読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

2016年の凱旋門賞で日本の出走予定馬は?ドゥラメンテ、マカヒキ、サトノダイヤモンドは勝てるか?

【スポンサードリンク】

2016年のフランス凱旋門賞は、シャンティ競馬場で行われるということで、いつものロンシャンではありません。しかし、今年も精鋭の日本馬が何頭か挑戦するのではないか?とされています。2016年の凱旋門賞の日本の出走馬はまだ確定していません。去年は有力馬の1頭だった二冠馬ドゥラメンテが骨折をしてしまい、凱旋門賞出走が夢となってしまいましたので、4歳となった今年は期待が大きいです。できれば、3歳で見たかったですけどね。斤量が56キロで出られる3歳の方がやはり有利と言われていますから。2016年の凱旋門賞はこのドゥラメンテ以外にも出走を予定している馬が何頭かいます。とりあえず現時点で11頭が登録しているようですが、本番で出るのはもっと少ないでしょう。ドゥラメンテ以外では、マカヒキ、サトノダイヤモンド、ヴァンキッシュラン、皐月賞を買ったディーマジェスティあたりの3歳牡馬勢です。今年の3歳クラシック戦線を賑わしている馬たちがやれるのか?そもそも出走するのか?というのも分かりませんが、このあたりも期待は大きいです。11頭の顔ぶれを見て、とりあえず1番有力なのはドゥラメンテでしょうか。

 

3月のドバイシーマクラシックでは、凱旋門賞でも再戦が期待される、勝ち馬のポストポンドに二馬身を先着されました。ポストポンドは現在の世界の競馬の中でも最上位と言っても良い馬でしょう。その馬に勝てなかったわけですが、レーク前に落鉄をしていたということもあり、シャンティ競馬場で今度は勝ちきれるか?どうか見ものです。ドゥラメンテ以外だと、出走するか?どうかは未定な馬も多いと思いますけど、マカヒキは個人的には注目です。脚質的に凱旋門賞はどうなんだ?という気もしますけど、一発ある馬な気がします。騎手が誰になるのか?という点も注目ですし、あとは出走頭数が何頭になるか?というのも大きく関係するでしょうね。マカヒキの場合には、恐らく最後方に近い位置取りからのレースになると思うので、20頭フルゲートだと届く気がしません。それこそ2014年のハープスターのような競馬になりかねない。かといってインコースを突いて馬群を抜け出すような競馬は厳しい気がします。

 

そうなると、マカヒキはいつも通りの後方待機からの直線に賭ける競馬しかないような気もしますが、それで勝てるときというのは出走頭数がかなり限られたときですね。ディープインパクトが出たときには8頭でしたけど、そこまで少ないというのは考えづらいですし、15頭以下くらいならばチャンスはあるかもしれないです。でも、マカヒキが凱旋門賞を勝てるか?というと厳しい気もするし、もっと器用な競馬をしないと。という気もしてくるのです。もう1頭の有力馬であるサトノダイヤモンドはどうか?というと、これに関しては中団からの競馬になるのではないか?という予想ができますが、実力が微妙なところなんですよね。皐月賞では不利を受けて失速し、また巻き返したが3着ということで、瞬発力はあるが、あのポストポンドに勝てる気が今のところはしないのです。日本で完勝したレースはやはり相手がそこまで強くなかったということもありますし、皐月賞では一気に他馬のレベルが上がって、いつもの直線の末脚は見られなかった印象で、この状態だとなんとか掲示板くらいまでかな?という気がしています。

 

フランスの馬場に合うか?という問題もありますけど、マカヒキも凱旋門賞を勝てるか?というと疑問ですけど、サトノダイヤモンドに関しても凱旋門賞は厳しい気はします。そして、皐月賞を勝ったディーマジェスティーですね。これも日本ダービーの結果次第では、凱旋門賞に行く可能性があります。皐月賞はリオンディーズが1000m58秒4のハイペースで逃げたため、展開にも恵まれたという見方もできるかもしれませんが、それにしてもあの末脚は凄かったです。特に前にいたのがリオンディーズ、エアスピネル、サトノダイヤモンドなどの有力馬ばかりだっただけに、価値ある一勝でしょう。一緒に追い込んできたマカヒキにも引けをとらない追い込みでしたからね。共同通信杯でも強い競馬をしていますし、皐月賞の勝利はフロックという感じはしませんが、ダービーがどうなるか?は分かりません。今度はそんなにハイペースにはならない気がしますし、展開がディーマジェスティーに向くか?どうかも分かりませんから。ただ、騎手が蛯名正義ということと厩舎が二ノ宮厩舎ということで、エルコンドルパサーのときのリベンジを狙っているという報道もありますし、オーナーがどう判断するか?は分かりませんが、挑戦する可能性もあるかもしれません。

 

ディーマジェスティーの場合には凱旋門賞を勝てるか?以前に、挑戦するか?どうかの方がまだ分かりません。それにディーマジェスティーの能力もまだ半信半疑です。2016年の凱旋門賞の出走馬のうち日本馬は恐らくこういったところが有力になると思います。11頭いますけど、直前に回避する馬や帯同馬として連れて行く可能性もありますから。ドゥラメンテは恐らく凱旋門賞に行くでしょうし、あと1頭くらい行ってくれれば盛り上がりますね。できればある程度前で競馬ができる馬が良いが、この中だとサトノダイヤモンドかな?ディーマジェスティーとマカヒキはある程度後ろからいく競馬をするでしょうから、今までのパターンだと厳しいかな?と思わないでもない。サトノダイヤモンドも中団やや後ろって感じのポジションだが、多頭数になったり、枠順次第では後ろから行くことを余儀なくされそう。ドゥラメンテも恐らく同じような位置取りになると思うが、ポストポンドをマークする形でいくと思うので、他にこれといって有力馬がいないならばそれでも勝負になるかもしれない。先行できる馬で凱旋門賞に挑む馬が例年ほとんどいないため、そこも日本馬が勝てない理由の1つかな?という気もします。ヨーロッパの競馬はスローになりやすいので、先行する馬がどうしても有利な展開になりやすいのです。最近だったら、全盛期のジェンティルドンナをロンシャンの舞台で見たかったが。

 

 

凱旋門賞に挑んだ日本の名馬たち 誰も書かなかった名勝負の舞台裏

凱旋門賞に挑んだ日本の名馬たち 誰も書かなかった名勝負の舞台裏