読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

公務員試験の面接で併願先の状況や合否結果を質問する意図や理由が不明すぎる件

公務員試験
【スポンサードリンク】

公務員試験の面接で併願先の状況と合否結果を聞かれることがあると思うのですが、これって何気ない質問で、定番にもなっていると思いますけど、よくよく考えたら何のために聞くのが意味がよく分からないですね。面接で聞くってことは合否の点数に少なからず影響をしてくるという話であって、面接官の中ではある意味正解があるということなのでしょうか?民間企業を受ける場合でも併願状況やその結果を聞くこともあるので、それと同じようなものかもしれませんが。公務員試験の面接で併願先や合否結果を聞く意味があるとすれば、どこを併願しているか?を聞くことによって、一貫性があるか?どうかを見極めたいからでしょうか?すなわち、この人は受かればどこでも良いんじゃないか?という人を排除したいのか?という思惑もあるかもしれないが、そんなものは見極められないだろうと思う。民間企業でよく言われるのは、業界に一貫性がないようなケースで、この場合にはあまりよくないとされているが、何がよくないのか?私にはよく分からない。そもそもこの人は業界に一貫性がないだけであって、別に一貫性がないということにならないからだ。

 

例えば、アットホームな雰囲気の企業が働きやすいと自分は感じているから、会社説明会に出席して、そういった感触を得られたところを受けているという人もいるかもしれない。その結果、業界は当然バラバラになっても不思議じゃないわけだ。この人は社風というところを基準にして、一貫性があるわけだから、別にどこでも良いというスタンスではないはず。そうなれば、公務員試験の面接で併願先や合否結果を聞いたところで、一貫性なんか見出せないだろう。例えば、事務職の公務員や警察官、消防士を受けていたりする人や国家公務員と地方公務員を受けている人など、一見すると一貫性がないようにも思える人の中にも、その人なりの基準が存在したりして、一貫性がある場合も多々あると思いますから。そうなると、益々この質問をする意図が分からない。ネット上で調べてみると、公務員試験の面接で併願先の状況を聞かれて、嘘をついたり、正直に答えたりしている人がいるみたいだが、どっちを答えても受かっている人はいるみたいなので、正直に答えても、嘘をついても良いということになります。

 

少なくとも、公務員試験の面接で併願先や合否結果の質問は数ある質問の中のたった1つでしかないので、合格した、していないという結果から、嘘をついた方が良いのか?正直に言った方が良いのか?の判断はできません。公務員試験の面接で併願先の状況を正直に答えても、嘘をついても、どっちもリスクはあるとしか言えないのです。あと、合否結果を聞かれるケースもありますよね。つまり、どこを併願しているか?聞いて、さらに受かったか?落ちたか?まだ結果が出ていないか?ということを聞いてくるケースもあると思うのですが、これもはっきり言って何を参考にしたいのか?がよく分からないのです。中には「他がいらないと判断したような受験生を欲しがるわけないだろ」という意見があるみたいだが、これはおかしいと思うのですよ。なぜなら、そもそも他の試験種の判断をなぜ踏襲するのならば、なぜ今受けている自治体や試験種で独自の採用試験をやっているのか?ということです。だったら、センター試験みたいな感じで、試験を1回だけ受けて、それを全部の試験種で共有すれば良いじゃないか?と。

 

仮にもし本当に面接官が「他がいらないといった受験生をとらない」というつもりで、この質問をしているのならば、その自治体、試験種で独自に筆記試験、面接試験をやる意味が分からないのです。あと、そもそも面接は面接官とのフィーリングが大きいのだから、他がいらないといった受験生が、ここでいらないと思えるか?どうかは分からないってことです。当然、1つの試験種において、筆記試験も面接試験も一発勝負だから。上手くいかないとき、失敗するときがあるでしょう。その失敗を真に受けて、判断材料にするような公務員試験の面接官がいたらおしまいだよこの国は。例えば、大学受験で言えば、5つの大学を受けようとして、最初の3つで不合格だった。じゃあ、残り2つも自動的に不合格にされるようなものだ。明らかにおかしいだろう。その自治体の受験生はその自治体の面接官が自らの目で判断すべき事柄で、何で他の試験種の面接官の見る目を優先するのかも分からないし、そんなことはあってはいけないないだろう。

 

そもそも「いらないと判断した」という見方がそもそも違うと思うのです。いらないと判断された結果落ちたわけじゃないです。筆記試験も面接試験も試験の出来栄えに値する点数をつけただけの話であって、その合計点が上位に入れなかったから落ちただけの話なんです。いらないと思われたわけじゃない。そして、筆記試験は特にそうだが、試験種によって難易度が結構違うわけだから、落ちやすいところと受かりやすいところがあるはずで、それらを一食丹に考えるのも違うと思うし、現時点で面接を受けているってことは、筆記試験は通っているわけだから、筆記試験も通らない奴なんて見方をする必要もないわけだ。さらに公務員試験の面接での併願状況で1つしか受けていないと答えると、危機管理能力がないとか、ニートになったどうするんだ?と思われるという意見もあるみたいだが、これに関してはそれを肯定してしまうと、つまり興味のないところでももっと受けろという主張と同義になるわけだから、大して働きたくもない自治体や試験種を受けろということになってしまい、そういう気持ちを同じく公務員である面接官が持っているとは考えにくい。公務員試験の併願先や併願状況で1つまたは少数しか受けていない人に対して、危機管理能力がないと否定するってことは、=もっと受けろって言っているようなものだから、その人が興味があるのがそれだけしかないのに、もっと受けろってことは、興味のないところも受けろ=興味のないところを受けて、興味のないところに採用されたら、働くうえでモチベーションもやる気もない公務員が生まれても良いという意思表示にも見える。働かないといけない受験生側からすると、それが一概に悪いとも言えないけど、公務員を採用する側の人間が、こういう行動を肯定するとは考えづらい。興味のないところでも受けろってことは、もちろん結果採用されるかもしれないわけだから、志望動機も言えない人間の採用を肯定するようなものだから。

 

そういった理由で、こういう意図で合否結果を聞いているのではないと、個人的には推測します。合否結果に関しては、全部受かっていると言うと、他に行ってしまう可能性が高いわけだから、面接官としては受かってもうちにきてくれないかな?と思って低い点数をつけるかもしれない。逆に全部落ちているというと、一見無能さを晒すようにも見えるかもしれないが、この人を受からせればうちに絶対に来てくれそうと思うかもしれないから、高い点数がもらえるかもしれない。いろいろな可能性がある。でも、そもそも内定を出した人の中で蹴る人が出てくるのは予想したうえで、大目に最終合格者を出すから、合格をした場合に蹴られる可能性なんかを考慮する必要性がそもそもないんじゃ?と思えてくる。益々、この質問をする意図が分からん。公務員試験の面接試験の数多くの質問は意図は正確には分からないので、どうしようもないです。公務員試験の面接で併願状況を聞かれたら答え方としては嘘をつくても、正直に答えるでも、合格可能性はあまり変わらないかもしれない。しかし、公務員試験の面接で併願先や合否結果で嘘をつくか?正直に答えるか?によって、その後の追加質問の内容が変わるはず。つまり、追加質問を予想して、より説得力のある回答ができそうな方を優先するというのが、1つのポイントになるかもしれない。公務員試験の面接で併願状況の質問は定番だが、答え方が難しいので、多くの受験生を悩ませるのでしょう。

 

 

直前マスター! 公務員試験面接必勝法 (スーパー勉強法)

直前マスター! 公務員試験面接必勝法 (スーパー勉強法)

 

 

あわせて読みたい記事