読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

千羽鶴を被災者に贈るのは迷惑?←迷惑という意見が逆効果を生む可能性もある

その他の話題
【スポンサードリンク】

被災地に千羽鶴を送るのは逆に迷惑だという議論が結構前からされていると思うんだけど、これはどうなんでしょうね?迷惑と感じる気持ちは分からないでもない。でも、これを言っているのは誰なんだ?というのが問題だと思うのです。これを被災者本人たちなのか?それ以外の第3者なのか?というのが問題です。それに全員が同じ気持ちであるはずがないので、1つの結論を出すのも違う気はする。千羽鶴を迷惑と思っている人もいるかもしれないし、そうじゃない人もいるかもしれないのですから。「被災地に千羽鶴はあり?なし? | ニコニコニュース」にはそのことについて書いてあるが、教えてgooからの回答を引用しているみたい。

 

>「受入れる側は、生きるためで一杯一杯で、精神的余裕がないんです。極端言えば、溺れて今にも死にそうな人に、千羽鶴を投げて頑張れと励ましているのと、同じ様な状況なんです。それと、限りある資源の無駄使いなんです。千羽鶴を現地に届ける為に、輸送する車、仕分けする人など限りある資源を使って、届けなければいけないんです」(one12さん)

 

「『ありがた迷惑』どころではなく『被災地妨害行為』。被災地に折り鶴を送るという行為を善意とか思いで語る人は、被災地のことを考えておらず、単なる自己満足だと思います。だいたい避難所暮らしや車中泊では飾る場所さえありませんし、救援物資仕分けの邪魔です。衣食住が充足されていない中、たとえ折り紙が好きであっても、そんなものを楽しむ余裕などないでしょう」(Ensenadaさん)

 

教えてgooに投稿されているってことは、少なくとも被災者ではないんでしょうね。ってことは、第3者の意見ってことになる。この人たちはこう言っているけど、被災者がどう思っているか?真意は分からないし、人によって意見は違うだろう。確かに千羽鶴のようなものは貰っても捨てづらいし、スペースに困るという意見もあるでしょう。しかし、別にそのままの形で保管する必要もないし、被災者それぞれに1羽ずつ分けて持って帰ることも可能でしょう。それか自治体に飾っておくとか。そんなに物理的に困るものか?と思わないでもないです。また、こういう意見が世の中に伝播すると、逆効果になる可能性もあるのです。千羽鶴を作った人たちは完全に善意でやっているはずで、迷惑をかけようなんて気はないでしょう。しかし、それが迷惑と言われると、人間の感情としてカチンとくる可能性がある。いくらその迷惑という意見が正論だったとしても、人間には感情があるから。だからこそ、今度は千羽鶴どころか、食料や募金が集まりづらくなる可能性もある。

 

上記のニュース記事には「必要なものだけよこせとは厚かましい」というTwitterのつぶやきもあり、はっきり言って、こういうのは支援する側の反感を買う可能性も十分にある。つまり、仮に千羽鶴が迷惑だとしても、迷惑なものをそのままにしておいた方が結果的に良いかもしれないってことだ。何よりも問題なのは、被災者自身ではなく、第3者がこういうことを言っている場合の話しなんですよ。第3者が被災者の代弁をしたかのように振舞った結果、被災者の一部は「そんなことを望んでいないのに・・・」と、いう結果になるかもしれない。芸人のウーマンラッシュアワーの村本さんが以前、不謹慎厨は被災者の代弁なんかしてないんだから黙ってろ!とツイッターで上で発言して話題になったが、被災者の代弁というのはそう簡単にはできないと思います。それは被災者の考えていることは一律じゃないから。人それぞれ違うだろうし。一部の代弁にはなっても、それ以外には代弁になっていない可能性もある。だから、千羽鶴を迷惑と考えている人も被災者の中にも恐らくいるでしょう。でも、そうは思っていない人もいると思います。そうなると、送るのが正解なのか?不正解なのか?は分からない。千羽鶴を作る手間があるならば、1円でも良いから募金した方が良いと言えばその通りかもしれないですね。被災者を励ますために千羽鶴を贈る行為がベストな方法か?っていうと、違うかもしれないです。

 

全員を満足させる方法はなかなかないので、そりゃこういう意見も出るだろうね。という話でしかないのだが、私が被災者だったら、別に迷惑とも思わないが、嬉しいとも思わないと思う。少なくとも、自分の人生がこれからどうなるのか?分からないようなときに、そんなものを貰っても嬉しくはないと感じるんじゃないか?と思う。でも、迷惑までは感じないと思う。私は今被災者ではないが、1番欲しいのは将来への安心だ。恐らく被災者であっても、そこは変わらないと思う。それは誰も提供してくれないだろうし、手に入るモノでもないと思う。被災者もそういう感じで思っている人は結構いるかもしれないです。迷惑になるかもしれないことを考えたらもはや何もできないという可能性もあるし、難しい問題だなと実感します。迷惑なものを断り続けると、先ほど言ったように支援者をいらつかせ、じゃあオレはもう何もやらない!という気持ちを生む可能性もあるからだ。そこのバランスをどうするか?が課題だろうか。

 

 

がんばると迷惑な人(新潮新書)

がんばると迷惑な人(新潮新書)