読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

医学部を受けるなら大学はどこがいい?どこでも同じ?学費や浪人の許容年数、医者としての働き方でも変わる

【スポンサードリンク】

大学受験をするにあたって、いろいろな学部を志望する人がいると思いますが、中でも医学部ってやっぱり特殊ですよね。医学部専門の予備校とかもあるくらいですから。医学部はどの大学でもあるわけではなく、結構一部の大学に限られますが、国公立大学であれば結構設置しているところも多いので、私立大学よりはこちらを狙う人も多くいると思います。私立大学だと有名な大学はそんなに多くない。というか、医学部専門の大学、医学部または歯学部などしかないような大学などが多くを占めているというのが現状かもしれません。医学部を目指すときに志望校の選び方をどうするか?という問題があります。医学部は、一部ではどこでも同じという見方もあるのです。これは肯定する人が結構多いです。同じというのは、医者になるにあたっての話であって、現実的には全く同じというわけにはいかないかもしれませんが、医者として普通に働くときには、出身大学がどこか?というのはあまり関係ないのかもしれません。有名大学でも、そうじゃなくても医者になる難易度はほとんど変わらないということですね。そうなると、医学部受験において志望大学の選び方をどうするか?というのは余計に難しくなります。

 

国公立大学を目指すか?私立大学を目指すか?で受験科目などもちょっと変わってくる可能性があるので、どちらを目指すか?は先に決めておいて、医学部受験に関する細かい志望校に関しては後から決めても構わないかもしれません。私立大学の中でも、国公立大学の中でも医学部の場合には、レベルや偏差値の差がかなり大きいです。したがって、学力レベルの目標をどこに設定するか?というのは非常に大切になります。そのときに先ほど言ったように、高いレベルの大学を目指す必要性が、医者になるという目的達成のためならばそこまで関係がないという前提をどう含ませていくか?です。もちろん、高いレベルの大学を志望大学に設定すると、それだけ受かるのが難しくなり、浪人をするということにもなります。医学部の志望大学の選び方で、偏差値の相対的に低いところを受ければ、それだけ受かる確率は上がるでしょうから、浪人をするリスクも減り、医者になれるのが早くなるということにもなります。医学部の場合には、学歴そのものが仕事に影響する度合いが文系よりは少ないというか、性質がちょっと違うような気もするので、安易に高いレベルの大学を目指すのが一概に正解とも言えないと思います。文系の場合は有名大学であればあるほど将来において、仕事において有利になりやすいですが。

 

だから、医学部受験において、志望校の選び方としては、受かりやすいところを優先的に受けるということを勧める人もいます。それは結局入ってしまえば一緒だから。医者になってしまえば一緒だから。ということが根拠になっていると思われます。レベルの高い大学を目指して、何浪もするよりは入りやすいところを選んで、できるだけ浪人をしないで、しても多浪にならないようなところを選んで受験するということも1つの賢明な選択肢だと思います。それが正解か?どうかは一概には言えません。合う、合わない大学っていうのもあるかもしれませんから。だから、志望大学がこれといってない人は、いくつかの気になる大学をピックアップして、それらについて詳しく調べてみましょう。その中でどこも一緒かな?と思うならば、受かりやすいところを選ぶというのも1つの方法ですし、ちょっと興味があるようなところが生まれれば、後はキャンパスの立地、家からの近さ、学費、その他いろいろな条件を加味して、総合的に他の大学よりも、こっちかな?と思えるようなところがあれば、そちらを優先的に志望大学にしていくというのでも良いと思います。先ほども言いましたけど、私立か?国立か?は先に、早めに決めておきましょう。受験勉強を始める前に。

 

しかし、医学部を設置している大学の難易度は、だいたい学費に比例するとされています。国立の医学部って、だいたいどこも難しいです。特に東京大学医学部は格別です。東京大学医学部は、入学の時点で医学部に進学できるわけではないので、たいたいの受験生は1番選択の余地がある東京大学理科三類を目指します。東大の医学部が全国でも最難関とされていますが、国立大学なので、学費が安いです。その他の国公立大学も軒並み難易度が高いですが、それは学費が安いからということも理由としてはあるようです。実際、先ほど言ったように大学の名前がそこまで関係ないというのであれば、後は大きいのは学費です。医学部の場合には通う年数も長ければ、学費も格別に高いので、医学部に進学できるならば、少しでも安いところを目指す人も多くいます。逆に医学部で相対的に入りやすいところは、学費が高めということも言えるかもしれません。特に開業医を目指すにあたっては、大学名は完全に関係ないですから。勤務医を目指す場合には全く無関係とも言えないですけどね。自分がどちらの道を目指すのか?によって、大学名を重視するか?しないか?というのも同時に考えていかないといけないでしょう。

 

 医学部はそもそも文系や一般的な理系学部と比べても相当学費がかかってしまうので、ここを目指せる人間というのも相当限られていると思います。医学部を受けるならば大学はどこがいいか?どこでも同じなのか?というのは、表面上は医者になるならば、どこでも同じです。特に開業医として働くなら、ほとんど関係ないです。しかし、病院で働く場合には大学名によるつながりやその他もろもろの関係があると思われますから、全く無関係ではない。この場合には医学部はどこでも同じとも言い切れない部分がありますが、大学名よりもそこでの勤務の仕方や頑張り次第の方も大きいので、結局大学名がどこまで関わるか?は何とも言えない部分もあるのです。だから、自分が勤務医を目指すのか?開業医を目指すのか?そして、大学名にこだわるのか?早く医者になれる方を選ぶのか?学費はどれくらい出せるのか?で医学部を受ける場合にどこが良いのか?どの大学を選ぶべきなのか?その難易度や国公立、私立の別も変わってくると思います。文系ならば考慮しないような、いろいろな要素を踏まえて医学部の大学の選び方を考えないといけないので、そこがまず医学部受験をする前にやらないといけないこととして難しいのです。

 

医学部受験 あなたを絶対に医学部合格させる (YELL books)

医学部受験 あなたを絶対に医学部合格させる (YELL books)

 

 

あわせて読みたい記事