就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

違法ではないが不適切?悪いのは舛添知事ではなく政治資金規正法の方では?

【スポンサードリンク】

舛添知事の政治資金の公私混同問題で会見を連日続けているが、事態を精査している弁護士の口から出たのは「不適切だが、違法ではない」という言葉です。政治資金規正法では、政治資金をどのように使って、どう申告するか?といった手続きに関する取り決めがされているが、何に使うか?という中身には言及しておらず、私的に使うことがいけないとは言えないという解釈になるらしいです。現行の法律がそうなっているのならば、そうでしょうね。という他ないです。だからこそ、弁護士という立場上もちろんだが、違法とは絶対にはいえない。しかし、個人的な感覚からこういう使い方はおかしいんじゃないか?ということで不適切と発言したのではないでしょうか?発言の真意は完全には図りかねるが、結論としては違法ではないので、舛添知事は(法律上)悪いことはしていない。ただ、彼のやったことに国民が怒っている。ただ、それだけだということですね。

 

私はこの問題はほとんど興味ないのでスルーしていた。政治資金を、税金をどのように使われるか?についてはあまり興味がない、結局、今回のお金が私的に使われなかったとしても、私たちのために使われたとは思えないから。ほとんど他人事のように見ています。都民でもないというのもあるが。結局、何が悪いか?って言ったら、政治資金規正法が悪いって話であって、少なくとも舛添知事を責めるのは筋違いな気がする。彼は違法行為を行っていないわけで、彼の行った行為の性質に納得しない人がいるというだけ。つまり、ナンだろうな?タバコを吸うのは合法だけど、それに文句を言っている人間と情況は変わらないのでしょう。タバコを吸わない人が、タバコを吸う人を迷惑に感じていて、それに文句を言いたくなる気持ちは分かる。しかし、筋が通る抗議の仕方としては、タバコを規制する法律がないことに対してではないか?タバコを直接取りしまる法律は存在しない。現状、各自治体の条例があるだけであって、吸う場所が限定されるなどの制限があるが、タバコは基本的に合法になっている。

 

タバコに文句を言いたくなるのはタバコに関して不快感を覚えているから。でも、タバコは合法だという。じゃあ、合法だけど、人に迷惑をかけるタバコを吸う行為は適切なのか?という感情論の問題もある。つまり、舛添知事がやっていることも同じなわけだ。今回の政治資金の使い方は法律上問題ないので、合法であると。しかし、その使い方に不快感を覚える国民がいるということ。不快感を覚えたのはしょうがないが、その不快感をぶつけるとするならば、合法だが不快感を感じるものは全てNGとなるのだろうか?現実的に、舛添知事の政治資金の使い方が国民に迷惑をかけたということになれば、普段からタバコを吸っている人も迷惑はかけているだろうという話であり、舛添知事の政治資金の使い方が合法だけど問題視されるならば、タバコの方も問題視されるべきであるということにある。タバコに対して不快感を感じている人がいる以上、今回の舛添知事のやったことを問題視している人が、タバコを普段から公の場で吸っていたら、まるで説得力がないという話になる。タバコは例として挙げただけであり、合法だけど人に迷惑や不快感を与える事柄なんて山ほどある。それらを全員が控えるだろうか?というと、控えるわけがない。じゃあ、現行の法律が存在する以上は舛添知事がそういう使い方をしてもしょうがないとなる。

 

問題なのは舛添知事じゃない。政治資金規正法を作った国会議員だろうと。文句をぶつける相手はこっちなんですよね。結局、舛添知事は何らのペナルティもありません。つまり、政治資金規正法の枠内のお金の使い方をしていさえいれば、国民から非難がくるだけであり、それを本人が大して気にしなければ、本人にとって何の問題もない。舛添知事も一応釈明というか、謝罪をしているが、恐らく本心ではないと思うんですよ。悪いと心から思っているとはあまり思えません。本心で悪いと思っているならば、そもそもそんな使い方は最初からしていないでしょう。ばれたら、批判がくるのは舛添知事レベルの人間ならすぐに予想ができると思う。つまり、とりあえず火に油を注がないために、事態を沈静化するための謝罪じゃないか?と私は邪推してしまいます。政治家は私は信用していないので、こういう事態が起きても別に何の感情もないです。少なくとも私は筋道を通したいので、とりあえず法律に反していれば何らかの感情を抱いた可能性もあるが、違法じゃないと分かった時点で、叩く気もないし、言うことないなって感じです。

 

 

政治資金規正法違反事例集

政治資金規正法違反事例集

 

 

あわせて読みたい記事