就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

バンプオブチキンのおすすめシングルランキングを感想とともに紹介

【スポンサードリンク】

日本を代表するロックバンドのBUMP OF CHICKENは2016年に紅白歌合戦にも出場を果たし、全国に名が轟いたのではないでしょうか?それ以前からファンは大勢いましたが、テレビにほとんど出ないため、本当のファン以外はあまり知らないという方も多かったと思います。デビュー15年以上経っているんですよね。もうメンバーも30代後半になってきて、私が聴き始めた頃はまだ20代中盤だったと思いますが、全員おじさんになっていますね。時が経つのは本当に早いものです。そんなバンプオブチキンはかなりの数のCDを出してきています。コンスタントに活動してきて、CDをリリースしてきているので、シングルだけでも相当な数になっていると思いますが、シングルだけでも相当オススメな曲が多いですからね。是非、皆さんに聴いてもらいたいと思います。今回はそのシングルをランキング形式で思い出と共に紹介していきたいと思います。

 

1.ロストマン

ロストマン/sailing day

ロストマン/sailing day

 

Sailing dayとの両A面シングルで、こちらはワンピースの映画の主題歌にもなりました。ロストマンの方は、何かタイアップになっていたかな?あまり記憶がないのですが、1番好きな曲ですよ。ミスチル桜井和寿さんも、2000年代を振り返る雑誌のインタビューで最も印象に残った曲として挙げています。歌詞を紐解くと、かつての恋人と別れてしまった人のような曲に感じますが、実はそうじゃないのです。ある出来事に関して失敗してしまった自分とそうじゃない自分が再会するまでの場景を描いた曲です。PVがとても綺麗です。特にカラーに移り変わるところからが。

 

メーデー

メーデー

メーデー

 

こちらは救難信号を意味する「メーデー」です。シングルよりもアルバムを買って聴いた方が良いと思います。星の鳥と続けて聴くようにすると非常に良さが伝わりますね。「花の名」と同日発売だった気がしますが、どっちの方が人気なんでしょうね。花の名は「ALWAYS三丁目の夕日」の主題歌にもなっているので、こちらの方が有名かもしれませんが、私はどっちかっていうとメーデーの方が好きですね。世界観が良いんでしょうね。あと、メロディーが聴いていて心地良い感じです。

 

・車輪の唄

車輪の唄

車輪の唄

 

 恋愛の曲ですが、自転車の車輪にスポットを当てた曲です。非常にファンからも支持の高い曲だと思いますが、カラオケで歌いやすい曲として割と重宝しています。高校時代から現在に至るまで、非常によく聴いていた記憶があります。特にギターの音が爽快で、非常に良い味を出しているなと感じます。個人的には家の中で特に聴いていたい曲ですね。

 

4.カルマ

supernova / カルマ

supernova / カルマ

 

 こちらはゲーム「テイルズオブジアビス」の主題歌で、私もこのゲーム買ったんですよね。未だにクリアしていないのですが(笑)このゲームのオープニングでカルマが流れるわけですが、それを聴いてハマってしまった。私がBUMP OF CHICKENを好きになったきっかけの曲でもあるかもしれません。Supernovaとの両A面シングルで、こちらも良い曲ですね。

 

5.花の名

花の名

花の名

 

 こちらは先ほど紹介したように、メーデーとの同日発売で、こちらは映画「ALWAYS三丁目の夕日」の主題歌として有名で、メンバーがどこかの土手で演奏しているシーンがPVになっています。バラードっぽい曲で、テンポがゆっくりで聴きやすいです。とても暖かさを感じられる曲になっています。

 

6.オンリーロンリーグローリー

オンリー ロンリー グローリー

オンリー ロンリー グローリー

 

 非常にテンポの良い曲で、爽快感がありますね。ユグドラシルというアルバム場発売された頃なので、私がよく聴いていた頃だと思います。サビだけ聴いたことがあったときには、大して思いいれもなかったのですが、フルコーラスで聴いてみると、非常の良さが実感できたような気がします。バンプらしさが出ている1曲だと思います。

 

7.sailing day

sailing day/ロストマン

sailing day/ロストマン

 

ロストマンとの両A面シングルで、ワンピースの映画の主題歌にもなりました。始めて聴いたのは中学生のときのCDTVを見ていた頃で、後にバンプを聴くようになったときに改めてフルで聴いていたら物凄くハマりました、その後、私はロストマンの方が好きになりましたが。スーパーの駐車場で撮影されたPVがまた印象的です。

 

8.スノースマイル

スノースマイル

スノースマイル

 

これは2004年頃なので、私が高校生の頃にちょうど1番聴いていた時期かもしれないので、やや思い出補正もあるかもしれませんが、冬に合う曲で、ゆったりとした流れで暖かみを感じる雰囲気がありますね。歌詞にBUMPらしさが出ていると思いますし、他の冬をテーマにした曲よりも、日常的なイメージを膨らませてくれるような曲になっており、たまに聴きたくなってきますよ。そして、一緒に収録されている「ホリデイ」というカップリング曲はさらに日常的で、ファンからも人気の曲です。

 

9.Supernova

supernova / カルマ

supernova / カルマ

 

カルマとの両A面シングルです。非常に壮大な曲で、モノクロというか、セピアというか、カラーじゃないプロモーションビデオも良い味を出しています。人とのつながりをテーマにした曲なんでしょうか?独特のリズムとメロディーで、ゆったりとしたテンポながら、1つ1つの歌詞が重く突き刺さってくるような感覚になれる曲ですね。

 

 10.プラネタリウム

プラネタリウム

プラネタリウム

 

思い出補正もややある曲ですが、結構好きな曲です。好きな人を星座に重ねたような曲で、そこまで盛り上がるような曲ではなく、淡々と進んでいくバラードチックな曲です。イントロが結構綺麗な音色なんですよね。透き通ったような感覚になれるメロディーがとても印象に残っています。

 

 

BUMP OF CHICKEN I [1999-2004]

BUMP OF CHICKEN I [1999-2004]

 
BUMP OF CHICKEN II [2005-2010]

BUMP OF CHICKEN II [2005-2010]

 

 

あわせて読みたい記事