就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

芸能人の不倫をネットで糾弾する人間やマスコミは犯罪者として説得力がない

【スポンサードリンク】

芸能人が不倫をすると、だいたいニュースで取り上げられ、2人に非難がいき、仕事上において不利になり、2人は追い詰められていくといったことがよくあります。今回のベッキーさんと川谷絵音さんのケース、それ以外の過去のケースの同様の経緯を辿っていると、何故か、毎回謝罪を会見をするような感じだが、一体誰に謝っているんだろう?という気分が拭えない。お迷惑をおかけした。とか言うけど、別に迷惑をかけられた覚えないし、公の場で謝られる意味が分からない。そうでもしないと、今後の仕事とかに益々影響が出かねないから仕方なく謝罪している。という側面はあるかもしれないが。芸能人の不倫の話題が出ると、だいたい不倫の是非の話題にばかりいきがちだが、そもそも私がまず疑問なのは、今回のケースを含めて、芸能人などの不倫を悪いとネット上に書いている人たちは、人をことを言える筋合いはないだろうと思う。そして、それを報道しているマスコミも同様です。特定の人物の不倫を公の場に書き込んだり、報道したりすれば、基本的には名誉毀損罪が成立する。

 

親告罪であるから、本人が訴えない限りは実際に犯罪が成立して処罰されることはないものの、仮に不倫を指摘された当人が訴えれば、かなりの確率で有罪になるでしょう。不倫の報道は公益性が認められるとはいいがたいので、マスコミが新聞、週刊誌、ネット上の記事で2人の不倫を報道すること自体が名誉毀損罪として成立要件を満たしていると、ある記事で弁護士が解説していた気がするが。そして、それを受けて、2人の不倫について、せいぜい知人と会話を交わすくらいなら問題ないだろうが、その事実を大衆の面前で指摘している人たち、例えばネットに書き込んでいる人たちも同罪だ。つまり、本人らが訴えないだけで名誉毀損罪に該当する行為をしていると評価されてもしょうがない。これらの行為は、完全に多くの一般人が平気でやっていることであり、これをやっている人間が、他人の不倫を叩けるのが不思議でしょうがない。不倫は問題ないが、親告罪の類の犯罪は問題ないと言うんだろうか?じゃあ、痴漢や強姦も親告罪だから、本人が訴えない限りOKとでも言いたいのだろうか?

 

もはやマスコミが芸能人のスキャンダルを報道し、それに釣られてネット上で話題性のある事柄について、一般人がブログに書いたり、2ちゃんねるに書き込んだりということが、もはや恒常化しているのは事実だが、だからといってそれが良いわけではない。私もこうやって2人の不倫の事実を示してしまっているので、訴えられれば名誉毀損罪に問われる可能性も十分ある。だからというわけではないかもしれないが、私は2人の不倫について是非を言及するつもりもない。お互い様としか言いようがない。今回の不倫についてある程度擁護する人もいれば、徹底的に叩こうとしている人もいる。公の場で叩こうとした時点で、名誉毀損罪に該当する行為をしてしまっているので、その時点で、この人に他人の不倫を叩けるほどの説得力はなくなってしまっている。他人の犯罪(不倫はあくまでも民法上の不法行為であり、犯罪ではないという見方もあると弁護士が指摘しているが)を叩いた結果、自らが犯罪者になろうとしているわけだ。少なくとも、公に特定の人物名を出して不倫の是非を書き込むような人、公の場に出ることがあらかじめ読めるような相手に(記者とか)対して、特定の人物名を出してコメントで是非を表明してしまうと、結局その人も犯罪者じゃないか。一般的に犯罪という行為は刑法に違反した場合の話であり、民法は私人間のトラブルを解決するための法律なので、不倫は私人同士のトラブルという認識が適切でしょう。名誉毀損罪は言うまでもなく、刑法に違反する犯罪行為です。

 

どうしてマスコミ、個人による不倫をした芸能人攻撃が恒常化しているか?というと、名誉毀損罪の成立要件を知らないか?どうせ訴えてこないとたかをくくっているか?のどちらかでしょう。後者に関してはほぼ全員に当てはまるといって良いと思う。信号無視と同じで、どうせバレないし、自分が訴えられる可能性なんてまずないだろうと思っている。その訴えられる可能性がほぼないだろうという認識は決して間違っているとは言えない。実際、こういうケースで不倫を指摘された芸能人がマスコミを訴えることはたまにあっても、個人を訴えることはありえない。キリがないからだ。不倫について指摘している人間なんていくらでもいる。実際、彼らがこうやって個人を訴えていけば、そういう名誉毀損行為をする人間が減るかもしれないけど、それはしないだろう。現実的には火に油を注ぐだけであり、どう考えても仕事にさらなる影響が出かねない。益々理不尽に評判を落とすだけだから。

 

さらに付け加えると、出回っているLINEのやりとりの画像自体が捏造じゃないか?という噂すらある。真実は分からないが、ああいった画像を作ること自体はやろうと思えば可能なんだそうだ。だから、そもそも本来流出するはずのない画像が出ている時点で、すげー怪しいと思うのだが、本当にあれは本物なのか?偽物なのか?推測の域を出ない。どちらにしても証拠がないからだ。ただ、ある意味簡単に捏造をしようと思えばできるものを証拠にして、不倫だと報道しているマスコミ自体がそもそもの諸悪の根源だとは思いますけどね。証拠になってないじゃん!痴漢冤罪と変わらないじゃないか!手に洋服の繊維がついてました!とか言っても、故意に触ってついたのか?不可抗力で触ってついたのか?どっちか?を証明する証拠なんかありえないからね。マスコミがやっているのはそういうことだよね。できれば、お2人には是非マスコミ各社を訴えてほしいのだが、そんなことをできる勇気はないだろう。本当に2人が可哀想に思えてくる。

 

 

名誉毀損―表現の自由をめぐる攻防 (岩波新書)

名誉毀損―表現の自由をめぐる攻防 (岩波新書)

 

 

あわせて読みたい記事