就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

学校事務になるには?新卒でも転職でも必要な志望動機の考え方の例

【スポンサードリンク】

公務員の中でも学校事務を受験したいと考えている方も多いのではないでしょうか?学校事務は一般的な市役所職員や教職の公務員とはまた違った位置づけの公務員と言えるかもしれませんが、多くの小学校、中学校、高校などで働くことになります。大学職員という職業もあるので、それに近いかもしれませんけど、この学校事務になるには、志望動機を作るのがまた大変かもしれません。学校事務の面接などを受けるときには確実に志望動機を聞かれる可能性が高いので、そういったときに備えて志望動機を作る必要性があるでしょう。学校の事務を受ける方の志望動機の作り方、考え方としてはどういったものがあるでしょうか?一般的には学校事務の仕事に言及するのが良いとされているでしょうか。それが1番考えやすいということになると思いますが、ここで問題なのは学校事務の仕事ってそもそも何だ?ということです。学校事務を受ける方なら知っているかもしれませんけど、でも漠然としか分からないという方もいるでしょう。

 

1番自然というか、面接官の揚げ足取りすら許さない志望動機というのは、学校事務の仕事から必要な能力を分析し、それに関して自分がそれを持っているため、十分働けるだろうというものです。それ以外の志望動機だと、別に学校事務じゃなくても良いんじゃないの?と思われる可能性もあります。別に学校事務だけに当てはまる志望動機なんて本当は存在しないと思うので、そんなものを求める方がどうかしている気もしていますが、面接官の中にはそういうことをやってくる人がいますから、それへの対策としては、学校事務の仕事内容に言及して、自分が学校事務員に向いている点を強調したものじゃないか?と思います。これも類似の能力を必要としている別の職業でも良いじゃん!と言われたらどうしようもないですけどね。ただ、学校事務をやりたいから志望するという志望動機よりは、自分ができるから志望するという志望動機の方が、公務員という職業に対する志望動機としては、より適切な気はしますね。というのも、自分がこの仕事をやりたい!というのは、自分が中心になっている印象を与えます。

 

一方、自分にはこういう能力があって、学校事務にはその能力が必要で、自分が学校事務として働けば、学校や児童、生徒にとって望ましい環境を作ることができる。だから、学校事務を志望したという考え方の方が、学校やそこで学んでいる子供たちを考えた上での志望動機なので、奉仕する姿勢の公務員としての志望動機としてはまだ良いんじゃないか?という気がします。公立、私立を問わず学校事務の場合には仕事内容はそこまで変わるものではないと思うので、どちらの志望動機もこういった感じで考えていくと良いと思うのです。そのために、冒頭でも示したようにそもそも学校事務の仕事って何?という部分を明らかにする必要があります。学校事務の仕事は上辺だけなら私もなんとなく分かりますけど、細かい部分は何とも分からないです。学校は誰もが通っていた場所ですけど、そこで接する人ってほとんど教職の人間なんですよ。だから、小学校、中学校、高校などで事務をしている人もいるはずですが、彼らと学校内で出会う機会がなかなかないし、そもそも出会ってもその人が事務をやっている人なのか?って、よく分からないと思います。

 

だから、学校事務の仕事って、想像すればああいうことをやっているんだろうなくらいのことは分かっても、それ以上にはなかなか細かいところは分かりません。そうなると、実体験ではどうしようもないので、調べるしかありません。情報自体はたくさんあると思います。インターネット上にはかなり情報があると思います。あまり詳しいものではなくざっくりしたものになるかもしれませんが、それでも結構参考になる情報は多いと思うんですよね。あとは、以下で紹介しているような本を参考にすると良いでしょう。この本は実際に学校事務で仕事をしている小学校または中学校勤務の方が自身の体験談のようなものを書いてくれていて、結構多くの人の生き方が載っています。学校事務員というのは普段どんな仕事をしているのか?事務員という傍らどういう生き方をしているのか?という点が、学校事務をしている人たちの証言によってまとめられています。実際に学校事務として働いている人たちの声なので、1番生の情報です。学校事務の志望動機を考えるときには1番参考になりそうな気がします。学校事務という仕事そのものやその仕事の魅力やその人たちの生き方についての理解が進むので、志望動機を考えるときに役に立つだけではなく、学校事務員を目指すにあたって必要な心構えとかも事前に理解ができるかもしれません。

 

学校事務の志望動機の例としては、今回紹介したようなものが1つあると思います。他の作り方でも良いとは思いますが、学校事務というベールに包まれたような職業の志望動機を考えるというのは、非常に難しいです。学校事務は新卒や転職の方などが多く受けますが、志望動機は誰が受けても絶対に聞かれますからね。私立や公立を問わず、学校事務の志望動機としては、公務員的な側面を出せれば良いような、面接官にとっての印象もよくなるのでは?と想像していますが、どうでしょうね?学校事務員になるには、こういう志望動機を確固たるモノと用意しないといけないので、受験をする前から早めに考えておくと良いと思います。

 

学校事務職員という仕事・生き方―キャリア・ステージごとの悩み、学び、成長

学校事務職員という仕事・生き方―キャリア・ステージごとの悩み、学び、成長

 

 

あわせて読みたい記事