就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

平均年収は300万!保育士の給料はなぜ安い?上がらない理由と改善の方法は?

【スポンサードリンク】

保育士の給料が低いということは以前から言われていましたが、この現状を解決するにはどうしたら良いのでしょうか?保育士の中には公務員もいるわけですけど、公務員にしては年収低すぎじゃね?と思うのが、率直な感想です。保育士の平均年収はおよそ300万円で、サラリーマンの平均年収よりも全然低いです。この保育士の平均年収は男性も女性もほぼ一緒です。社会から相当必要とされている職業であるにもかかわらずです。では、保育士の給料はなぜ安いのでしょうか?これは介護業界の職員の給料が安い理由と共通かもしれませんが、結局は保育サービスを受けている側から受け取ることができるお金があまりにも少ないから。というのが1つの理由になると思います。保育士の給料の財源は利用者からの料金のみではなく、国や自治体からの補助金も含まれていますが、その金額はなかなか増やせないでしょう。そうなると、利用者から多くお金を取るしかないとなるかもしれませんが、現実的には厳しいのです。それはどうしてでしょうか?

 

保育サービスを利用する人は、総じて所得が高くない傾向にあるからです。今の時代に保育サービスの需要を持っている人の多くは共働きやシングルマザーなどです。所得が低いとは必ずしもいえないものの、高いとも言い難い人たちです。つまり、料金を上げようにも上げるのは難しいわけです。料金を上げてしまうと、そもそも利用できなくなる人が増えて、今度は保育サービスの利用者が減ります。利用者が減ると、給料の財源が減るので、保育士の給料が上がるどころか、下がってしまうわけです。つまり、利用者から取ることができる料金には事実上の上限があり、利用料金を上げるという方法では、保育士の給料を上げることは不可能です。そうなると、残された道は国や自治体からの補助金となりますが、これができるんだったらとっくにやっていると思うんですよね。どこかを削れば、こちらに回せるお金も増えるというのはあるんだろうが、それをやりたがらないでしょうし、現実的に可能な手段としてはこちらになるかもしれないが、こちらもあまり期待できないと思います。そうなると、保育士の給料は上がるのか?というと、厳しいといわざるを得ません。

 

でも、保育士の給料が安いのに、保育士のなりたい人がいるとすれば、それは給料以外に魅力があると感じたからだと思うんですよね。保育士って消去法で選ばれるような職業じゃないと思うのです。他に選択肢がないから仕方なくやるような職業ではないと思うから、もし給料が安いのが嫌ならば、初めからなるべきじゃないと思うのです。結局、トイレ掃除の給料が安いといっているのと話は一緒だと思うんですよ。世間の平均からすると安い給料で働いている仕事はいくらでもあるわけで、というか、平均より下がないと平均が成り立たないわけだから、保育士の平均年収300万円が妥当か?どうかはともかくとして、平均より安いことが悪いことか?というと、一概にそうも言えないでしょうね。平均年収より下の職業や仕事はいくらでもあるわけで、それらを全て改善するなんてことは不可能でしょう。実際、保育士の月の平均労働時間は180時間程度らしいので、ほとんど残業がない計算です。完全週休2日だとすると、1日あたり約8時間だから、労働時間はきついとは思えない。保育士の仕事内容自体はきつい、大変なものもあるでしょうけど、仕事内容がきついのはどの仕事でも共通だろうし、そう考えてみると保育士の給料が安いことは事実かもしれないが、保育士というのはそういう職業だと思うしかないのではないか?と思えてきます。

 

実際、給料を改善するための策がほとんど存在しえないわけです。世の中には時給数百円のアルバイトがあるわけですよ。でも、そのアルバイトの給料が安すぎる!と声を挙げる人はあまりいない。保育士と同じ問題を孕んでいるにもかかわらず、それはその仕事は低賃金が当然のような認識があるからではないでしょうか?低賃金って聞いてどういう仕事を思いつきますか?1つでも思いついた方は、その仕事=低賃金という構図ができている。つまり、その仕事は低賃金であることを不思議に思わない仕事という見方ができるのではないでしょうか?結局、保育士も低賃金が当然のような風潮が当たり前になってしまえば、誰もそのことに疑問を唱えなくなる。そして、低賃金の保育士という仕事は、時給数百円のアルバイトと同様敬遠されやすくなる。そして、世の中から保育士がどんどん減り始めて、社会問題化する(実際、減り始めていると思うけど)。ここまできたら、そろそろヤバイか?と思って、国が腰を上げるかもしれないです。逆に言うと、ただ給料が安いと不満を言っているくらいならば、国は無視できるってことです。その不満があまりにも大きくなって、保育士人口があまりにも減っていき、それが少子化問題や育児問題に大打撃を与えるような状況を作らない限りは、保育士の待遇が改善することはないでしょう。ということは、保育士が給料が安いことを訴えているだけでは変わらないということです。

 

現実的には、保育士の平均の年収は300万円程度で、手取りは21万円くらいと言われています。この保育士の給料の手取りが21万円というのは、生活に困るレベルの給料じゃないんですよね。少なくともワーキングプアの範囲に入っているとかならばまだしも、そこからはまだ大分余裕がある。そうなると、結局年収300万円程度の職業なんていくらでもあるということを考えると、国は現状を改善すべきとは絶対に思わないはず。生活に困るレベルに給料の安さが達している場合や先ほど言ったように、保育士の給料の安さの不満を訴えたが聞き入れてもらえないから、もう辞めてやる!とこぞって多くがやめて行くような危機的状況でもなければ、保育士の給料が改善することはないと思います。問題が些細であれば無視できてきてしまう。失業率が30%くらいになれば、国も国民もヤバイと思うかもしれないが、数%なら無視するでしょうからね。今、日本の失業率は数%ですが、問題視している人が、ヤバイと感じている人がどれだけいますか?ほとんどいないでしょう。それと同様ですね。これが現状の保育士の給料が上がらない理由です。問題が些細だと認識されているからです。この現状をなんとか改善しない限り、ある意味国全体に保育士の給料事情を放置することが問題だと、マズイということを認識させるようなことができれば、少しは保育士の給料が上がる可能性が生まれるのではないでしょうか?その必要がないと思われたら、結局時給数百円のバイトと同様に、低賃金の仕事として定着してしまう可能性があります。

 

 

保育士の一日 (医療・福祉の仕事 見る知るシリーズ)

保育士の一日 (医療・福祉の仕事 見る知るシリーズ)

 

 

あわせて読みたい記事