読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

医学部の面接は圧迫面接になりやすく、落とされる厳しい雰囲気になる可能性も高い?

【スポンサードリンク】

大学受験の中でも医学部は面接試験があることが多いようです。しかも、面接といっても、結構厳しいものが予想されます。大学ごとに医学部の面接のスタイルは異なりますけど、中には圧迫面接をやってくるところもあり、圧迫面接に慣れていない人が多いと思いますから、非常に手こずるというか、厳しい思いをする可能性もあります。医学部の面接は落とすための面接にも感じる雰囲気があるかもしれません。実際に厳しい雰囲気の医学部の面接になれば落とされる感じもするでしょう。圧迫面接は一応マニュアルのようなものがあって、対策自体はできなくはないですが、マニュアル通りのやり方で、果たして合格ができるか?どうかも分かりません。圧迫面接といっても、それぞれのケースごとに見ているポイントが違うこともあり、一概に同じ対応の仕方で、どの圧迫面接にも対応できるとは限らないのです。医学部の面接が圧迫だったら、驚く人もいるかもしれませんけど、高校生に対する面接も今はそういう圧迫をする時代になってきたということでしょうか。文系の学部や理系の医学部以外の学部は一半入試ではまず圧迫面接はしないでしょうから。AO入試や推薦入試の面接であっても、圧迫面接をすることはほとんどないのではないでしょうか?それは大学側の評判にも関係してくるでしょうから。でも、医学部の場合にはそれを踏まえてでも圧迫面接をやるってことになります。

 

医学部で圧迫面接をやる意図っていのうのはいろいろとあるんでしょうけど、ネット上にある体験談などを見ると、かなり厳しい面接実態になっているみたいです。医学部に入る覚悟を見ているところもあれば、医者になってからのストレス耐性を見極めているところもあるのかもしれませんが、訴えたら終わりじゃないか?と思われるような辛辣で侮辱的な面接もあるみたいですし、何かよく分からない圧迫の仕方もあるんですよね。私が見た例だと、全身の骨の名前などをあなたは覚えられるんですか?と問われた後、覚えられます!とキリッ!と答えたら、その根拠を言ってください。と言われたそうです。いやいや、根拠ってなんやねん!根拠って何だ?覚えられる根拠がないといけないという考えをこの面接官は持っているんだろうけど、確実に覚えられる根拠がないとダメなのか?じゃあ、今まで医者になってきた人はその根拠を提示できたのか?あと、逆に聞きたい。この場合の根拠というのは具体的に何があるのか?受験生はそんなこと聞けないと思うけど、私ならば「あなたならばどんな根拠を提示できるのか?と聞いてみたいです。確実に覚えられる根拠なんかないと思うし、根拠として提示するような人間は逆に信用できないです。手術を100%成功させると言っている医者くらい信用できないと思う。人間としてやるべきなのは全力を尽くすことであって、その結果卒業できるか?どうかの問題が起きる。全身の骨について暗記をしないと卒業できないのか?は知らないが、医者として困るレベルならば、卒業できないようにすべきであって、やれるか?やれないか?はやってみないと分からないと思うんですけどね。

 

100%やあれると断言できる人間はそうはいないし、そんなことを言う人間は医者としても、人間としても信用ならない。それができない人は医者になるべきじゃないならば、今医者になっている人間も同様となるだろう。医学部の面接が厳しい感じになるか?どうかはやってみないと分からないけど、大学ごとに過去の傾向なんかは情報として載っているんじゃないか?と思うんですよね。自分が受ける大学の医学部の面接は圧迫面接になるのか?事前に知っておいた方が良いと思いますし。医学部の面接に関しては、必ず圧迫になるわけでもないですし、過去の傾向で圧迫面接が多くても、自分が受けるときにも圧迫になるか?は何とも言えません。大学側がどのように考えて面接を実施するか?はその時々に酔って違うと思いますし、受験生ごとや年度によっても違うと思います。また、圧迫面接の度合いが違うと思うんですよね。医学部の面接でも厳しい感じというだけなのか?完全な圧迫面接なのか?は全然違いますから。

 

医学部の面接でそういった感じで落とされるというのも、何か納得がいかない人もいるのではないか?と思います。どうしても面接って反論しづらいですから。医学部の面接落とされる人も多くいますけど、結構納得いっていないというニュースもネットで見ましたし、言いたいことがあっても、それをストレートに言って、反抗するような態度をとると、余計に落ちる可能性が高くなりそうです。医学部の面接は落とすためにやっているわけではないものの、合格させる気があるのか?どうか分からないような面接も中にはあるかもしれないので、面接官の真意は分からないものの、医学部の面接では圧迫面接がきたときの対処の仕方をしっかり想定しておいたほうが良いです。こういったことは予備校とかの方が詳しいと思うんですよね。だから、予備校に通っている人はそこで医学部の圧迫面接の対処法についてレクチャーをしてもらっていくと良いと思います。医学部の面接は圧迫にならくても、ある程度は厳しい感じになるというのは予想しておいたほうが良いと思います。

 

医学部の面接は必ず圧迫面接になるわけではないので、普通に面接対策をしながら、圧迫がきたときの備えをしておければ良いと思います。医学部の面接対策のときには以下の本をおすすめしたいですね。本書は医学部の面接において頻出とされている質問、よく聞かれる質問などを特に多く集めて載せており、それに対する回答なども併せて載せているので、医学部の面接ではどんなことが聞かれているのか?どういう質問を対策しておけば良いのか?などが非常に分かりやすいと思います。そして、それぞれの質問ごとにこの質問は何を意図しているのか?何を見ているのか?とか、こういう表現を使ってはいけない!これを言ってはいけないなどの情報もあって、初めて医学部の面接対策をする人にとって役に立つと思います。したがって、医学部の面接を今後受けるならば、その前にでも読んでおけると良いと思います。医学部の面接がどういう感じで行われるのか?も理解できると思いますし、Amazonでのレビューを見ると結構評価高いですから、良かったら参考にしてみてください。

 

医学部の面接[改訂版] (赤本ポケットシリーズ)

医学部の面接[改訂版] (赤本ポケットシリーズ)

 

 

あわせて読みたい記事