就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

慶應義塾大学の偏差値や難易度で入りやすい学部はSFC?英語や数学が特に得意ならば

【スポンサードリンク】

慶應義塾大学を目指す受験生にとっては、どの学部が入りやすいのか?は1つ気になると思います。慶應に関していえば、どの学部も概ね偏差値は60台中盤くらいです。慶應義塾大学は非常にレベルが高いです。大学の評判がいいですし、ブランド力も絶大なので、学部にこだわらないでどこでも良いから入りたいと思う人も多いのでしょう。どの学部であっても慶應義塾大学の評判は良いですし、難易度も高いので誇れる存在だと思います。どれも難しいと言ってしまえばそれまでですが、中でも特に穴場のような存在で、慶応義塾大学で受かりやすい学部と言われているのはSFCです。慶應義塾大学の偏差値においても確かに少しは低いです。少しばかりですけど。SFCというのは、学部の名前ではなく、キャンパスの所在地になりますが、総称としてこういう言い方がされています。これは主に環境情報学部と総合政策学部を言っているのですが、この2つの学部は早慶の中でも偏差値がやや落ちます。多少レベルですけどね。慶應義塾大学の偏差値の平均からすると、平均より下回るので、狙い目とは言えると思いますが、それでも簡単に受かるというのは間違いなので、そこは覚えておいてほしいですけど、ここは英語または数学に長けている受験生ならば、十分狙い目と言えるでしょう。慶應義塾大学では簡単な学部はありません。相対的に入りやすい学部があるということです。特に理系の人の場合には早慶理工学部を狙うよりは、慶應のSFCのどちらか、または両方を狙った方が良い場合もあります。数学さえできれば受かる可能性が高いわけですから。

 

慶應義塾大学理工学部は英語、数学、理科などの科目になると思いますが、SFCは小論文を入れて2科目、除くと1科目受験ができるので、理系の受験科目の中で特に数学が得意な人ならば、かなり可能性はありそうです。1科目だけなら偏差値が飛びぬけて高いって人もいますからね。理系の受験科目の中で数学だけ偏差値が65~70程度あれば、SFCの環境情報学部か、総合政策学部に受かる可能性があります。あと、SFCは英語だけの受験も可能で、その際にも小論文と英語だけになりますから、事実上1科目入試に近いのかもしれません。そうなると、文系の人間でも英語さえできればこれは一気に慶應に受かる難易度が下がるというか、可能性が上がります。だから、慶應に逆転合格している人の多くはSFCになると思うのです。文学部、法学部、経済学部、商学部あたりは英語と社会科と小論文になるので、社会科の勉強が大変なのです。英語だけできる人は珍しいかもしれませんが、いることはいますよ。帰国子女の人とかは特に。こういった人たちは英語ができて、他の科目が苦手というパターンが割とあるので、そういう人は帰国子女枠のような形で受験するのもありですが、慶應のSFCを狙ってみるのも良いかもしれません。でも、小論文ができないといけませんが。帰国子女でも、そうじゃなくても英語が高いレベルにありさえすれば、他の科目は関係なく受けられるので、併願先の受験のために他の科目をやりつつも、英語を中心にやっていければ、慶應のSFCはなんとか受かる可能性は高くなるのではないでしょうか?

 

ただ、慶應のSFCは難易度は高いです。慶應のSFCは偏差値でいえばやや劣るものの、科目数が少ないだけに特に英語が難しいと言われていますね。慶應義塾大学の偏差値からすると文学部、法学部、経済学部、商学部あたりよりは多少下がりますけど、英語のレベルで言えば、慶應義塾大学の中でも屈指と言える可能性があります。個人的には慶應義塾大学の法学部の英語は相当なレベルだなと感じていますが、慶應義塾大学環境情報学部と総合政策学部の英語もレベルは高い。レベルの高さのベクトルがちょっと違うかもしれませんが。多分、人によって向き、不向きがあると思うので、1度赤本を買ってやってみると、自分にとって慶應義塾大学のSFCのレベルがよく分かると思います。慶應義塾大学環境情報学部と総合政策学部の過去問で英語のレベルや傾向を分析してみてほしいです。慶應の英語はどの学部も難しいものの、特に慶應義塾大学法学部と慶應義塾大学のSFCの英語の難易度は高い。だからこそ、英語が無茶無茶得意ならば、太刀打ちできるんですよ。これらの学部は、英語が得意な人も受けてきますが、そうじゃない人も受けてきますから。是が非でも慶應に入りたいという人は、特にSFCの2つの学部は狙い目なので、受けに来る人は多くいます。穴場というのは間違いないかもしれないが、だからといって英語が大して得意じゃない人が受かるのは難しいかな?という印象なのです。慶應義塾大学の中では確かに入りやすい学部ということは言えるかと思いますが、英語がかなり得意な人とそれなりの人であれば、科目数が少ない分、その差が結果に如実に出るはずです。そこはまず理解しておかないといけないでしょう。

 

そういう意味では慶應のSFCは誰にとっても向いている学部ではないが、向いている人にとっては、他の学部よりもやはり確率が上がります。慶應義塾大学では受かりやすい学部の1つにはなるが、英語ができる前提です。理系の人ならば数学でも良いでしょう。そういった人に限定した慶應義塾大学の入りやすい学部なので、ちょっとややこしいですが、慶應義塾大学の偏差値というよりは受験科目を見て、判断をしたということになります。SFC慶應義塾大学でも評判は良いと思います。文学部、法学部、経済学部、商学部あたりも慶應義塾大学では評判は良いですけど、SFCもキャンパスがちょっと都心から離れていること以外は、割と評判が良いと思うので、人気の学部の1つと言えそうです。芸能人が慶應義塾大学に入学する場合には環境情報学部か総合政策学部が多いので。英語が大の得意ならば小論文さえやっておけば、受かる確率が高いと言えるかもしれませんから、覚えておきましょう。でも、併願をするのであれば、他の大学の受験科目もやらないといけませんけどね。現実問題としてはそこが存在するんです。慶應しか受けないんだったら、少なくとも国語は完全に無視でも良いかもしれないが、慶應しか受けない人は、慶應受験生の中では少数派でしょう。早稲田もそうですけど、滑り止めでマーチとかも受ける人も多いですし、国公立大学を受ける人もいるかもしれません。だから、慶應は事実上2科目で良いから楽とか言われることもありますが、いやいや、楽ではないと思いますよ。別の大学を併願するのであれば、結局国語もやらないといけない状況になりますから。慶應で使う科目が2科目なのであって、慶應の受験生は2科目しかやらなくて良いというわけではないですからね。慶應の受験生は多くが結局3科目やっているでしょう。だから、そこが慶應義塾大学の難易度で勘違いをするケースですね。2科目だから楽ジャン!というのは必ずしも正しくないのです。慶應義塾大学は偏差値が高く出やすいということも言われますが、それも必ずしも適当じゃない気がします。

 

慶應義塾大学の偏差値の出し方が2科目が使われているというだけであり、慶應の受験生は2科目しかやっていないから、3科目やっている人よりも1科目に充てられる時間が長くなるので、偏差値が高くなりやすいというのは現実的にはあまり適合していない気がしますね。慶應の受験生も併願のために、結局3科目やっているはずですから、別に1科目あたりかけられる時間が増えているわけではないのです。そして、そもそも2科目の方が3科目よりも偏差値が高く出やすいというのは単なる妄想だと思います。実際、センター利用とかで2科目よりも3科目の方がボーダーラインが高いケースがあるわけですよ。個別入試の偏差値も同様で、青学の経済学部と経営学部のA方式(3科目)は偏差値60なのに、B方式(英語は外部試験を採用する2科目)は57.5となっていたりしますし、2科目の方が偏差値が低くなっているケースが実際にあるわけで、そもそも3科目よりも2科目の方が偏差値が出やすい仕組みにはなっていないと思います。

 

慶應に関して言えば多くの学部で社会科では政治経済が使えません。政治経済は日本史、世界史と比べて範囲が狭いため、勉強に時間がかかりづらいので、他の科目に時間を使うことがしやすいですから、全体の偏差値を底上げしやすいわけですが、慶應はその政治経済が選べないため、それだけ偏差値が高く出づらいです。また、2科目なので、2科目が得意な人が受けに来るはずだという認識もあるかもしれませんが、それは3科目と比べた時の話ですよね。つまり、英語と社会科の2科目が特に得意な人は慶應を受けるはずだという認識が正しいならば、英語と社会科の2科目よりも英語、国語、社会科の3科目の方が偏差値が高い人は早稲田を受けるはずだという認識も成り立ちます。つまり、2科目が得意な人が慶應を受験するから慶應の偏差値は上がりやすいという主張をするならば、同じ理屈で(2科目と比べて)3科目が得意な人は早稲田などを受験するから、そういった大学は偏差値が(2科目のときと比べて)上がりやすいと言っているのと同じなのです。逆の見方をすれば2科目よりも3科目に秀でている人もいるわけですからね。状況は変わらないのです。最後に言っておくと、慶應義塾大学の受験生は英語、社会科、小論文の勉強をしないといけません。そして、併願のために国語もやっているならば、通常の3科目プラス小論文の勉強もしていることになり、慶應を受けない受験生と比べて、(小論文の分だけ)余計に勉強量が増え、他の科目に使える時間は少なくなるので、さっきの政治経済を受けられないという話と同じですが、慶應義塾大学の偏差値に関しては、(慶應以外の大学)よりも偏差値が上がりづらいと言える根拠すら存在するわけです。つまり、慶應義塾大学の偏差値は2科目だから上がりやすいというのは、単なる思い込みです。

 

話は逸れましたが、慶應義塾大学で受かりやすい学部は文学部という声もあります。文学部は法学部、経済学部と比べると偏差値が少し下がりますし、受験科目の難易度も少し下がると思われます。英語は難しいみたいですが、他の学部と比べたら問題のレベルが下がるかもしれない、かつ偏差値も少し低いとなれば、慶應義塾大学の入りやすい学部の候補では文学部も一応頭に入れておきましょう。こちらはSFCと違って、社会科が入ります。英語の難易度は正直、SFCよりは落ちると思いますけど、社会科が入るので、1科目余計にやらないといけない。しかも、慶應義塾大学の場合にはそのレベルがとても高いとなれば、慶應義塾大学文学部は入りやすい学部の1つではあるが、入りやすさのベクトルがSFCとは違うということです。慶應義塾大学は難易度はどの学部も高いですけど、英語と社会科が一定レベル以上ならば文学部、英語だけ、または数学だけが得意ならばSFCの環境情報学部と総合政策学部にが慶應義塾大学で受かりやすい学部になるのではないでしょうか?ただし、慶應は小論文もあるので、どこを受けるにしろ、そのための対策も必ずやっていかないといけません。

 

慶應義塾大学(文学部) (2018年版大学入試シリーズ)

慶應義塾大学(文学部) (2018年版大学入試シリーズ)

 
慶應義塾大学(環境情報学部) (2018年版大学入試シリーズ)

慶應義塾大学(環境情報学部) (2018年版大学入試シリーズ)

 
慶應義塾大学(総合政策学部) (2018年版大学入試シリーズ)

慶應義塾大学(総合政策学部) (2018年版大学入試シリーズ)

 

 

 

あわせて読みたい記事