就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

自衛隊がやっているのは人殺し?←人殺しなら問題なのか?の議論が先じゃないか?

【スポンサードリンク】

自衛隊は人殺しか?そんなことが最近話題になっているようですが、正直私はどうでも良いと思っているのです。問題の焦点はそこじゃないと感じていて、人殺しか?人殺しじゃないか?以前に、じゃあ人殺しだったら何なの?ダメなの?という問題があるんじゃないですか?人殺しはよくないだろう!と誰もが声を荒げるかもしれないが、じゃあ人が死ぬのを黙ってみている人も結局同じじゃないの?と思うんですけどね。世の中には人が死ぬかもしれない仕組みがいくらでも存在しているが、それを容認している人間も多くいるのだから、じゃあ彼らも人殺しじゃね?と思います。自衛隊の目的は人を殺すことではなく、結果的に人が死ぬことがあるというのが正確な捉え方のようにも思えてくる。つまり、人を殺すことが真の目的ではなく、結果的に殺してしまうのが問題であるならば、日本にも、世界にもそんな仕組みは多くあるように思えるが。

 

言ってしまえば、多くが納得する殺人が許容されるというのがあるね。先日起きた相模原市での障がい者施設での殺人事件の犯人を死刑に処すことに反対する人はほぼいないんじゃないか?死刑制度の廃止論者以外は。つまり、そういう人間を殺すことは許容する人間がいるわけだ。しかし、なぜ死刑制度は容認されるのか?これはなぜ特定の殺人は容認されえるのか?という問題とも言えるでしょう。殺人はよくない。としていながらも、でも例外的に特定の殺人を世論が容認している状況は極めて異質に思える。でも、世論がなぜ殺人はよくないとしながらも、死刑制度には賛成なのか?の答えを導き出すのは簡単だ。死刑制度の被害に自分が遭うはずがないと思っているから。実際に自分が死刑に処されるとしたら、自分がそれ相応の犯罪を犯すか、冤罪でも被るしかない。前者を犯すことはまずないだろうと踏んでいるんだろうし、後者も確率的にまずありえない。だから、死刑によって凶悪犯をこの世から消し去ることは、基本的に自分たちにとってメリットしかない。しかし、殺人全般に関しては下手すれば自分がその被害に遭うかもしれない。つまり死刑制度容認の論調を流しても、自分たちに被害はまずないが、殺人全般を容認したら、殺人事件発生件数が増えて、いずれ自分が被害に遭うかもしれない。

 

都合の良いものは認めて、都合の悪いものは否定しているだけではないのか?と容易に想像がつく。でも、殺人自体をNGとしている人が死刑制度を容認するとしたら、それは理屈でどう説明するのだろうか?死刑制度を認めるってことは、殺人の中でも一部のものは容認されるわけだ。じゃあ、実際に殺人事件を犯した犯人を死刑に処すことは問題ないのに、その死刑囚となる殺人犯が犯した殺人はなぜ問題と言えるのか?ここを説明できる人間はほとんどいないと思うのだが。死刑制度自体がほとんど多数決の原理によってのみ成立していると思っているし、納得のいく説明ができる人は国の人間の中にもほとんどいないと思うのです。実際、フィクションの世界などでは、殺人犯に同情する人間もいる。「こいつは殺されて当然」とか、殺人犯ではなく、被害者を責める声もある。つまり、こういう現状を踏まえると、被害者に落ち度のある殺人は許容されやすくなるということが言えると思う。そうなれば死刑を宣告された犯人も人を殺したという点が落ち度になるならば、ある意味合点がいくかもしれないが、じゃあどこからどこまでが落ち度なのよ?という話にもなってくる。死刑を宣告された犯人が殺した相手はかつて自分をいじめていた人間だとしたら?これは落ち度になる?その相手を殺した殺人は許容される?っていう問題になってくる。結局、世間が許す殺人は死刑制度も含めて、根拠が曖昧で主観的になりがちなのです。

 

以前、死刑制度の是非の問題のときに松本人志さんが言っていたことで、犯人が殺したのが1回の表なんだから、1回の裏(死刑による報復)はやらしてくれよ!という考え方がある。何年前の発言か?覚えていないけど、当時私はこの発言にとても合点がいった記憶がある。しかし、今は全く合点がいかなくなった。それは松本氏が言う1回の表が定まらないからだ。AがBを殺した。これが1回の表ならば、Bの遺族が死刑を望んだたらAを死刑に処する。これが1回の裏ということになるのだろうか?ただ、あくまでもこのシーンだけを切り取ったら、これが1回の表と裏に見えるということでしかない。じゃあ、10年前に実はBはAをいじめていて、不登校に追いやっていたとか、そういう過去があったらどうか?Aにしてみれば、それこそが1回の表であり、Bを殺すことは1回の裏だと言われかねない。松本氏の考えが正当性を帯びるためには、1回の表がどこになるのか?それが確実に定まらないといけないのです。自衛隊がやっているのは人殺しか?否か?以前に、この世の中には許容される殺人とそうじゃない殺人があるみたいだから、自衛隊がやっているのが人殺しか以前に、その人殺しにも見える行為は良いことなのか?そうじゃないのか?を議論する必要もあるのでは?と思えます。

 

 

反省させると犯罪者になります (新潮新書)

反省させると犯罪者になります (新潮新書)

 

 

あわせて読みたい記事