就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

飢餓や病気も蔓延、労働の担い手の発展途上国の子供は不幸か?

【スポンサードリンク】

少子化対策として、ちきりんさんは「日本が貧乏になれば良い」といったことを掲げています。それはアフリカなどの貧しい国の方が、出生率が高いから、子供がたくさん生まれているから。といった理由があるようです。だから、よく言われているような経済的な理由などではなく、日本が豊か過ぎるから、子供が生まれないということだ。といのが、ちきりんさんの主張みたいで、「少子化対策 貧乏になればいいのでは? - Chikirinの日記」のエントリーにも書かれています。私はこの意見はあまり妥当とは思えない。というのも、私はアフリカの発展途上国などの例は結果論としてはそうなっているかもしれないけど、日本が貧乏になったところで、子供が生まれるとは思えない。それはアフリカの日本の差は何か?っていうと、これも私の推論の域を出ないが、親自身の倫理観や価値観、考え方の差じゃないか?と思います。言ってしまえば、発展途上国の人たちの倫理観はちょっと薄いのではないのか?と思う。それは何か?っていうと、子供を道具として考えていると思える点です。

 

発展途上国がどうして出生率が高いのか?というと、子供を産んで、彼らに働いてもらわないといけないから。これが理由としては特に大きいと言われていますね。他にも避妊に対する知識や道具の不足なども言われてはいるが、大きな理由としては、結局は働き手の確保だと思う。発展途上国の社会の中では、少なくとも子供を産んで、その子供を国の発展のための働き手として使って構わないという風潮が蔓延している。当の子ども自身はそれをどう思っているのか?はワカラナイが、少なくとも日本人の感覚からすると、それが正しい光景とはあまり思えないかもしれない。日本にも少子化を改善させる動きがある以上、子供を社会のために利用しようとする動きがないわけではない。ただ、国は利用しようと考えていても、国民がそれに乗っからない部分もある。発展途上国では、国も国民も子供を社会のための働き手として扱って構わないという風潮が蔓延しているため、子供がぎょうさん生まれているわけだ。また、医療技術とかがやはり乏しいので、生まれた子供が絶対に無事に成長できるわけではない。だからこそ、働き手になるような子供を増やすには、子供をたくさん産んで、無事に成長してくれる子供が生まれる確率を増やすしかない。だから、ただ子供を産むだけじゃなくて、たくさん生むという光景になっているのです。

 

日本もかつてそんな感じだった。高度経済成長の流れに乗って、子供がたくさん生まれていたが、あれも発展途上国が子供をたくさん産んでいる状況と変わらないでしょう。でも、もう日本は貧乏じゃない。先進国になってしまった。街の中を見渡しても、インフラはちゃんと整っているし、非常に便利だ。むしろ、人間があえて働かないといけない余地は少なくなってきている。つまり、かつての日本や今の発展途上国がやっていたようなベビーブームが訪れないといけない理由がない。ちきりんさんの言う貧乏っていうのが、具体的にどのレベルのことを指しているのか?分からないが、今の日本人は発展途上国が持っていない倫理観を一部持ち合わせてしまっている。それは「子供が可哀想」というものです。ちきりんさんは「経済的な理由」で少子化になっている現状を一蹴している。それは経済的に貧しかった日本や発展途上国が子供をたくさん産んでいるからでしょう。そういうデータを見ると、一見正しいようにも見えるが、経済的に貧しかった時代の日本や今の発展途上国が子供をたくさん産んできた理由は、「子供が可哀想」という意識が欠けていたからだと思う。

 

2015年現在叫ばれている「経済的な理由」で子供を産まない家庭が増えているというのは、言い換えれば「経済的に恵まれていない家庭で生まれた子供が可哀想だ」という意識なのではないか?と思う。だからこそ、経済的な問題を抱えている家庭は子供産まないのです。つまり、この場合の経済的な理由というのは、経済的に育てる余裕がないという親目線の理由ではなく、経済的に余裕がない家庭で育てられる子供が可哀想だという子供目線の理由ではないか?と思う。以前、なんかの記事で紹介した記憶があるのだが、今の若者が子供を欲しがらない理由として、堂々3位にランクインしたのが「この時代に生まれる子供が可哀想だから」というものだったと思います。以前じゃありえなかった理由がこうやって上位にランクインしている。そういう状況を見ると、日本の高度経済成長期と今の親の気持ちの何が違うか?って言うと、子供に対する倫理観、価値観、考え方の違い。という言葉が1番しっくりくる。つまり、社会の発展のために子供を利用しても構わないという倫理観と社会のために子供が利用されるなんて可哀想という倫理観の差だということになります。現状の日本では子供が生まれない機能しない制度や仕組みがたくさんあるので、国にとってみれば、日本がいくら厳しい国でも子供が生まれてくれないと困る理由は存在するが、そういう誘因に乗っからない親世代が増えたということでしょうか。日本社会でこういう倫理観が蔓延し始めたのならば、日本が仮にいくら貧乏になっても、高度経済成長期のような状況が生まれたとしても、今の日本では少子化は改善しづらいのではないか?と思う。貧乏ならば社会を発展に導くための子供をたくさん生むのか?子供が貧乏な国に生まれたら可哀想なので、滅亡への道を歩むのか?どちらが良いのでしょうかね?

 

実際、発展途上国で生まれた子供が可哀想なのか?というのは、何とも言いがたい。それは正直言って、子供が決めるべき問題だから。ただ、子供が決めるべき問題だとなると、子供が「何でこんな貧しい国なのに自分を産んだの?何で僕は(私は)子供なのに働かないといけないの?何でこんなに辛い労働をして苦しまないといけないの?」と親が聞かれたら、親は何て答えるんだろうか?という疑問も残る。でも、生まれてしまった子供は元に戻せない以上、明らかに恵まれていないような環境で、食べ物にも困り、飢餓が蔓延している国も実際にあるし、死亡率も高い。そういう状況で、今後ずっと生きていかないといけない子供のことを考えて、子供を産まない選択をする今の日本人の考えは私はかなり理解できる。日本はそこまで酷い環境ではないが。実際、発展途上国が子供を社会発展のための担い手として考え、働き手を増やすために産んでいるという状況は間違いなく存在すると思うが、そういう倫理観に関しては、今の日本を生きるわたしから言えば、些か理解に苦しむ状況なのも事実なのです。それは例えば、年金制度を維持するために少子化を改善しようとし、子供を産ませようとする今の日本にも言えることだが。正直、子供を働き手や社会の担い手として考えているのは、世界共通の政府のあり方なのかもしれないが、はっきり言って世界中のどの国にも、生まれた子供が生涯安心して暮らせるところは、今のところない気がする。ここが問題なのです。社会保障が相当充実して、ベーシックインカムが整った国が現れれば多少はそれに近づくかもしれないが、そういう国が今後どれだけ出てくるでしょうか?子供が安心して暮らせる国にこの苦にもなってもらいたいですよ。

 

 

はしごを外せ―蹴落とされる発展途上国

はしごを外せ―蹴落とされる発展途上国

 

 

あわせて読みたい記事