読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

面接官の印象に残る、好かれる、採用したい人と思ってもらう、心をつかむ方法とは?

【スポンサードリンク】

面接官に採用されるには、面接官の印象に残るようなことを言わないといけない。そんな風潮が存在するかもしれない。面接官が採用したい人というのは、一緒に働きたいと思える人ということもよく言われているけど、そういう風に思われるためには、面接官に好かれるにはどういう工夫が必要なのか?策が必要なのか?ということになるでしょうか。面接官の印象に残すことが=受かる確率を上げることなのか?というのは、確実なこととしては言えないけど、1つ有効な策にはなるかもしれないです。でも、良い意味で印象に残さないといけないので、それもまた難しいですけどね。面接中に面接官に印象に残すことで、1番重要なのは1番最後の質問かな?面接中にはいろいろな瞬間で印象に残りやすいシーンがあると思います。しかし、その中でも最も印象として引き続き残る可能性があるのは、1番最後の質問でしょう。1番最後の質問って何か?っていうと、よくあるのは「最後に言いたいことはありますか?」とか、「何か最後に質問はありますか?」というものです。

 

こういった質問が就活などでは定番になっている気がするけど、こういった質問に何て返すか?が面接官の心をつかむか?どうかが決まりそうな気もしてくる。これだけで決まるわけじゃないが、特にここが重要だという認識にもなるかもしれない。面接官に好かれる必要必要はないかもしれないけど、お!と思わせられるような一面を発揮できるか?そういう意味で、面接官の印象に残るには?どうすれば良いのか?を考えるときには、ここが特に重要になるということです。この1番最後の質問はもはや定番なので、事前に予想が可能です。この質問に「特になし」と答えると、落ちるか?どうかはともかく、面接官の印象に残ることはない。というか、悪い意味で印象に残りそうな気がするのです。言われているところによると、この質問に「特にありません」と答えるとやる気を疑われるらしいので、何かしらは答えた方が良いのだが、問題は何を答えるか?終わりよければ全てよしというのは、面接でも通用すると思う。面接は入って3秒で決まるとも言われているけど、最初の3秒が良くても、その後イマイチな感じだと、3秒で上がった評価がどんどん落ちていく結果になりかねない。

 

逆に最初はイマイチかもしれないが、1番最後の方に評価を急上昇させられるケースもなくはないと思うので、人間の評価って、結局は上げて下げるよりも、下げてあげた方が高くなりやすい。結果が同じでも、上がって下がるよりは、下がって上がった方が、人間の見方や評価って上になりやすい。だからこそ、1番最後の質問が大事なんです。不良が更生すると偉いみたいな評価を受けやすいが、最初からずーっと真面目な人間はそういった評価は受けない。下げてから上がった方が評価が高くなるという好例だと思います。面接官に採用したい人と思われる人は、結局そういう人なんでしょう。面接官も人間なので、そういうフィーリング操作には弱いというか、付け込む余地があると思います。だから、「最後に何か質問はありますか?」という定番の質問にキリっと答えると、面接官の評価が上がった状態で終わって、1番理想的とも言えると思います。面接官に好かれるには、印象に残るには、何て答えるか?がポイントになりますけど、先ほど言ったようにやる気を見ている側面もある質問だと思います。やる気を見せるには何て答えるべきか?がポイントなのです。どういう回答が返ってくれば、やる気があると思えるか?ここを考えると、働く意欲を見せている、会社に貢献する意識を持っている人じゃないでしょうか?

 

そもそも人を採用する理由は、会社に貢献してもらって利益を伸ばせる人物なので、当然そういう人しかいらないわけだ。逆にそういう意気込みが見える人は面接官から見て採用したい人になるのではないでしょうか?面接官の心をつかむことができるはずです。そういう回答は何か?っていうと、例を挙げると、「残り少ない大学生活で、どういった経験をしておけば、またはどういったことに取り組めば御社に入社後に活躍できるでしょうか?」といった回答はどうでしょうか?この回答のポイントは会社の役に立とうと、貢献しようという意思が見えます。しかも、それを残り少ない学生生活を犠牲にしてでも実現しようという意思が見えます。さらに、そのために意見を求めているわけですから、積極的に仕事に取る組む姿勢が見えると思うんですよね。これは一例なので、他でも良いんですけど、私なりに考えると、こういう逆質問は割と面接官の印象に残るもの、心をつかむ逆質問と言えるかな?という気がしています。面接官が採用したい人と思える逆質問はいくらでもあると思うので、他の考え方でも良いとは思いますけど、1つオススメなので参考にしたい人はしてもらっても構いません。面接官に好かれるために、面接官の採用したい人になるためには、最後に何か質問はありますか?という逆質問の攻略が1つ重要になるということです。

 

 

あわせて読みたい記事