読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

将来の夢でYoutuberを挙げる小学生が多数の時代に!

【スポンサードリンク】

将来の夢はYoutuberと答える小学生が多いんだとか。時代も変わりましたね。っていうか、小学生がYoutuberを知っているということに驚いた。そういう人たちに対しても影響力を持っているんだなと思います。実際、Youtuberになりたいという子供が出てきたら、周りの人間や親御さんは否定するケースが多そうだ。でも、じゃあどういう将来の夢だったら良いのよ?サラリーマンや公務員だったら良いの?公務員はともかく、サラリーマンもYoutuberも私は変わらないと思うが。結局、どっちも犠牲にするものがあるのだから、あとはトータルで考えたときに、自分にとってメリットが大きいものはどっちか?という比較の話でしかない。ゆるい就職っていうのが、数年前にあったじゃないですか?あれも将来どうするんだ?とか、フリーターと同じじゃないか!という批判がありましたよ。でもね、当の本人は安定した仕事よりも不安定ながら、自分のやりたいことを実現できたり、自由な時間を確保できる方に魅力を感じたわけだ。全員がそうじゃないかもしれないが、少なくとも既存の当たり前の働き方に嫌気が差しているからこそ、あえてゆるい就職を選んでいる。それ以外でも派遣やバイトのフリーターを選んでいる人の中には、あえて正社員じゃなくて非正規を選んでいる人間もいる。

 

 

つまり、安定こそが、将来設計のしやすい職業こそが正義というのは、1つの価値観ではあるが、別に正解ではない。サラリーマンを選んだ人間が、毎日全員幸せそうに暮らしているか?というと、決してそうは思えない。もちろん、Youtuberを含めて、自力でお金を稼いで生きていこうとしている人たちも同様だ。全員が幸せになれるわけじゃないので、資本主義社会である以上は、全員が一定水準以上の収入を得て、生活をするというのはおよそ不可能なわけで、結局どういう生き方、働き方をしても、そういう未来が待っているリスクはあると思います。サラリーマンを選んでも、Youtuberを選んでも、幸せになれる保証はない。だったらどっちでも良いじゃん?と思いますけどね。そんな話が「小学生の将来の夢「YouTuber」心配 (R25) - Yahoo!ニュース」の載っていたのですが、世の中の多くの人はやっぱり不安定、誰でも稼げるわけじゃない、ずっと同じような稼ぎができるとは限らない、といった安定志向の批判意見が多くありますよ。

 

毎日新聞ニュースサイトで、兵庫県立大学・竹内和雄准教授が、大阪府内のある小学校が調査したという「4年生男子の将来の夢」を紹介。それによると1位「サッカー選手」、2位「医者」に続き、3位に「ユーチューバー」が登場しており、ネットユーザーの間でも話題になっている。

 

動画を投稿し、広告収入を得るYouTuberは、年間で1000万円以上稼ぐ人も現れるなど、一時大注目された“職業”。簡単な手段ゆえ、誰でもできそうに思われるが、それで食べていけるほどの収入を得られる人はごく一部。また浮き沈みも激しそうなことから、実際職業にするのは厳しいのではないかという見方をする人は多い。しかし一方で、人気の“YouTuberキッズ”も多数存在し、子供たちにとってYouTuberが身近で憧れる存在であるのは確か。

 

 

Twitterには、以前よりYouTuberを夢とする小学生がいることが報告されており、 「小学生の弟が持って帰ってきた『みんなの将来の夢』が書かれたプリントに2人も将来の夢がYoutuberのヤツがいて草」 「小学生の弟の将来の夢はYoutuberだそうです。とても彼の今後が心配です。」

などという声があった。そして今回の記事により、改めて

「これはまじ。この前小学生の弟の卒業式行ったんよ。その時に、1人ずつ、感謝の言葉とか将来の夢を大きな声で発表する時間があったんやけど、その時に『将来の夢はユーチューバーになることです』って言った小学生5人ぐらいおった」

と「これはリアル」といった反応が寄せられる一方で、

「将来の夢YouTuberって…
まあ、否定はしないけど競争率エグいし、失敗したらフリーターやらニートやらになる可能性大だからその夢持つのは小学生までにしといた方がいいと思うよ。」
「高校生、大学生の将来なりたい職業がYouTuberだったら何言ってんだお前って思うけど、小学生の夢なら別に文句言うことじゃないと思う」

と、ある程度認めながらも、“許されるのは小学生の間だけ”など、心配そうな意見も目立つ。

 

予想通りの否定意見って感じですね。浮き沈みが激しいとか、失敗したらフリーターニートという意見は否定しないが、それの何か問題なんだろうか?今、あらゆるフィールドで活躍している有名人だって、成功したから良いけど、彼らも失敗したら同じ道だったんじゃないのかね?あと、そもそもYoutuberは競争率はあまり関係ないと思うんですよね。民間企業の他社みたいに、他者と競い合っているわけじゃないから、別に競合はあまり関係ないと思う。検索の競合が多少はあるかもしれないが。失敗したらフリーターニートっていうのも、会社が倒産したら、クビになったら、リストラに遭ったら、同じような道を辿る人は出てくると思うが。結果的にYoutuberになる、ならないはともかく、サラリーマンになる以外の選択肢、お金の稼ぎ方を小さい頃から模索している分、かなり優秀な気はしますよ。サラリーマンになると、というか、サラリーマンに自分はなるんだと思っている人間は、会社に雇用されないとお金を稼せない。それ以外の手段を考えたことがない人間は、他の道を模索できない。そして、実際にサラリーマンになってしまうと、本業に1日10時間とか普通にとられてしまうわけで、通勤時間、就寝時間、食事の時間などを含めると、平日の間に何かしようって気にはなかなかならない。そして、休日は日頃の疲れを癒すために使う。それ以外でも会社の親睦イベントに参加したりと、かなり忙しいのが普通のサラリーマンだと思います。

 

つまり、サラリーマンをやってしまうと、サラリーマンとしてお金を稼ぐ以外に手段を求めようとしないし、やろうとしても時間的な余裕がない。結果、サラリーマンは会社からの給料のみに依存する。会社が潰れたら、クビになったら、一気に収入は0!無茶苦茶不安定でしょう。潰れる心配がない、リストラに遭う心配がない会社なんてほぼ存在しませんよ。Youtuberも専業でやるとなると、正直言って不安定だと思うから、安定志向の人にはおすすめしない。でも、Youtuberを目指した結果、成功しなくても私はフリーターでも全然構わないと思うし、フリーターをやりながらYoutuberのために試行錯誤したり、アフィリエイトクラウドソーシング、Googleadsenseなどのアドネットワーク広告で稼ぐなど、ネットを通じて稼ぐ手段は多くある。そういう手段を組み合わせて複数の収入源を得られれば、それこそが真の安定になる。公務員はともかく、サラリーマンで安定はもはや不可能に近いと思う。依存している収入源が1つの時点で、それは安定とは言えない。公務員みたいに1つの収入源が相当がっちりしている場合はともかく、民間企業にもはやそんなところはほとんどないと思います。つまり、サラリーマンもYoutuberもどっちも不安定で、サラリーマンは本業に時間がとられまくるから、収入源を増やせる余地がなかなかない。不安定な状況を脱却する術がない。しかし、Youtuberは稼げても、稼げなくてもフリーターやりながら粘り強く続けたり、Youtuber以外の別の稼ぐ手段に転換する方法もある。クラウドソーシングとかは誰でも稼げるに近いですから。どっちが安定しているか?させやすいか?させられる余地が大きいか?というと、案外Youtuberじゃないですか?と私は思います。

 

あと、冒頭でも言ったけど、そもそも今の若い人たちは安定をそんなに求めていない人も増えている。というか、真の安定なんか存在しないことを知っていて、そんなもののために毎日の重労働で身体を精神を犠牲にするのはおかしいという価値観が蔓延し、それが結局ゆるい就職などのブームを生んだわけだ。安定を求めている若者もいますが、そんなものを求める代わりに多大な犠牲を払うぐらいならいらないって人も増えてきていると思います。極端な例だとニートが増えてきているって傾向がそれを物語っていると思います。困ったら生活保護を受ければ良いとか、ニートでも、フリーターでも良いやと思うような、ある意味開き直りの気持ちを持てる人の方が、案外精神を蝕まれずに済んで良いという面もあると思うんですよね。正社員から転げ落ちたら人生おしまいだ。人間失格だ。みたいに、見えない恐怖と毎日戦っている企業戦士の方が、精神的に不安定な場合もあると思いますよ。Youtuberを目指すのが正解でも、不正解でもないので、生きたいように生きれば良いと思います。

 

僕の仕事は YouTube

僕の仕事は YouTube

 
YouTubeで食べていく 「動画投稿」という生き方 (光文社新書)

YouTubeで食べていく 「動画投稿」という生き方 (光文社新書)

 

 

あわせて読みたい記事