就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

エントリーシートの通過率が悪い、落ちる人の原因は言葉遣いのミスかも

【スポンサードリンク】

エントリーシートや履歴書が通過しない原因に実はなってしまっているミスのうち、誰もがやってしまっている可能性のあるものが結構存在すると思うんです。私も以前やってしまっていたから、是非ここで紹介しておきたいのですが、例えばですけど、「なので」の使い方に気をつけてもらいたいです。履歴書やエントリーシートなどで、文章を書くときがあると思いますけど、「なので」という接続詞はないのです。無意識に使っている人いるんじゃないですか?「~なので」は正しいんですよ。でも、「なので」と独立した接続詞はありません。「したがって」とか、「すなわち」とかに代用しないといけないわけです。「サークルで部長をやっていました。なので、・・・」みたいなのはNGということですね。「サークルで部長をやっていたので、・・・」はまだ文法的にはおかしくない。しかし、またここでも問題があって、私はあまりそうは思わないのだが、「~なので」という言い方は話し言葉なので、履歴書やエントリーシートでは使わない方が良いと指摘している人もいます。わたしもへー。って感じですけど。

 

話し言葉か?否か?よりも、~なので・・・と書くよりも、~です。したがって・・・と書いた方が私はスマートな印象を受けるのです。これは私の印象ですけどね。実際、~なのでを履歴書やエントリーシートで使うと、減点されたり、評価が下がるのか?は分からないのですが、そういう注意があるということでしょう。あと、個人的にこれも細かいなと感じているのは「御社」と貴社」の違いです。私は就職活動をしていた頃には、基本的にずーっと御社で通していました。2通りの言い方があるのは知っていましたが、御社のしっくりきていたからです。でも、後で気づいたんですけど、もっと明確な使い分けがあったんですね。これも理由は同じです。これが本当に正しいのか?分かりませんが、履歴書やエントリーシートでは「貴社」で、面接など口で話すときには「御社」と使うらしいのです。誰が決めたんだ?って話ですけどね。ややこしいから、貴社と御社どっちかで良いんじゃないか?とでも思えてくるのですが、日本語は本当に細かいです。だから、基本的にどっちかに統一するっていうのは間違っていたということです。使い分けないといけないということです。

 

就職活動では、面接、履歴書やエントリーシートにおいて、こういう細かい言葉の使い方1つで点数が変わって、合否も変わる可能性があるので注意してほしいということです。特に無意識にやってしまっているようなことなので、間違いを間違いとして認識できていない可能性があります。つまり、こういったところでミスをしていると、それが原因で落ち続けていた場合、その原因に全く気付けません。自分では気付けないので、誰かに指摘をしてもらうというのが、良いということになりますが、その人も気付けるか?どうかは分かりません。だから、ある程度詳しい人に見てもらわないと、実は間違って使っていた表現などが間違いだと気付けないようなケースもあるでしょう。それはかなりもったいないので、是非気をつけてほしいです。というか、ここで挙げたのもあくまでも一例なので、他にも実は知らないうちにやってしまいがちな就活生のミスというのは、いくらでもあると思います。

 

こういったミスっていうのは、内容の良し悪し以前に、確実に正解として存在しているものです。内容が面白いとか、面白くないとか、それは読んだ人によって感じ方が違うので、それは落ちる原因とも言いがたいものかもしれませんが、文章の書き方、言葉の使い方の時点での間違いというのは、絶対的に正解が存在するので、先ほども言いましたが、ここで間違いを連発していると、それはどの企業にとっても共通する落ちる原因になります。だから、面接に落ちる人やエントリーシートが通過しない人の特徴として、こういう部分があるのではないか?と思うのです。面接はともかく、エントリーシートがなかなか通らない、落ちる原因を探ろうとした場合には、だいたい内容面ばかりに原因を求める人もいますが、内容が誰にとってもつまらないようなものになっている可能性もあるかもしれませんが、それ以前に文章の書き方、言葉の使い方が正しくできているか?という基本的な部分が、エントリーシートが通らない原因になってしまっている人もいるかもしれません。それだともったいないですし、それはすぐにでも直せますから、エントリーシートがなかなか通過しないで悩んでいる方、落ちるばかりで原因を探している方は、そこを1度疑ってみてほしいと思うのです。本当に典型的なエントリーシートの落ちる人の特徴が出ているものも中にはあるんじゃないか?と思いますから。本当に基本的な部分ができていて、初めて内容の吟味に入りましょう。

 

 就職活動において、エントリーシートが通らないと、次に進めないのでその原因を掴むことは本当に大切ですけど、そのときには結局はエントリーシートのどこを企業は見ているのか?どこを見て評価するか?どうかを決めているのか?その基準が分かれば1番良いということになると思います。エントリーシートって、項目とかがいっぱいあって、見るべきポイントがたくさんありそうな気もしますけど、その中で人事担当者がチェックしているポイント、評価基準を知ることができれば、それを逆手にとって、評価されるエントリーシートが書けるわけです。そして、通過率も上がるでしょう。個人的にオススメしたいのが以下の本で、これはすでに述べたような人事がどういうところを見て評価しているのか?どういうエントリーシートを書けば通過しやすいのか?など企業の採用担当に携わっていた著者が、企業が実際に採用活動で使っている手口を暴露している本です。エントリーシートだけじゃなくて、面接、OB訪問、適性検査、学歴フィルターなど、就活生が気になる就職活動における疑問点に答えてくれる、そして、内定を掴むために何が必要なのか?どういう学生を企業は欲しがっているのか?が分かりやすい本になっていると思います。Amazonの評価を見るとかなり高くなっているので、読んだ人もかなり参考になっているのかな?と思います。良かったら1度読んでみてください。

 

 

あわせて読みたい記事