就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

銀行への就職は大学名、学部名、コネは関係ある?簿記の資格は有利になる?

【スポンサードリンク】

銀行に就職したいと考えている方も多いのではないでしょうか?銀行は憧れの業界であり、大手ともなれば安定していて、給料も高く、社会的な信用も厚いみたいな雰囲気もありますが、実際はそういうイメージとはかけ離れている場合もある。というか、上記の特徴はあるものの、それ以上に仕事がきつい。だから、そんなメリットなんかどうでも良いくらいに思えて、銀行員は辞めたいと思ってしまう人も多く、離職率も大変高い業界なのです。そのことを知ったうえで銀行を、特に大手のメガバンクを目指す方は就職活動をしていってください。さて、銀行に就職するためには、大学名や学部名は重要なのでしょうか?相対的に銀行は経済学部、経営学部、商学部、法学部が多い印象を受けますが、これは結果論というか、そもそも銀行を受けている人数の比がこれらの学部が特に多いだけだと思うんですよね。そりゃ文学部とか、理系の学部とか、情報系の学部の人は相対的に銀行はあまり受けないでしょう。

 

だから、そもそも受験者数が全く違うので、結果的にこれらの学部の内定者が多いからといって、このあたりの学部出身者が有利とは言えないと思います。また、大学名に関しても、銀行の場合には学歴フィルターが関係してくる場合もあるので、無関係ではないものの、特に中堅以下の銀行の場合にはそんなに関係ないんじゃないかな?人物本位の選考をやっているところが多いように思います。有名大学の方が良いかもしれませんが、そうじゃない学生が一概に不利になるとは言いがたいのです。大手のメガバンクはちょっと例外かもしれませんけどね。銀行に就職する際の大学名や学歴に関しては、全体で言うならば、そんなに関係ないような気もしないでもないです。そして、気になっている人もいるのかな?コネ採用に関してです。コネ採用はどこまで利くのか?とか、コネ採用は銀行の場合あるのか?については、真実は明るみには出ないでしょうけど、ないと考えるのは不自然ですね。数は少なくても、あると考えるのが自然だと思います。コネ採用といっても、コネによってランクがありますから。

 

ほとんど試験を受けずに採用が決まるような、とても強力なコネもあれば、一部の試験を免除するとか、それくらいの効果しかないコネ、または紹介するとか、話をつけてみるとか、その程度のコネもありますから、どれだけコネが有効か?というのは、銀行の場合にはケースバイケースでしょう。だから、コネを持っている人が本当に強力な人物だった場合には、相当採用の可能性は高いです。でも、そうじゃないと、多少有利にはなるが、自分の力で突破しないといけない部分もあり、そこで落ちるとダメだということになってしまいます。だから、銀行に就職するときのコネはどこまで通用するか?は何とも言えません。就活では銀行に限らず、コネはどこかしらでありますよ。企業にとってもメリットはありますから。だから、コネはあまり当てにしない方が良いと思います、また、コネ採用で内定を貰うと、辞退ができなかったり、入社後辞めづらかったりするので、後々自分の首を苦しめることもあります。そこまで考えてコネを使った方が良いと思います。内定辞退とか、入社後の退職ができないわけではないが、しづらい状況にはあるのです。

 

それは自分がそういう行動をとると、採用にかかわった人が影響を受けるからです。コネ採用で入れたのに、その人が役に立たないどころか、入社すらしてくれない、またはすぐに辞めてしまうとなれば、その人をコネによって入社させた人はいろいろな影響を受けてしまう可能性があるので、それを考えると、内定辞退や退職という行動をとりづらい。とっても法律上は問題ないですけど、その人との関係は終わりでしょうね。そういう覚悟がないとできないという意味では、本当にコネ採用もリスクは高いです。だから、コネが使えるけど、そういうリスクを想定して、あえて使わないで就職活動をしていく人もいます。どっちもリスクがあるので、どちらが正解とは言いませんけど、コネを使うのも良いことばかりではないということです。そして、銀行は簿記などの資格を持っていると、有利なのでしょうか?持っていないよりは持っていた方が良いとは思うものの、合否を左右するほどの効力は発揮しないでしょう。というのも、銀行を受けるのに、簿記の資格が必須になっているところはないでしょうから、別に持っていなくても問題ないという認識なのです。

 

仮に簿記を持っていた方が望ましいとしても、入学前に持っている級が2級程度くらいまでだと、入社後に勉強してとってもらっても。くらいに感じる場合もあると思いますし、3級はもちろんですが、2級でもアピールになるか?というと微妙な気がします。そう簡単にとれない資格だからこそアピールになるので、入社してから勉強すれば十分取れるんじゃないか?というものだと、あまり評価対象にはならない気がするのです。あとは、そもそも銀行と簿記にどれだけ関連性があるか?ですね。実際の業務は入社してみないと分かりませんが、簿記がどこまで銀行の業務に必要か?というと、そこまで必要と呼べる資格ではないのかな?という気はしています。だから、何級あっても持っていないよりはマシであって、持っていても合否にそこまで関係があるかな?と思います。資格取得のタメに頑張って勉強をしたという努力の部分は評価してくれるかもしれませんが、銀行の就職活動において簿記そのものを評価してくれるか?というと、ちょっと難しいのでは?と思います。資格よりもやはり人物本位の方が優先順位としては高いと思うのです。だから、結局は銀行の就職活動では、エントリーシートや面接が重要ということになるでしょう。だから、無理に簿記の資格を取得する必要はないと思います。就職活動において資格はあまり関係ない気がしますね。関係ないこともないけど、重要になるような資格はそうはないのでは?と思えてきます。銀行に限らず、資格よりもやはり人間としての中身重視の企業が多いのではないでしょうか?

 

 就職活動をするときに使っているナビサイトに関して、1つ知っておいてほしいところがあります。それは「キミスカ」です。ここは従来の就活のナビサイトにはないある特徴を有しているのです。それは学生に対して企業が声をかけていくという部分です。普通ならば学生が興味を持った企業を検索して、そこにエントリーをしていくことになると思いますけど、キミスカでは企業が興味を持った学生を検索して、その人に声をかけてスカウトをします。そして、自社を受けてみないか?と誘って、場合によっては一次選考や二次選考をパスして選考に参加できるのです。単純に学生が企業を探して受けるよりも、企業が学生を探して声をかけて、そこを学生が受ける方が内定の確率が高いと言えるでしょう。それは企業が声をかけるのは何らかの興味、関心のある学生のはずですから、声をかけられた学生はその時点でその企業から欲しい人材と思われている可能性があるわけです。そんな風に思われている企業を自分が受ければ、その企業が内定を出す可能性は相対的に高いと言えると思います。そして、スカウトはいろいろな業界、企業から幅広くくるので、当初自分が受けるつもりが全くなかったところからくることもあり、その場合には自分が全く興味がなかった業界や企業が自分の適性を見出してくれているということで、新たな発見にもなりますし、それまでよりも就職活動をしていくうえで視野を広げて、より広範囲の企業や業界を対象として行うことができるでしょう。キミスカにはそういった可能性を広げてくれる、新たな企業との出会いという意味もあるのです。このキミスカは基本的には今使っているナビサイトがあれば、そこと併用をしていくことができます。スカウトがくるまでは特にすることもありませんし、その間には今使っているナビサイトで企業を検索して、エントリーをしていくなどすると良いと思います。そして、企業からスカウトがきたときだけ、返信をしていくなどすれば良いので、通常の就活のナビサイトを使いながら、間でキミスカを利用するとこちらから企業にアタックすることと企業からのアタックを待つことの両方が可能になって、バランスの良い就職活動になると思うのです。キミスカのサイトにはいかにスカウトを獲得するか?のコツも載っているので、そういったものを参考にすると、上手く企業にアピールして、多くのスカウトを獲得できるかもしれません。スカウトは絶対にくるとは言えませんが、使ってそんなに損もないと思いますし、メールアドレスかFacebookアカウントのどちらかがあれば良いみたいなので、宜しければ参考にしてみてください。

 

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

ずるい就活(就職ガイド本の決定版/自己分析/SPI/面接/内定) (就職は、人生逆転のチャンス!)

ずるい就活(就職ガイド本の決定版/自己分析/SPI/面接/内定) (就職は、人生逆転のチャンス!)

 

 

あわせて読みたい記事