就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

初任給の平均は手取りでいくら?引かれる金額、引かれるものは多い

【スポンサードリンク】

大学を卒業して、または高校を卒業して会社に入ると初任給がもらえます。この初任給の金額は、ある程度会社の規模に比例すると言って良いでしょう。初任給の時点でかなり格差が存在しています。全国には相当な数の会社があるので、どれくらいが初任給の平均になるのか?難しいですし、いくらから少ないのか?というのも難しいです。平均が出れば、それより下の金額が少ないということになりますけどね。初任給は多いところでは30万円強、少ないと15万円にも満たないというところもあり、入社時点の給料でもダブルスコアになっているのです。ちなみに、調べてみると初任給の平均は手取りで19万円前後みたいです。これもどこまで正確な数字か?は分かりませんが、とりあえず19万円が普通という基準になるのでしょうか?となると、初任給の手取りが20万円以上ならば平均以上となります。逆に初任給の手取りが18万円以下だと平均より少ないとなるのです。手取りで19万円ってどうですか?これが平均というのは、多く感じますか?少なく感じますか?

 

これが額面ならこんなもんかな?という気がしますが、手取りだと結構多くないか?と思うのです。私の感覚では、手取りだと17万円くらいが平均だと思っていました。自分の収入が多くないと、平均も少ないんじゃないか?と思えてくるのかもしれないですね。実際、初任給の平均の手取りはいくらか?というのは19万円みたいですが、正社員なのに、大卒なのに、そこから程遠い金額という人もいるのです。例えば、2chまとめブログとかには、そういう話題が載っていますけど、大卒で正社員で12万円という書き込みが見られます。手取り12万円っていうことは、入社時からいきなりワーキングプアの定義に当てはまっているということです。今後、昇給していけば良いかもしれませんけど、初任給が手取り12万円の会社でそんなに昇給が期待できるか?というと、正直疑問です。12万円だと、生活できますか?一人暮らしはまず厳しいでしょう。実家暮らしなら多分大丈夫でしょうけど。ちなみに高卒の初任給の手取りの平均は14~15万円くらいみたいです。大卒と随分差がありますね。

 

4年間の人生経験でここまで差が出るんですね。私は大卒ですが、大卒が高卒に比べて優れていると思える点が特に思い浮かばないんですよね。別に大学4年間で会社で生かせる何か?を学んだか?というと、そうは思えないのです。私はそこまで真面目に勉強していたわけではないけど、一般的な文系の学部だと同じような状況の学生は多いのではないでしょうか?私は初任給12万円よりも、こちらの高卒と大卒の差の方が驚きです。この差は今後の昇給のときにも大きく関わってくるでしょうから、生涯収入とかでも大きく差になると思うんですよね。初任給はいくら引かれるのか?という部分も非常に大きいです。だから、額面で見るとまあまあに見えても、手取りだと、え?これだけ!?みたいな人も多いと思うのです。サラリーマンをやっていると、毎月の給料や初任給から引かれるものがかなり多いということに気付くと思います。初任給だけで言えば、所得税、住民税(ひかれない場合もある)、雇用保険の保険料、これらは確実に引かれるものです。そして、健康保険の保険料や厚生年金の保険料が次の月からひかれる可能性があるため、初任給の翌月の給料は、さらに低い可能性があります。初任給から引かれる金額はいくらなのか?というと、初任給の金額にもよりますが、3~4万円くらいになると思います。

 

初任給からひかれる金額って多いですよね。元々そんなに多く貰っていないのに、数万円も引かれたら・・・。と思うとかなり痛いです。そういった状況もあるので、サラリーマンは意外と手取りが少なくなってしまうのです。でも、サラリーマンって、ボーナスが出る場合もありますから、そこは恵まれている気もします。自分の初任給がだいたいくらくらいか?は分かっているのではないでしょうか?多分、就職活動をしている時点で、どこかにデータが載っていると思うので、それを見ている可能性もありますから。リクナビマイナビの個別の企業ページに書いてあるはずです。だから、初任給がいくらもらえるか?はだいたい把握できていると思います。しかし、問題はその初任給からいくら引かれるのか?という部分ですから、それが分かれば、初任給で実際に自分が貰える手取りがどれくらいか?把握できると思います。初任給の金額に喜べる人のは、恐らくそんなにいないでしょう。平均以下はもちろんだが、平気程度だと恐らく喜べないと思うので、手取りで23万円くらいを越えれば喜べるかもしれませんが、それくらい貰える人はどれくらいいるのでしょうね?平均なので、相当貰っている人がつり上げている可能性はあります。

 

ちなみに最後に言っておくと、初任給は満額とはもらえるとは限りません。「」の記事でも書きましたが、給料の計算の仕方や期間が会社によって違うので、4月に働いた分が全額1度に貰えるのではなく、5月の給料に含まれて支給されることもあるのです。つまり、初任給が少ないとしても、それは一部が翌月に含まれている可能性もあるので、その場合には初任給は少ないとしても当然かもしれないので、調べておきましょう。初任給は引かれるものはまだ少ないほうです。今後、引かれるもの、引かれる金額は増えていく傾向にありますから。初任給はあくまでもスタート地点であり、今後仕事をどのように頑張るか?どうやって昇給していくか?の方が大事だったりもしますから、これから自分が頑張ってたくさん給料を貰う気持ちで頑張っていきましょう。

 

 

ワタミの初任給はなぜ日銀より高いのか? ナベテル弁護士が教える残業代のカラクリ

ワタミの初任給はなぜ日銀より高いのか? ナベテル弁護士が教える残業代のカラクリ

 

 

あわせて読みたい記事