読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

国家総合職の人事院面接の対策ではよく聞かれること、頻出の質問で評価されることが大切

【スポンサードリンク】

国家公務員の人事院面接の対策は大変だと思います。国家総合職に関しては面接の難易度がとても高いと思いますから。国家総合職などは筆記試験の時点である程度順位が決まっており、面接試験で逆転するのは難しいとされていますが、逆転されるのは意外と簡単と思った方が良いでしょう。自分が誰かを逆転するのはなかなか厳しいと思います。それは失敗する人が少ないからです。だから、たいていの人はそれなりの面接試験を行って結果を出します。だから、わずかにいる失敗した人を抜かすことは可能でも、失敗した人は少ないので、順位はほとんど変わらないでしょう。しかし、自分が失敗した場合、下位にいるそこそこできた人たちに簡単に逆転されてしまうのです。そこそこできる人の方が多いでしょうから。だから、国家総合職の面接試験は油断できないのです。では、国家総合職の面接試験においては、どういった対策をすれば良いのでしょうか?国家総合職の面接対策は挙げたらキリがありません。やるべきことはたくさんあるからです。そこで、1つだけ言っておきたいと思います。

 

それは国家総合職は他の公務員試験と比べて、ある程度大学での実績が要求されるということです。実績というのは、学歴や大学名そのものである場合もあります。現実的に高学歴の人間の方が国家総合職は合格率が高いというデータがあります。これも高学歴だから有利になっているのか?優れた人間がたまたま高学歴だったのか?の区別は完璧につかないものの、有名大学出身であった方が良いのは間違いないでしょう。だからこそ、国家総合職は東京大学法学部が1番実績があるわけですよね。東大の文系学部の中で1番優秀とされている法学部です。国家総合職の場合には東大、京大などの旧帝大早慶上智くらいまででかなりの合格者の割合になっていると思います。でも、学歴がすごくないからといって、別に諦める必要はないです。別に学歴のみで決まるわけではないので。学歴があればその点において有利になる可能性もあるというだけですから。国家総合職の面接対策では、学歴自体はどうしようもないのですが、意外と大学時代のことに関して質問がされます。それは国家総合職に合格し、国家公務員として働いた場合を想定したうえでの質問です。

 

国家総合職の二次試験や面接でよく聞かれるのが「大学時代に学んだことを入庁後にどうやって生かすか?」というものです。これは他の試験種で聞かれる可能性は持っているものの、国家総合職や国家一般職の面接では割と頻出の質問です。したがって、きちんと対策をしておかないといけないでしょう。しかも、結構レベルの高い回答が要求される可能性もあります。漠然としたものではなくて。大学時代にそれぞれの学部で専門的なものを学んできたはずです。それはある程度は国家公務員としての業務において関連のあるものも含まれていると思います。それをどう結びつけるか?が大切です。そのためには、そもそも自分が志望する官庁の仕事内容をきちんと理解しておく必要があるでしょう。これは国家公務員全般ではなく、志望官庁で良いと思いますよ。そちらの方が具体的に話せるでしょうから。自分が大学時代に勉強してきたこと、かなり広い範囲に渡っているかもしれませんが、その中で1つをピックアップして、志望官庁での業務に関連があるものを見出して、こういうときにこういう風に役に立つと、できるだけ具体的に話せると良いでしょう。しかし、法学部や経済学部は良いかもしれませんが、文学部や情報系の学部とかは少々苦労するかもしれません。あとは理系です。

 

国家総合職の面接対策でよく聞かれる質問としてはこれが挙がると思いますけど、対策の仕方が難しい場合もあります。これは質問の仕方によっては勉強に限らないケースもあるので、そちらの回答も考えておくと良いかもしれません。そして、当日この質問をされたら、面接官の話しぶりをよく注意して、勉強について聞いているのか?それとも大学生活の全般で良いのか?をよく見極めましょう。文学部などの学生は、正直言って、関連させられるものがあまりない気もしてきますが、勉強以外のことや学んだ内容そのものでない場合(学ぶ姿勢など)には、関連させられることもできるでしょう。その辺は難しいですけど、いろいろなパターンに対応できるように回答を考えていくと良いと思います。この質問は国家総合職の面接では割と頻出な質問なので、事前にきちんと対策をしておくと良いと思います。聞かれるか?どうかは分かりませんけど、聞かれてもおかしくないでしょうし、国家総合職で聞かれなくても、併願している別の試験種で、特に国家一般職などでも聞かれる可能性もあります。あとは国家総合職の人事院面接では聞かれなくても、官庁訪問のときに聞かれるかもしれないですね。国家総合職の人事院面接の対策はやってもやってもキリがないとは思いますが、いろいろな頻出の質問への対応もしっかりしておきましょう。国家総合職の人事院面接で評価されるためには、よく聞かれることに対して多く対応していかないといけません。面接官を納得させるような、安心感を与えるような、回答をいかにできるか?がポイントですけど。国家総合職の人事院面接の対策では、いろいろな点に気を配っていかないといけませんが、面接対策1つで逆転されかねないので、気は抜けません。筆記試験のウェイトが高いとはいえ、国家総合職はそこまで面接試験の配点が高くないとはいえ、簡単に抜かされてしまいかねませんから。国家総合職の人事院面接に受かるには、よく聞かれることや頻出の質問への対策も合わせて時間をかけていくこと。あとは面接そのものの練習を積むことが必要でしょう。

 

 

公務員試験 現職採点官が教える! 合格面接術 2017年度

公務員試験 現職採点官が教える! 合格面接術 2017年度

 

 

あわせて読みたい記事