就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

学部編成と立地の問題解消で中央大学の偏差値や難易度、評判は早慶に迫るか?

【スポンサードリンク】

MARCHの括りの中でも中央大学というのは、まず立地が悪いと指摘されることが多々あります。私は中央大学のキャンパスには行ったことがないので、どういう感じなのか?は話を聞いてみる感じじゃないと分からないが、東京都の八王子に多摩キャンパスがありますが、最寄り駅やキャンパスまでの行き方を見ると、確かにな・・・。という部分もあります。でも、昔は違ったんですよね。確かに駿河台にキャンパスがあったって話を聞きました。今でも中央大学理工学部は後楽園にあって、割と都心に近いと言えると思います。しかし、珍しいことに文系の学部はちょっと辺鄙なところにあるということで、もっとキャンパスの立地がよければ絶対に人気も高くなっている大学だと思いますよ。私が受験生のときにも中央大学の立地の問題はよく言われていて、私もそこが理由で結局受験しなかったのです。でも、中央大学自体は好きです。でも、あそこに通うのはな・・・。っていう感じでした。

 

しかし、受験を終えてみれば私もやや辺鄙なキャンパスに2年生までは通うことになりました。3年生からは大分状況が変わりましたが。4年間と2年間はやっぱり違いますよ。そこのイメージがなければ、多分受験していた可能性が高いですね。将来的には中央大学法学部は後楽園キャンパスの方に移転するみたいな話もあります。他の文系学部はどうなるのか?分かりませんけど、やっぱり都心のキャンパスって憧れが強く、人気にも直結し、偏差値の動向にも影響を与えるでしょう。中央大学法学部の偏差値は早慶に匹敵するほどとされており、中央大学の偏差値は60くらいだと思うけど、法学部だけに特化してみたら63か、64くらいはあるんですかね?中央大学法学部は早稲田や慶應の下位学部くらいの難易度はありそうです。しかし、法学部以外の文系学部は法政の方が上じゃないか?という声も聞いたことがあります。それはどうなのか?って感じですけど、中央大学の法学部以外と法政大学は近年差がなくなってきた感はあります。どうしても法政大学って、MARCHの中の最下位みたいなイメージが定着していましたが、法政大学は今の時代にあった学部をどんどん増設し、他の明治、立教、青山学院なども追随しているけど、中央大学は微動だにしないですからね。

 

中央大学って、いまだに文系学部は5つだけ。その状態がずっと続いています。それ以外のMARCHの大学は全部で10学部くらい作っているところもあり、時代に合う大学経営をする姿勢が見えるものの、中央大学はそういう気配が見えない。それが中央大学のポリシーかもしれませんが、立地がよくないという点と大学経営のやり方の2つの点において、今後の中央大学の立ち位置は大分変化してきそうな気がします。ここ10年、20年くらいのスパンで見たら、中央大学の偏差値とかは少しずつ低下気味な感じも否ません。それは他の大学の人気が上昇しているからとも言えるかもしれません。特にランクでは下になる東洋大学とかが物凄い追い上げてきているので、MARCHっていうのもいつまで残っている序列かも分からないです。中央大学は時代に合った大学経営と立地の問題が解消されれば、それこそMARCHから脱却できる唯一の存在な気がするんですけどね。

 

それこそ上智大学に迫れる存在じゃないですか?だって、駿河台とかに文系のキャンパスがあったら、正直通いたいなって思いますもん。そういう受験生は増えると思いますよ。そういう不利な要素を抱えながらでも、中央大学は今の難易度を維持しているのだから、それはそれですごいことだと思うんですよね。多摩キャンパスが逆に好きって言う人もいると思うので、キャンパスの立地が必ずしも悪いとは言えないものの、全体としては別の場所にあった方が良いと考えている人の方が多い気がします。中央大学ってなんやかんやで評判高いですからね。真面目系の印象があり、資格試験や就職についても有利と言われている面もありますから。イメージによる部分もありますけど、中央大学の雰囲気や評判は結構良いんですよね。だからこそ、もっと伸ばせる余地があるのにもったいない!と感じる部分もあるわけですよ。中央大学OBでもない私が言うのもなんだけど、一ファンとして思っていることがあるということです。

 

中央大学に対する考え方は人それぞれだとは思いますが、上位大学、高偏差値大学ならば、こういった問題が少しでも解消されれば、中央大学の偏差値や評判も上昇する可能性もあり、地位が変わっていく可能性もある。MARCHトップと言われている明治大学立教大学も抜いてもおかしくない存在だと思うので、中央大学の未来がどうなっているのか?頑なに現状を維持しようとすると、それこそ地位も下がっていくかもしれないですし、社会のニーズに合わせていければどんどん地位が上がっていくかもしれない。そういう潜在能力を持った大学だと思うので、ある意味楽しみですね。

 

中央大学を目指している方におすすめしたいのが「リクナビ進学」で、ここから大学案内を請求することができます。大学案内は中央大学の受験生向けのもので、入試に関する情報として学部や入試方式ごとの必要な科目、配点、募集人数などを載せていますし、過去の入試結果の倍率や合格最低点なども分かるかもしれませんから、かなり参考になるでしょう。また、中央大学ではどういう4年間を過ごすのか?そこも気になるのではないでしょうか?中央大学ではどういうキャンパスライフを送るのか?が分かれば勉強をするときのモチベーションになりますし、今まで以上に中央大学に入りたい気持ちが沸くかもしれません。授業、ゼミ、サークル、就職などに関しても知りたい方は多いと思います。リクナビ進学のトップページの検索窓から「中央大学」と入れて検索し、「パンフをもらう」のリンクから必要事項を記入して送信すると、自宅にパンフレットが届くはずです。無料ですから、良かったら参考にしてみてください。

《高校生注目》リクナビ進学で学校パンフをまとめて請求

 

 

中央大学(統一入試) (2016年版大学入試シリーズ)

中央大学(統一入試) (2016年版大学入試シリーズ)

 
中央大学(法学部〈法律学科・国際企業関係法学科〉−一般入試) (2016年版大学入試シリーズ)
 

 

あわせて読みたい記事