読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

特別区の面接での3分のプレゼンにおける強み(自己PR)と志望動機の考え方の例

公務員試験
【スポンサードリンク】

特別区の二次試験は人事院面接です。この人事院面接は2015年の採用試験から1回に変わり、面接カードの内容も変更になりました。そのため、過去の対策や情報があまり使えなくなってしまったのです。そのため、今の受験生は本当に特別区の面接対策は大変だろうなと思いつつも、特別区の面接に関する情報を集めていると、どうやら今の特別区人事院面接では3分間のプレゼンがあるらしい。プレゼントいってもそんな大々的なものではない。面接の中でプレゼンもやるというものですね。つまり、メインは面接です。特別区の二次試験では、その中の1つの面接カードの項目について、3分間のプレゼンテーションを課せられているのです。特別区のプレゼンの内容は「あなたの強みは何ですか。また、それを活かしてどのような仕事に挑戦したいか。志望動機も含めて具体的に話してください」というものになります。この項目は、従来の特別区の面接カードにはなかったものです。そして、これを3分間で話さないといけません。

 

以前も同じようなことはあったんですよ。1分間で話してっていうのがありました。それが3分間に増えたということになります。3分間って結構長いですよ。そうなると、構成や内容、話し方などを工夫して、面接官に良い印象をもたらしていかないといけないのでしょう。ここがとても難しいですね。だって、プレゼンが得意な人なんてそうはいないでしょう。面接自体もそうかもしれませんけど。大学のゼミとかでプレゼンに似たものをやっていた経験のある人もいるかもしれません。そういった経験が生きれば良いですけどね。プレゼンのやり方とか、話し方の部分は予備校とかで指導してもらうしかないと思いますが、内容に関してはいろいろと参考になる部分を話せるかもしれません。まず、強みを聞いているわけですね。強みって言い方をしていますが、基本的にはこれは「長所」ではなく、「自己PR」です。というのも、「それを生かして(ry」という文章がその後にあるからです。これがなければ、長所になると思いますが、特別の仕事に生かせる強みじゃないといけないならば、これは自己PRになると思います。そして、さらにそれには志望動機を入れないといけないとなれば、ちょっと厄介でしょう。

 

どういう風に構成をすれば良いのか?悩むかもしれません。しかし、私はこれは結構簡単だと思います。というのも、結局自己PRと志望動機を話せと言われているだけなのです。そして、自己PRと志望動機はとてもリンクさせやすい内容になります。自己PRと志望動機を両方同時に聞いてくる場合、その練り方は非常に簡単と言えると思います。それは自己PRがあるから特別区を志望するという流れにもっていきやすいからでし。簡単に述べると、自己PRをまず話します。それは特別区での公務員としての業務に関連のあるもの、特別区で実際に行い仕事内容において貢献が可能な能力、経験などです。それを自己PRとして話しますね。その後が志望動機です。というか、志望動機はそこからつなげるだけです。自分にはこういう自己PRがあるから、特別区を志望します。これで良いと思います。だって、特別区で公務員をやるのはボランティアじゃないわけです。ちゃんと給料をもらってやるんだから、面接官はどんな人が欲しいですか?ちゃんと公務員として仕事をしてくれる人ですよね。「~がしたいから特別区を志望しました」と「~という能力や経験があるため、〇〇において力になれるので特別区を志望しました」では、どちらが良い志望動機でしょうか?

 

前者はただの願望です。後者は特別区での仕事に自分が向いていることに対する証明です。前者のような志望動機は、多くが話しているものかもしれませんが、ただの願望を述べたに過ぎず、その人が特別区で役に立つか?どうかは分かりません。後者は自分が特別区において役に立てるという根拠を述べたものになるので、より役に立つ可能性が高そうに見えますよね。特別区で働きたいのはみんな一緒なんです。だからこそ、差がつく志望動機としては、特別区で働きたい気持ちを表現するのではなく、特別区で自分が役に立つからこそ、私が特別区で働く理由になるんだというものではないでしょうか?つまり、自己PRから志望動機につなげると、これが実現できるわけですね。採用側も仕事ができる人が欲しいわけですから、~をしたい、~の仕事にかかわりたいという志望動機では、その人が役に立つか?どうかは分からないので、「私には〇〇という自己PRがあります。そして、この〇〇という自己PRは特別区の〇〇の仕事において、貢献ができると思います。私は自分の〇〇という部分を生かして、特別区の住民の方々に奉仕をしていきたいので、特別区を志望しました」といった流れが1つ例としてありますね。

 

特別区人事院面接における3分間のプレゼンの対策としてはこういった部分を踏まえて考えていくと良いかな?と思います。特別区の面接は他にも考えていけない面接カードの項目や聞かれるかもしれない質問が多くあるでしょう。そういったときに以下の面接ハンドブックは参考になると思います。これは公務員試験での頻出な質問、よく聞かれる質問に加えてマイナーだが聞かれるかもしれない質問を載せており、合計想定質問が60個以上あります。たいていの面接対策本は、本当に頻出な質問しか載せておらず、10~20くらいでしょう。しかし、60個以上あれば、より多くの質問をカバーできるので、他の受験生が頻出のものしか対策しておらず、答えられなかった質問に自分が答えられたら、そこは差がつく部分となるでしょう。実際に聞かれる、聞かれないという確率は分かりませんけど、他の受験生が対策をしていない質問に対して対策ができれば、その時点で合格可能性にも差がつくと言えると思います。よかったら参考にしてみてください。

 

大卒程度公務員 面接対策ハンドブック 2017年度

大卒程度公務員 面接対策ハンドブック 2017年度

 

 

あわせて読みたい記事