就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

中卒は就職は無理?採用されない?偏見や差別の中で生き方を模索する人たち

【スポンサードリンク】

中卒の人とか、高卒の人が普通にいます。特に中卒の人は偏見を受けやすいです。また、中卒の人は就職が無理ではないが、厳しいと言われていたりもします。中卒は頭が悪いとか、仕事ができないと偏見を持ち、採用しない企業も多くあるでしょう。そういった中卒の人はどういう生き方をすれば良いのでしょうか?高卒の人はそうじゃないかもしれないけど、中卒の人は仕事を探すのに、いろいろと苦労しているらしい。確かに大卒や高卒と比べると、雇用されて働く際にはなかなか難しい面もあるのでしょう。大卒や高卒の人と比べて、中卒の人がそういう扱いを受けるのは差別的ではないのか?という見方もある。実際、差別をしていることは間違いないと思うが、その差別が許容しうる差別なのか?が別にある。許容しうるというのも、結局は世間が許すか?どうかの問題であって、かなり曖昧な基準ではあるけど。大卒しか受け付けていないような会社も普通にあるし、短大や高卒も受け付けている会社も中にはある。でも、中卒の人を受け付けている会社は、数がかなり少なくなる。それは学歴フィルターみたいな感じで、学歴と仕事の出来具合に相関関係があると睨んでいる会社が多いというのもあるかもしれません。

 

実際、企業が過去の採用を振り返ってみると、大卒者の中でも有名大学出身者の方が、仕事ができる人が多かったというのはあるらしい。そういう相関関係を見出している企業は、学歴フィルターをやるわけだ。でも、学歴フィルターをやっていない企業もある。そういうところはそこまで学歴が重要ではないという判断なのでしょう。実際、中卒の人と大卒の人を働かせてみて、どっちがより仕事ができるか?という部分を見た場合の結果も欲しいところだ。学歴フィルターの有名大学、無名大学による選別も、結果論な気がしてきますけどね。因果関係は見出せないと思うんですよね。つまり、結果的に有名大学学生の方が会社に入って、仕事がよりできたとしても、有名大学出身者の何が良かったのか?有名大学出身者は、無名大学出身者と比べて、何が功を奏して仕事ができたのか?という部分は見つからない気がします。因果関係がなければ、ただの結果論だと。結果論で判断されているならば差別だろうと。でも、差別がいけないのか?というと、そうとも言い切れないと思います。

 

有名大学に入った経緯も、一般入試以外の多様なケースで入ってきているので、有名大学出身者といえども、いろいろな要素を持った人間の集まりだと思いますから、一概に有名大学、無名大学とくくってしまうのもあれな気はしてきます。話は戻すが、大卒者と中卒者で、何が違うか?表面上の学歴以外で、仕事に関係する要素のうち、致命的な違いはあるのか?というと、あまり思いつかないのです。彼らは高校、大学で習うはずの勉強を習っていない。それくらいでしょうかね?高校や大学で習った勉強がどこまで仕事に生きるのか?は正直微妙だ。私はフリーランスとして働いているし、以前はアルバイトもしていたことはあるが、高校や大学の勉強が生きたという経験はほとんどない。こうやってブログを書くときのネタになっている部分はたまにあるけど、一般的なサラリーマンには関係ない話だろうし。強いて言うならば人脈の問題ですかね。いわゆるコネが大切だという話になるけど、社会人になって働くとコネが有効に作用することもある。コネを持っているだけで仕事が有利に運ぶことが多々あると思う。

 

そのコネを持っている可能性が大卒者の方が多くなる。会社で働くうえで学歴がコネとして機能するとすれば、大学しかほぼないのです。だから、同じ大学出身とかでそれが何かしらのコネにつながっている可能性もなくはないので、それがある大卒者とない中卒者でちょっと差ができると言えるかもしれません。ただ、これは学歴に限ったコネなので、別のところでコネができないこともないから、=大卒者の方がコネにおいて有利とも言いがたいかもしれないが。あと、どうも中卒の人は仕事が見つからないというときに、サボっていたみたいな印象をどう受けるらしいのです。サボっていたっていうのはよく分からないけど、そもそも高校や大学に進学した人だって、別に勉強したくて進学した人なんてなかなかいないと思うけどね。結局、周りが進学しているからとか、モラトリアムが欲しいからとか、中卒じゃお先真っ暗だからとりあえず行っとけみたいな、動機からいえばサボり同然と見られても仕方ないような進学の理由の人は多いと思うけどね。実際、大学生の中には、相当怠惰な生活を送っている学生も多くいると思いますから。だいたい、中卒を怠惰とか、サボっていたとか批判している人は、たいがい中卒の人間じゃないだろうから、そもそも彼らがどんな生活をしていたか?なんて普通は知りようがないはず。つまり、その人の感想や想像だろうということになる。

 

中卒は就職に関して門前払い、採用しないという企業は非常に多いが、ホリエモンはFランの大学生よりは中卒の人の方がポテンシャルがあるとしていますね。実際、中卒の人がポテンシャルが高いか?どうかはこれもわからないが、中卒の人が大卒の人と比べて、仕事ができないと決め付けるのは、いささか差別的であるのはその通りな気はする。相関関係が見出せても因果関係が見出せなければ、そこに直接的な原因はないのだから、結果論だろうと言われてしまう。企業が学歴フィルターを利用する理由も、因果関係ではなく相関関係らしいからね。そういう意味でいうと、学歴フィルターも大学名による差別ということが言えるのかもしれない。ただ、企業には採用の自由があるから、別に中卒の人を就職で差別したり、採用しないという主義でいても違法になることはない。でも、おかしな話ですよね。日本では生活を成り立たせるためにはお金が必要で、お金を得るためには働かないといけない。そして、働くためには採用されなければいけない。国は1度採用された人間に対してはできるだけ生活を安定させようと、解雇規制を法制化しているから、1度採用された人間は、生活の安定化を多少は図りやすいと言えるものの、採用される前の人間に関してはそういった配慮はほとんどない。せいぜい男女による差別が行われないようにするための法整備のみ(これもほとんど機能していないと思うが)で、学歴差別に関連する求職者の生活安定のための法整備はほとんどないでしょう。

 

中卒者が多くの企業から相手にされない、仕事がない現状を受けて、国が何もしなければ、彼ら中卒の人たちはずっと採用されない、仕事が見つからない。それは極端かもしれないけど、大卒ですら苦しい現状を見ると、そういう事態があっても不思議ではない。私はそもそも国民の生活の安定を企業に一任しても実現しないと思っています。現に中卒という学歴によって仕事がない、雇用されるのが非常に厳しい人たちがいるわけだ。そして、理屈から考えても不自然だと何度も言っている。企業も国民の側であって、何で他人の生活を保障せねばならんのだ?だから、国民の生活を安定させるには、結局は国が一律に何人に対しても保護をしてやるべきだ。という結論になるわけだ。現実的に企業が国民の全員の生活保障するって、できるわけがないだろう。そして、そこから漏れた人は生活保護に行き着くかもしれないが、そこでもまた漏れる人がいるわけだ。雇用と社会保障の2つのセーフティネットがどちらもザルなんだから、現実的には別の方法で国民全員が安心して暮らせる社会のあり方を目指していくべきだと思いますけどね。そうやって社会から排除されるマイノリティが増えるから、中卒の人の生き方を想像できる人間が政府の中にも乏しいから、日本って生き辛い国なんだね。ということになるのでしょう。そうやって排除される人間が犯罪などによって社会に復習を果たすようになる前にいい加減に気付いてほしいと思いますがね。

 

 

中卒、借金300万でも年収1億円

中卒、借金300万でも年収1億円

 

 

あわせて読みたい記事