就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

バーボンが握ったベルモットの秘密とは?2人の関係や正体は?味方なのか?敵なのか?

【スポンサードリンク】

名探偵コナンに登場するベルモットというキャラは非常に謎に満ちていますが、最近の動向を見ると、どうもバーボン(安室透)とよくつるんでいる描写がありますね。いつからこの2人は仲良くなったのか?は謎ですが、ベルモット自体が組織とは別に、単独行動をとるシーンがよくあります。そして、そのバーボンも組織に従順な人間ではなく、ただのスパイだとされています。バーボンはどちらかというと、コナンの味方と言えると思いますが、ベルモットは味方って感じはあまりしないですね。コナンがベルモットにとっての味方ということは言えると思いますが。客観的に見ると、いいやつに見えることもあれば、そうじゃないときもある。ベルモットは敵なのか?味方なのか?も難しいかもしれません。この2人の関係について非常に気になるのはバーボンがベルモットのある秘密を知っているということです。その描写の詳細は「http://www.fuoriclasse2.com/cgi-bin/read.cgi?2014-06-04225058」から引用させていただきます。

 

ベルモット「アハハハハハ!!だから言ったじゃない!あの赤井が生きてるわけないって…」

安室「ええ…、僕の取り越し苦労でした…」

ベルモット「もうこういうのは無しにしてよね?」

安室「はい。でもまた何かあったら力を貸してくださいよ…。なにしろ僕はあなたの秘密を握っている数少ない人物の一人…組織のメンバーが知ったら驚くでしょうね…まさかあなたがボスの…」

安室に銃口を向けるベルモット

ベルモット「それ以上喋るとフロントガラスに貴方の脳ミソぶちまけるわよ」

安室「それは止めた方がいい…後始末が大変ですから…」

ベルモット「問題はないわ…これ、私の車じゃないし…」

安室「僕の脳の事じゃない…。前に言いましたよね?
僕の消息が絶たれた場合、あなたの秘密は組織内にリークされる手筈になっていると…」

ベルモット「ああ…、そうだったわね…」

安室「ご心配なく。あなたの秘密は厳重に保管してありますから、抜かりはありませんよ」

ベルモット「抜かりないって…。貴方に取り付けた盗聴機で聞いていたけど…貴方、FBIの連中に喧嘩ふっかけてかなり疑われてなかった?」

安室「いくら疑われても証拠がない限り僕には手を出せない…。想定内の事ですよ」

 

ここで言われている安室が握っているベルモットの秘密とは何なのか?それ自体も気になりますけど、何よりも気になるのはその秘密を安室がなぜ知ったか?です。この口調だと、組織の主要メンバーはその秘密を知らない。しかし、ただのスパイとして組織にもぐりこんでいる安室が知っているというのは、この安室透、バーボンとベルモットの関係が非常に気になるところです。ベルモットの秘密っていうのが、結局ベルモットやバーボンの正体と関係あるのか?分かりませんが、安室のこの言い方だと、そのベルモットの秘密を知っているのは、どうやら組織の中にも何人かはいるみたい。そして、安室が消息を絶てばそれがばらされる。その秘密はベルモットにとって非常に都合が悪いものなのでしょう。しかも、「まさかあなたがボスの・・・」に続く部分になるわけですから。ネット上でも「まさかあなたがボスの・・・」の後にどう続くのか?推理している人間が多くいますね。私はかねてからベルモットが組織のボスじゃないか?と疑っていたので、「まさかあなたがボスの影武者だとは」みたいな感じで続くのかな?と個人的に推理しましたが、同じような推理をしている人が他にもいました。

 

ベルモットにとって、組織の中にバレると非常にまずい事実でありながら、なぜそれを安室が知っているのか?彼は警視庁の公安の警察官とまでは分かっているものの、もはや公安の人間とは思えないですね。過去に何かあったんでしょう。ベルモットや組織と安室をつなげる何かが。それが最新の映画でも描かれているのかな?私はまだ見てないんで分からないですが。あと、これは直接ベルモットとバーボンの関係や正体にはつながらないかもしれませんが、組織のボスに関して1つすごい気になることがあります。それは呼び方です。ジンやウォッカ、キャンティなどはボスのことを「あの方」と呼んでいますが、ベルモットとバーボンだけかな?は「ボス」と呼んでいます。この呼び方の違いって何なのか?っていうと、私なりの推理ではベルモットとバーボンはボスの正体を知っている。一方、ジン、ウォッカ、キャンティはボスの正体を知らない。会ったことがないのではないか?と思います。つまり、そもそもボス(組織の総大将)であるという認識がないから「あの方」なのか?いろいろ気になりますね。逆にそれが本当にそうならば、ベルモット=ボスの影武者説もあながち間違いでもないような気がしてきますが。

 

そして、最後にベルモットはいいやつなのか?味方なのか?については、コナンにとっては敵でしょうね。ただ、コナンに対しては危害を加える様子はまるでない。むしろ、組織からの攻撃に対して制止する一幕もある。灰原哀に対してはかなりの憎しみを抱いているようだし、殺しても構わないという姿勢みたいだから、かなり冷徹な一面も持っていると言えるでしょう。そのベルモットとつるんでいるバーボンもベルツリー急行の回では灰原哀を捕まえるために、ベルモットの手下として働いている。バーボン自体は灰原を殺すつもりはないだろうが、ベルモットはそういう目的のうえでバーボンに捕らえさせようとしているので、バーボンにもそれは感づいているだろうし、灰原が殺されても構わないという思いもあるのでしょうか。バーボン、安室透はどっちかいっていうと味方という感じで最近は話が進んでいるが、正直この安室という人間もなかなか読めないですよ。バーボンは組織の中心人物であるベルモットとの関係もかなり親密ですし、それはバーボン自身がベルモットに対して敵対心を持っていないから、スパイとして潜入している中で利用できる人物だと踏んでいるからでしょうか。ベルモット自身もバーボンがスパイだということは知っているし、ジンがバーボンを疑い始めたことについて、バーボンに対して忠告の意味でいちいち連絡してきてるし、ベルモットにとってもバーボンは貴重な存在だということがなんとなく描かれていますね。バーボンとベルモットの正体や秘密には何かあるでしょう。まだ描かれていない秘密が何か隠されていると思います。最後に1つだけ指摘しておきたいのが、これを気になっているのは他にもいるかもしれませんけど、ベルモットとバーボンの髪の毛の色がほとんど同じですね。これは偶然なのか?何か関係性を示す1つの手がかりになるのか?気になります。

 

 

名探偵コナン 純黒の悪夢 (小学館ジュニア文庫)

名探偵コナン 純黒の悪夢 (小学館ジュニア文庫)

 

 

あわせて読みたい記事