読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

勉強を教える人間は高学歴じゃないといけないのか?←あまり関係ないと思うのだが

【スポンサードリンク】

勉強を教える人間は高学歴じゃないといけないのでしょうか?塾講師や家庭教師は高学歴な人、有名大学出身の人がやっているイメージではあります。ただ、自分が勉強をできるということと人に教えることは別問題だと思いますし、自分が良い大学に行っていないというのと教えるのが下手とか、教える資格がないというのは違う気がします。先日、このブログで紹介した武田塾という予備校がアップしているYoutubeの動画に、塾長の林尚弘氏が学習院大学で、別の講師である中森泰樹氏が立教大学出身だけど、こんな奴らが早慶だとか、旧帝大について語るの?(笑)みたいな批判的なコメントがあったんですよ。2chにも同じような書き込みがあったと思います。この塾はもちろん、早慶旧帝大レベルを目指す生徒への指導をしています。しかし、学習院大学立教大学出身の人が早慶旧帝大に受かるための勉強法などについて語ることはおかしいでしょうか?私は別におかしくないと思います。

 

だってね、多くの人の行動を分析してみると分かると思うんですけど、例えば、町の本屋さんで参考書を立ち読みして、あ!これ良いから買おう!と思えたような、良い一冊が見つかったとします。そこで、いちいちその著者の学歴とか調べるんですか???そんなことをしている人間はまずいないと思うんですよ。つまり、何が言いたいか?って言うと、多くの人が参考書を選ぶときには、参考書の内容が良ければ、その参考書を書いた人の学歴なんか関係ないってことじゃないですか?内容だけで判断して、著者の学歴を調べないってことはそういうことですよね。そうなると、教える側の学歴なんか関係ないじゃん!教えるのが上手ければ良いじゃん!っていう判断をしているということになると思います。別に学歴が高くない人=教えるのが下手ってわけじゃないですよね。むしろ、教えるためのノウハウは持っているけど、自分では結果が出せなかった(良い大学に行けなかった)だけかもしれません。分かりやすい例えを出すと、ウサイン・ボルトを教えるコーチはボルトより100m速いですか?そんなわけないですよね。彼が世界記録を持っているのだから。教えられている本人よりも教える側が劣っていることなんてよくある話だと思いますよ。それはボルトは身体能力ではコーチよりも勝っているはずだが、走り方のノウハウや力の出し方の考え方ではコーチより劣っているからでしょう。つまり、この2人が合わさることで、ボルトが世界記録を出せるまでになった。と考えるのが自然な気がしてくるです。逆に現役時代素晴らしい成績を残した長嶋茂雄氏は、指導者になって選手にバッティングを教えるが、選手は「何を言っているか?分からない(笑)」みたいなことを言う人もいます。自分ができることと他人に教えることは違うのでしょう。

 

だからこそ、自分に力を発揮する部分がなくても、自分しか知らない必勝法があれば、それを伝えればOKじゃないですか。例えば、東大に合格するための必勝法を知っているが、その人は面倒臭がりやで1日2,3時間くらしか勉強できない。よくあるパターンだと思います。この人はMARCHクラスしか受からなかったとします。しかし、その必勝法を1日に8時間勉強できる生徒に伝授したら、その生徒が東大に受かったかもしれない。知ることと実践することはやっぱり違うと思いますし、難しさのベクトルが違う気がするのです。さらに言うと、失敗したことから教えられることってあると思っていて、早慶を目指していたが、MARCHしか受からなかった人がいたとして、その人は早慶には受かっていませんが、自身の勉強法を分析して、なぜ早慶に落ちたのか?その原因を掴めれば、同じ失敗をしないように、指導する生徒らに伝えることは十分意味があるでしょう。成功者は成功体験は伝えられるが、失敗体験は失敗した人の方がより多く伝えられる。受験は成功するために何が必要か?も大事だけど、失敗しないために何が必要か?っていうのも同時に大切だと思います。得意科目を伸ばしながら、苦手科目を克服するっていう受験の鉄則と一緒ですね。

 

あとは高校生の頃には間違った勉強しかしていなかったが、その後間違いに気付き、こうやれば良かったのに!みたいな点に気付くケースもありますよね。私はこのパターンです。今、私が大学受験をするならば、間違いなく私が高校生だった頃の勉強のやり方はしません。出身大学なんて、その時点での結果を示したものでしかないので、その後の成長過程って含まれていないわけですよ。学歴っていうのは高校卒業までの勉強の成果を集約したものでしかないので、その後の分は含まれていないのですから、その時点での結果が芳しくなくても、その後頑張って勉強したとか、思考能力が大人になって、より望ましい勉強方法が身についたとか、いろいろな変化がそれぞれの人であると思います。だから、別に学習院大学立教大学の出身の人が早慶旧帝大の受験について語っても良いでしょう。彼らは早慶旧帝大に受かってはいないけど、受かった人よりも早慶旧帝大の受験事情について詳しい可能性は十分あるから。教える側の学歴を気にしてもあまり意味はないんじゃ?と思います。

 

 

武田塾の早慶にすべらない話 (YELL books)

武田塾の早慶にすべらない話 (YELL books)

 

 

あわせて読みたい記事