書いたのだが、実は公務員試験も就職活動も共通していることがあって、人事が、面接官がたいてい男だということです。女性の人事もいるのですが、相対的に男性の方が多いはずです。女性は一般職に入ることも多く、人事を担当する機会は男性よりも少ないでしょうから。

 

そして、人事は書類選考や面接において就活生をチェックしますが、チェックする人間が男だと、男に対してのルックスの感動がないわけです。ルックスの感動って何か?っていうと、ルックスだけを見て、お近づきになりたいなーという気持ちです。だって、男性がジャニーズの方々を見て感動しますか?ジャニオタとかでない限り、格好良いなとは思うけど、むしろ嫉妬の方が大きかったりするのではないですか?逆に女性の方は、可愛いとか、綺麗とか思えると、この人と一緒に仕事したいわ!とか、そういう若干邪な気持ちが出てくるのではないか?と思うのです。つまり、端的にいうと、ルックスに対する感動の度合いが性別で違うわけです。ルックスは当然合否に大きな影響を与えるはずです。そして、格好いい男性と可愛い女性がいて、他の部分が拮抗しているとします。違うのはほとんど性別だけとなれば、女性の方を選ぶ人事が多いのではないですか?あくまでも推測ですけど。男性の人事は女性の方を優遇したくなるというか、見た目を基準にしたときに、見た目を理由に合否を決めるときのハードルが低いと思うのです。

 

男性の場合は、どれだけ見た目が良くても、見た目が悪いよりはマシだが、見た目が良いことが採用に直結はしないと思うのです。女性の場合はそれがありうるし、そのハードルもそんなに高くない気がする。つまり、見た目でアドバンテージを持っている男性と女性がいたとして、男性はそのアドバンテージが合否には関係ないので、男性同士の争いになったときには有利だが、男女総合で考えた場合には、女性に対するアドバンテージとしては機能しないのです。女性の見た目の良さは、女性同士の中でも機能するが、男性と争うときにも機能する。これが私が考える就職活動で女子学生が男子学生よりも内定をとりやすいといわれている理由でしょうか。だから、女性の人事が多数派になったとしたら、状況は逆転するかもしれません。可愛い女性と格好良い男性がいて、あなたが男性の場合どっちと友達になりたいですか?女性恐怖症とかでなければ、かわいい女性の方を選ぶ人が多いのでは?と思うんですよね。現実的には、それぞれタイプがあるので、かわいいからといって必ず選ばれるとは限りませんけど。

 

現状、採用を担当しているのが男性の人事が多数派だろうから、女子が多く選ばれやすくなっているんじゃないかな?性別が一切分からないように選考を進めていったら、結果は変わるかもしれませんね。今後、女性が人事を多くやるということはイマイチ考えづらいので、状況が変わるとはあまり思えないが、女性が優秀だから採用されているわけではないと思う。というか、そもそも優秀なのに多くが一般職に限っているのは何故なのか?ということもある。そして、入社後に出世しやすいのも、給料が上がりやすいも男性のほうだ。こういう現状がありながら女性の方が優秀だというのは腑に落ちない。もちろん、そういった事情に中には性別による差別的取り扱いがないとは言えないが。ただ、それを言うならば採用の段階でも起きていても不思議ではない。採用の段階では女性が有利、入社後は男性が有利というのが、今の日本社会の雇用の現状ではないでしょうか?

 

見た目が劣っているとか、コミュニケーション能力がないとか、バイトもサークルもやってないとか、面接やエントリーシートのネタがないんだけど?といった、非常にお困りの就活生もいると思いますが、そういった方にオススメしたいのが以下の本ですね。タイトルから斬新ですね「凡人内定戦略」ですからね。こちらは、一般的な就活本とは違い、スペックが並以下の人たちに焦点を合わせて書かれたもので、既に挙げたようないわゆる非リアと表現して良いのが分からないが、大学生活を通して就職活動で内定が取れる気がしない。実際うまくいっていない人たちに向けて、内定獲得のための方法論を示した本になります。一般的な就活本はスペックが高い人向けで自分には役に立たないと思っている方、面接で話すネタ、エントリーシートに書く話題が見つからない方、内定がこのままじゃまず取れないだろうなと自信喪失に陥っている方は、特に参考になる部分が多いかもしれません。そういう方だけに特化した本は今までなかったので。Amazonの評価も結構高いので、役に立ったという方も多いみたいですから、良かったら参考にしてみてください。

 

 

凡人内定戦略

凡人内定戦略

 

 

あわせて読みたい記事