読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

若者が奨学金は返せない理由と返せない場合はどうなる?自己責任や甘えが正論なら貸す方も同罪だと思う

【スポンサードリンク】

奨学金を返せない若者が増加してきているということに関しては、散々ニュースで見てきたが、その話題に関して、タレントの神田うのさんの発言が波紋を呼んでいるらしい。この人は奨学金を返せない若者に対して自己責任論を突き通したようだが、それについては正論だという見方もあれば、問題の本質はそこじゃないという否定的な意見もある。この神田さんの意見に関しては個人的には半分くらいは賛成できるが、やっぱり問題はそこじゃないという意見もすごい分かる気がする。「神田うの、奨学金「自己責任論」で賛否激突 「完全に正論」「根本的な理解が欠如」 : J-CASTニュース」に載っていたので、そこから引用したいと思います。

 

>「月々1万6000円、20年やればいいんでしょ?頑張れば返せそうだけど」――。タレントの神田うのさん(41)が、奨学金問題をめぐって展開した「自己責任論」が、ネット上で物議を醸している。 神田さんの持論に対し、ネット上では「借りたものを返すのはあたりまえ」として「正論」と取る向きもあれば、「生まれてこのかたお金に困った事がないヤツに言われても」と反発する声も目立ち、賛否が広がっている。

(中略)

奨学金をめぐる神田さんの発言は、2016年6月30日放送の情報番組「ノンストップ」(フジテレビ系)で飛び出した。番組では「若者が破産...『奨学金制度』のゲンジツ」と題し、奨学金の返済を滞納し、自己破産に追い込まれる若者が急増しているという問題を特集した。 その一例として、在学中に月8万円の奨学金を受け取っていた男性のケースが紹介された。この男性は、卒業から半年後に月あたり約1万6000円の返済が始まったが、徐々に返済が滞る状況に。その後、返済を求める連絡が職場にまで及ぶようになり、会社からの信用はガタ落ち。さらには裁判所からの督促状も届くなど、軽い気持ちで借りた奨学金に後悔する若者の姿が再現VTRで取り上げられた。 コメンテーターとして番組に出演していた神田さんはVTRの終了後、画面がスタジオに戻るやいなや、「(世間を)甘く見てますよね」とピシャリ。「自分で借りてるわけだから、ちゃんとお返ししないと」と続け、「自己責任論」を展開した。 番組出演者からは「奨学金には借金しているって感覚がないのかも」と擁護する声が飛んだが、神田さんは「う~ん」と納得いかない様子。さらには、 「月々8万円も借りてたわけだから・・・。それが月1万6000円、20年やればいいんでしょ?頑張れば返せそうだけど」 との発言も飛び出した。続けて、「1万6000円でしょ?飲みに行かなければいいんだ、飲み代を削ろう!」といった「返済法」も提案していた。

 

奨学金も借金だから、借りたものを返すのは当たり前という意見は別におかしな感じはしないが、問題の本質としては、若者が奨学金を返せない理由としては、奨学金の1番の問題の部分で、働いてもいない段階で借りて、働いたときに返すってことなんですよね。これがわかものが奨学金を返せない理由の根幹にあたると思います。そうなると、借りる方も、貸す方もどっちもどっちで感じだけど、一般的な借金は、働いている人を対象に審査が行われて、返済能力の有無が見られるが、奨学金はそうじゃない。借りる時点は学生だから、返済能力なんか見られない。むしろ親の資力の方が見られるだろうか。でも、実際に借金を返していくのは、当時学生だった本人なわけだから、返済能力が将来的に備わるのか?どうかも分からない人に貸すのが奨学金となってしまう。逆に将来、返済能力を備えるのか?分からない人に貸しているのが奨学金ならば、借りたものを返すのが当たり前という理屈はちょっと通じなくなってくる。というのも、貸した側から見れば、返ってくるかも分からない相手に貸していることになるのだから。そうなると、借りた側は返す努力をしている限り、結果的に返せなくてもしょうがないとなる。若者が奨学金を返済できない理由は、貸す方が返済できない可能性が高い相手に貸しているからなのです。

 

そして、全てのケースじゃないだろうけど、実際に奨学金の返済に困るような人は、収入がない人も多い。それは働いていないというよりは、働いていたが辞めざるを得なくなってしまったということ。例えば、祖父母の介護をしないといけなくなってしまったため、仕事を辞めて、収入が途絶えて奨学金の返済ができなくなったというケースを私は知っている。問題なのは、何らかのアクシデントが起こることで、これは奨学金を借りる段階では全く予想ができない。何らかのアクシデントが起きることは予想できなくはないけど、そのあまりにも可能性の低いことを全員が考慮しないといけないとなれば、奨学金を利用できる人なんかいない。だからこそ、奨学金を借りた人間のうち、一定割合は返済が困難になる何らかの問題にぶち当たる。奨学金を借りている時点で、親とかには資力がそんなにないんだろうから、頼れる人もなかなかいないわけです。そうなると、見通しが甘かったといえばそれまでだが、でも見通しが甘かったのは貸した側も同じであり、どっちもどっちの問題も思えてくる。若者が奨学金を返済できない理由としては、急なアクシデントが起きた場合というのも1つあるでしょう。返済能力をそこまで問わないで貸す借金なわけだから、返ってこないリスクは当然通常の借金よりも高いだろう。奨学金を返せないのが自己責任ならば、貸した奨学金が返ってこないのも自己責任な気がする。若者はなぜ奨学金を返済できないのか?という理由は、借りる側の問題だけではなくて、貸す方の問題としても存在していると思います。

 

>だが一方で、「問題の本質はそこじゃない」と指摘するユーザーも少なくなく、 「借りる時と返済の状況が違うのわかってますか?」 「頑張ってもどうにもならないから社会問題になるのであり、根本的な理解が欠如している」 と否定的な意見も上がっている。 さらには、神田さんの「庶民とは違う金銭感覚」を引き合いに、「コメントする立場にない」と批判する声も目立った。社長夫人の神田さんは、バラエティー番組などでも「セレブ妻」という立ち位置が定着。最近では、雇用していたベビーシッターの女性に高級バッグやジュエリーなど約3000万円分を窃盗された事件をきっかけに、その浮世離れした生活に注目が集まったばかり。 そのため、一部のネットユーザーからは「生まれてこのかたお金に困った事がないヤツに言われても」「月1万6000円の負担がどれだけのものかって想像できないんだろう」との批判が噴出。なかには、「マリー・アントワネットみたいなこと言ってんな」との呟きも漏れていた。

 

1万6000円という借金はそれ1回で済むならば、全然軽そうに見えるけど、それが毎月続くっていうのは、また別問題な気がしてきますね。一庶民の感覚からするとね。どれだけ借りているのか?は分からないけど、月々1万6000円っていうのは、通常の借金と比べると随分良心的にも思えるが、返済能力の有無を問わず貸した借金だけに、将来的に返済能力が備わらない人間が生まれるのは当然のことであり、そういう状況では先ほど言ったように貸したものを返せという理屈は通じづらい。返してもらえるか?どうか分からない人間に貸したお金は返ってこなくてもしょうがないという理屈の方がまだしっくりくる気がする。借金は返さなくても良いとは言わないけど、基本的に奨学金の類は保証人をつけることになっているだろうから、本人が返せなくても貸した方は別に損害は少ない。奨学金を返せないとどうなる?というと、最悪の場合には自己破産をすることになるが、自己破産は借りた本人の借金の返済を迫られないというだけであって、保証人に借金の返済を迫ることはできるので、借りている当人からすると、自己破産をしても問題は解決しない。自分はとりあえずとしても、保証人になっている人間が結局迷惑をするわけだから。ただ、迷惑といっても保証人になるリスクが顕在化しただけとも言えるけど。保証人が借金を返せない場合には、その保証人も自己破産をすることができるが、自己破産の連鎖が続くだけということもある。奨学金の返済ができないとそういう事態になる可能性もあるのです。

 

借金は返せないなら借りるなということを言う人もいるが、返せる充てもない時点で借りるのが奨学金の大前提なのだから、その理屈はおかしいという話になる。先ほども言ったけど、返せるあてが確実にある人間はまずいない。そうなれば、奨学金は返せないなら借りるなという言葉を押し付けると、奨学金を利用できる人間はゼロだろう。奨学金を返済できない場合には、本当に辛い毎日が待っている可能性もある。しかし、それは奨学金を借りる人間にとっては誰にでも起きうることであり、起きるかもしれないという予測は立っても、誰に起きるか?なんて分からない。そのリスクを考慮すれば良いという話になると、何度も言うように奨学金を利用できる人はいなくなる。そのリスクはそのときになってみないと発生確率とかが分からないからだ。奨学金を返せないのは甘えという論調も一部ではあるけれども、この問題は発端は奨学金を返済できない人間が甘えか?自己責任か?という問題も全く含まれないわけではないだろうけど、貸す方の問題もあると思いますけどね。奨学金の意義って、教育費用を捻出できない家庭にお金を貸すわけだから、当然将来的に返済能力が十分あるか?どうかは全く問われないわけではないが、学校に通う本人が返済していくケースでは、全く問われない等しいのではないか?と思います。

 

親が支払っていくというケースならば、貸す段階での返済能力を見極めることに意味はあると思うけど、返済ができなくなるようなの場合は返済をしているのは親ではなく、子みたいだから、返せる充てもない人間に貸してしまったということになる。これも変な感じですよね。貸した側は親でも子でもどちらでも良いから返してほしいと思っているだろうけど、子は返せる保証はない。借金という性質上、返済能力があると判断した相手が返していくのが筋な気もするけど、その中で子が返していっているケースが多いならば、親も返済能力がないということだろうか。そのうえで自己破産をすれば、借りた側の問題は一段落かもしれないけど、奨学金の返済に使われるお金は次世代の子たちの奨学金の財源として使われているみたいなので、返ってくる奨学金の金額が減れば、次世代の子達が割を食うという事態になってしまうのです。だから、この問題を解決する方法があるとすれば、返済が十分に期待できる人にしか貸さないという方法が1番だと思うけど、それをやると奨学金が果たすべき役割が達成できない。ほとんどの家庭は支給対象にならない可能性もあるから。そういう意味では、借りる側も貸す側もお互いも自己責任で利用するしかないのかもしれない。奨学金を返せない方は自己破産をするかもしれない自己責任を負うべきだし、貸した側も返ってこないかもしれない自己責任になるだろうか。そこが若者が奨学金を返せない理由の根幹になるでしょうからね。お互いがリスクを背負っているというね。奨学金を返せないのも返してもらえないのも甘えや自己責任でまとめるというのは、些か府に落ちない面もあるものの、そう結論付けざるを得ない状況でもある気がしますけど、あとは奨学金を返せないとどうなる?奨学金を返せない場合に被る損害について十分な説明を尽くしていくということくらいしかできないのだろうか。

 

 

日本の奨学金はこれでいいのか! ―奨学金という名の貧困ビジネス

日本の奨学金はこれでいいのか! ―奨学金という名の貧困ビジネス

 

 

あわせて読みたい記事