就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

アパレル業界への就職の難易度や評判はどうか?実は給料や年収は薄給?

【スポンサードリンク】

就職活動を行うにあたって、アパレル業界というのは、1つ多くの学生が目指している、目標にしている業界になるのではないか?と思います。アパレル業界は企業によって就職の場合率や働くことの評判とかも結構差があると思われますし、アパレル業界の就職活動って、ちょっと他の業界とは勝手が違うような感じですから、なかなか難しい側面もあると思いますけど、この業界に強い憧れを抱いている学生も多くいると思いますから、そのためにはアパレル業界ならではの就職事情をしっかりと知ったうえで取り組まないといけないでしょう。そして、その前にそもそもアパレル業界ってどうなのよ?という評判や働き方の部分も知っておかないといけないですね。憧れを抱いている人も多いとは思うものの、そこで働くことについては、そこまで詳しくないという方も実は多いと思いますから。アパレル業界は、やっぱり他の業界とはちょっと違いますね。いろいろな面で。就職するまでについても他とは違う面が多いのですが、就職してからも、働き方の面で違和感を覚えるような、そんな業界とも言えるかもしれません。

 

アパレル業界で働くということは、他の業界と比べてどう違うのか?何が違うのか?ここが特に重要になると思います。1番の違いというと、事実上の終身雇用がほぼないという点がまず挙げられるでしょうか。終身雇用が保証されているような、そういう会社が安定しているという意味では理想かもしれませんが、アパレル業界ではあまり期待できないと思われます。これは職種にもよるかもしれませんが、総合職という形で入社すると、年齢関係なく、そのときどきに応じた仕事をすることになるかと思いますが、一般職(販売職)で入社すると、基本的にずっとお店での販売を担当することになり、根例が上がると、担当しているブランドとの年齢層に乖離が生まれてしまうので、そこから外されることになるでしょう。社内に別のブランドがあって、そこに年齢的に合えば、そこで働かせてもらえたりしますが、合わないと別のブランドを扱っている会社に、自分の年齢的に合うブランドを扱っている会社に転職をしていくということになるでしょうか。したがって、こういうケースでは、1つの会社でずっと定年まで働けるか?というと、そうではないこともあるのです。女性の場合には定年まで働く前に結婚したりして辞めるパターンも多くありますが。アパレル業界の場合には定年まで働く難易度が高く、何歳まで働けそうか?それを企業ごとに、職種ごとに見極めながら就職活動をやっていかないといけないでしょう。アパレル業界では就職して何歳まで働けるか?という部分で、ある意味離職率の数字にも影響している面もありそうです。

 

そして、アパレル業界の評判を1番端的に表している部分が、出費の部分です。アパレル業界の就職では1番きつい部分、仕事内容よりもお金の面で大変さを象徴している部分です。アパレル業界への就職をすると給料自体はそこそこというところでも、実際は極貧生活が待っているというケースもあるのです。それはどうしてか?というと、自分で洋服を買わないといけないことがあるからです。これも企業の考えて方次第ですが、アパレル業界でよく言われているのは、ノルマを達成できないと自爆営業をしないといけないということです。自爆営業というのは、自分で商品を買い取ることで、その出費により見た目の給料はそこそこでも、その費用で半分くらい消えるとか、とてもブラックな働き方をしている人たちもいます。そういう会社はアパレル企業の中でも就職しても将来性が非常に心配というか、やっていけるのか?(社員が負担しないとやっていけない)という状況になっており、就職しても実質の手取りがバイト以下とか、そういったことは珍しくないというか、割と聞かれている話ですね。日本全体の消費が落ちているので、どうしても生活必需品以外の出費がしづらくなっています。

 

ユニクロとかも言われているように値上げに踏み切るようになってきており、アパレル業界全体としても、将来性がどうなのか?というのは分かりません。生き残れるブランドは、すでに大衆から認知されているもので、それ以外は淘汰されていく時代になっていくかもしれないのです。そこまでいかなくても、先ほど話したように、すでに自爆営業をしないといけないほどに経営状態が悪化しているところもありますから、結局そういうところだと、あえてアパレル業界に就職をする意味もあまりないかと。将来性どころか、現状でもうマズイ状態じゃないのかと。アパレル業界の平均年収は、世の中のあらゆる業界の平均年収と比べて大差ないという感じみたいですが、自爆営業などによって、実質のアパレル業界の正社員の年収は薄給とも言って良いようなところも中にはあると思われますし、実質の給料は毎月どれくらいなのか?というのは、入ってみないと分からないか、事前に口コミなどを見て判断するしかないのです。毎月20万円となっていても、実質12万円くらいしかなかったり、憧れだけでは食っていけない世界なのかもしれないです。こういった事情を抱えている企業は、アパレル業界の中でも就職後の離職率はかなり高いかもしれないです。

 

アパレル業界に就職する以上は給料や年収の話はとても重要ですが、薄給と聞くと、とても働く気になれないかもしれませんが、そういうところもあるというだけの話であって、全てがそういうわけではないと思われます。後はどういう職種で働くか?にもよるので、今のような話はほとんどが販売職だと思いますよ。だから、本部で働くケースではあまり関係ないのかもしれません。アパレル業界への就職は安定しているところ、そていないところの格差もある程度激しいと思われます。アパレル業界の中で安定している企業はどこか?ファッションに詳しい人間なら、ある程度ブランド名の知名度や影響力で判断できると思いますが、でも、そういうところはアパレル業界の中でも就職の難易度はとても高いと思いますからね。そこが難しいところですね。それは他の業界も同じですけどね。安定していると思われるところは人気も高いし、倍率も高いですから。アパレル業界も受かりやすいところと倍率が高くて就職しづらいところにある程度分かれると思います。アパレル業界への就職は単純な難易度だけじゃなくて、企業ごとの評判や将来性などはもちろん、給料や年収はどうか?薄給か?自爆営業はあるのか?など、企業選びえ考慮しないといけない点がかなり多いと思いますから、就職するときにはしっかりと見極めないといけないと思います。あとアパレル業界特有の職種ごとの仕事内容、どれだけきついか?大変か?楽しいか?なども把握しておいた方が良いと思います。華やかな世界に見えてアパレル業界の就職をしても、働くうでは大変なことが多いので、そこをまず知っておくべきではないでしょうか?

 

 

1秒でわかる!アパレル業界ハンドブック

1秒でわかる!アパレル業界ハンドブック

 
アパレル業界のしくみ (図解雑学)

アパレル業界のしくみ (図解雑学)

  • 作者: 山村貴敬,鈴木邦成
  • 出版社/メーカー: ナツメ社
  • 発売日: 2009/07/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 39回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

あわせて読みたい記事