就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

学校で髪の毛を染めてはいけない理由、染髪が禁止の校則は正当か?

【スポンサードリンク】

小学校、中学校、高校までの学校で髪の毛を染めてはいけない、染髪を禁止している校則があるというのは、ぜんぜん珍しくないと思いますが、なぜこの校則は必要なのでしょうか?理由を想像すれば、世間の風潮に学校側が従っているという状況でしょうか。つまり、学校側が本当に髪の毛を染めている、茶髪や金髪は生徒はけしからん!と思っているか?どうかは分かりません。そういうのを禁止する校則が存在しても、学校側の真意は違うかもしれないのです。考えられるのは、世間の風潮に従わないと、学校が真逆の姿勢でいると、それが悪評にあり、学校の経営に問題が生じる可能性がある。だから、仕方なくそういう校則を作って守らせている。そういう可能性もあるかもしれません。しかし、髪の毛を染める=問題っていう見方が明らかな偏見であることは、誰でも想像がつくと思うんですけど、大学生以上になれば髪を染める人間は山ほどいるはずです。大の大人が髪を普通に染めているのに、子供たちが髪を染めるのを禁止しないといけない理由が見つかりません。よくあげられるのは、「風紀が乱れる」とか、そういう実体のない問題点です。風紀が乱れるってどういう状況なのか?も分からない理由で、染髪を禁止する校則を正当化できるわけがないと思うのですが。完全な妄想だと思います。

 

実際、学校がそういう校則を作って守らせているのが、仮に経営上の問題だとすると、偏見を経営上の問題として正当化するってことですよね。つまり、悪評が立っては新規入学者も減ってしまい、学校経営に影響が出る。だから、禁止なんだと。じゃあね、学校内でいじめがありました。自殺者が出ました。そんな事実が伝わってしまえば、それこそ悪評ですよね。学校経営にも影響があるはずです。じゃあ、このケースで学校経営のためにいじめの事実を隠蔽して良いですか?ダメでしょうね。多くは賛同しないはず。でも、何で髪の毛を染めるケースはOKで、いじめの場合はダメなのでしょうか?唯一とも正当化できそうな理由は、学校側には生徒を選ぶ権利があるから、その学校にとって相応しくない人物は入学を拒否できる(退学させられる)ということも言えます。法律の範囲内で自由に校則も作ることができる。つまり、学校が作った校則に納得いかない場合には、そもそも入学してくるな。という言い方ができなくはなさそうです。しかし、この論理にもある問題点がある。それは、じゃあ特定の学校が特定の人種の人間を相応しくないと言って、入学を認めなかったら、それは間違いなく人種差別だ!と悪評が立ちます。

 

人種を理由に学校に相応しくないと判断したら非難されるが、髪の毛の色を理由に相応しくないと判断することは許容されるのはなぜでしょうか?それは世間の風潮の違いでしょう。要するに、人種を理由に差別してはいけないと思っている人間は多いが、髪の毛の色を理由に差別しても良いと思っている人間も多いってことでしょう。だから、それぞれで結論が違う風潮ができやすいのです。実際、これっていじめとの問題にもかかわってくると思うのです。だってね、学校が校則で染髪をしている人間、髪の毛を茶色や金髪にしている人間を校則で禁止しても問題ないって感じになっているが、じゃあ生徒らの間で、特定の髪の毛の色を理由に、仲間はずれとかにしたら、こっちはいじめって言われると思います。やっていることは同じなのに、学校がやるとOK、生徒らがやるとダメって意味が分からないのです。世の中には、この問題について真剣に悩んでいる人もいて、実際に受験を前にして、元々生まれつき髪の毛が茶色の生徒が、教師や親と相談して黒に染めるべきか?と考え込んでいる人がいるみたいで、そういう相談が教えてgooにもありました。こういった世間の目がなければ、まずこういう被害者は生まれませんでした。他人に迷惑をかけるなという部分に異常にうるさいのが日本人なのに、日本人の多くによって作られた偏見によって、こういう人たちが迷惑をかけられているのを平気で見ているのが、結局日本人ってことですよね。

 

学校で生徒が髪の毛を茶髪や金髪などにすることで、実害もなければ、具体的に何か問題が発生するというのは想像しづらい。何も問題がないにもかかわらず、偏見が全てを台無しにしている。そういう日本という国に、日本人にうんざりしている人も多く見受けられますが、マイノリティに非寛容とか、同調圧力が厳しい国という批判は国内のみならず、海外からも聞こえますし、実際揶揄されていますよね。それはあるジョークで表されており、日本人を含めた、多くの国々の人たちが一堂に会した客船が難破し、沈みそうだと。そのときに助かるために全員船から飛び降りないといけない。しかし、どの国の人間も怖がって飛び降りてくれない。そこで船長は何と言って説得したか?それぞれの出身国によって説得の仕方を変えました。イギリス人には「ここで飛び降りるのが紳士です。早く飛び降りてください」と言うと飛び降りる。フランス人には「絶対に飛び込まないでくださいね?」と言うと飛び降りる。ドイツ人には「飛び降りるのがルールです」と言うと飛び降りる。さて、日本人には何て言ったでしょうか?もう想像できるかもしれません。

 

「ほら、みんな飛び降りているんだから、あなたも早く!」だそうです。これはジョークなんですが、海外から見た日本人っていうのは、同調圧力が高く、他の人と同じじゃないといけないと思っている。そういう姿に映っており、説得の仕方としても、他の人間を飛び込ませてから、1番最後に日本人に対して、他の人たちと同じ行動をするのがあなたたち日本人なんでしょ?ほら、みんな飛び降りているのだから、あなたも早くして!と、一部揶揄も含んでいそうな言い方で促されます。そういう風に見られているのですよ。日本人は。私は決してそういうタイプの日本人ではないが、日本人なら当然とも思われている、誰も疑わないこういう意識は、海外からしてみれば異質に感じる部分もあると。実際、染髪を禁止する校則が学校にあるという点に関しても、その理由が同調圧力ならば、海外の人たちは果たしてどう思っているんでしょうね?校則違反といってしまえば、話は簡単だが、校則違反を理由に染髪禁止を守らせるのが正当化されるならば、一般人の感覚からして、どんなにおかしいと感じる校則であっても、それが校則である限り守らないといけないとなります。文句なんか言えないのです。学校に関係ないものは持ってくるなとか言われるけど、1番関係ないのは制服ですよね。制服着ないと勉強できないわけじゃないじゃん。大人の事情に生徒らが振り回されている。学校にそもそも通わないといけない、勉強しないといけない理由も、結局は大人の都合により作られた社会によって振り回された結果だと思いますよ。

 

 

ヘンな校則

ヘンな校則