読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

言い逃れでも必要性は高い?言い訳で人のせいにする、非を認めない人は重用すべき場合もある

【スポンサードリンク】

昨日の記事で「言い訳」について書いたけど、脱社畜ブログ「「言い訳するな!」という恫喝の無意味 - 脱社畜ブログ」でも「言い訳」について語っている優良の記事があったから紹介したいと思う。言い訳はどうも言い逃れみたいで腹が立つ人が多い中で、この記事の結論は言い訳をするな!とまくし立てる会社の上司などを否定するものだが、その理由は言い訳には言い訳の意味がちゃんとあるところにある。言い訳はただの言い逃れと捉えるべきではなく、その中身についてもっと慎重に検討した方が良いということでしょう。言い訳は本来はそんなに否定されるべきことではないと思うのです。

 

>例えば、ある仕事を任された人が、それを時間までに完成させられなかったとする。これについて、上司が「おい、どうなってるんだ」と叱責をしたとして、 「そもそも一晩で終わらせるには人が足りませんでした」 のようにいわゆる言い訳をするのと 「すいませんでした、すべて私の責任です。次は気をつけます」 と一切言い訳をせずに謝るのでは、どちらがいいと言えるだろうか。 後者の態度は清々しいので、思わずこちらを支持したくなってしまうが、よく考えてみると後者はただ謝っただけなので情報としては何ら得るものがないということになる。一方で、前者は言い訳こそしているものの、「人が足りなかった」という失敗の原因についての情報を提供している。まあ、人が足りないならもっと早い段階でアラートを上げろよ、というごもっともな指摘はあるにせよ、次のアクションに繋げやすいのは、明確に前者だ。「人が足りない」という主張が事実なら、次回以降は人を増やすことでその仕事が完成する可能性を高めることができるだろう。 もちろん、言い訳の中には全然理由になっていない、自己保身目的の耳を傾けるべきではないものも多くあるだろう。そういう言い訳は、「説明になっていない」と指摘して却下すればいい。言い訳をさせた上で、それはおかしいと言えばいいのだ。「言い訳をするな」と言い訳自体をすべて封じてしまう必要は全然ない。 何か失敗をした際に、他責をしない態度はたしかに立派に見えるけど、本当に原因が自分以外のところにあるのだとしたら、その事実と向き合わなければどうせまた同じ失敗を繰り返す。次に繋げるためにも、有意義な言い訳は排除すべきではない。

 

この脱社畜ブログの意見をまとめると、言い訳の中には有用なものがあるから、積極的に言うべきであって、有用じゃないものは上司が指摘をすべきであると。逆にそういった有用な言い訳を全て排除してしてしまう上司のやり方は適切でないということでしょうね。言っていることはまさに正論だと思うよ。言い訳を排除して得られるものは、何だろうか?特にこれといってないんじゃないか?強いて言うならば、その上司の満足感みたいなものだろうか。それが会社にとって意味があるものなのか?というと、そうは思えないですけど。しかし、言い訳には得られる情報がある。その言い訳に含まれている情報が有用か?どうかの違いは聞いてみないと分からないため、とりあえず言い訳を排除するのはもったいないということになる。会社が進歩していく可能性を奪っているのだから。会社だけに限らないけど、言い訳を嫌い、否定する人間はそういうチャンスをみすみす逃しているということ。何かの組織が発展するためには、当然失敗はある。問題はその失敗が起きた後にどう対処をするか?でしょう。悪く捉えると、言い訳は人のせいにするということにもなるし、言い訳は謝らないで非を認めない最低の行為であると見えるかもしれないが、それは感情的な部分として生まれてしまうのは仕方ないものの、感情を優先して、合理性を無視してしまうのは、それ自体が失敗じゃないですか?

 

会社で働いていても絶対に失敗は起きますよ。問題はそれ以降同じ失敗をできるだけしないように努めることであり、そのためには何で失敗したのか?どうすれば失敗しないのか?の情報は欠かせない。つまり、非を認めて素直に謝ってしまう人間よりも、会社が発展していくためには言い訳をして非を認めない人間の方がよっぽど必要ってことになる。言い訳をするとたいていの場合には嫌われる。それは言い訳が人のせいにするという部分にも注目してしまっているから。言い訳は非を認めない最低な行為だというイメージのみで決めてしまって、その本質を見ていないのだ。例えるならば、見た目はヤンキーみたいなのに、その人は実はものすごい好青年だった。みたいな感じだろうか?飲食店がクレームをよく募集しているのを見かけるけど、会社などの組織でも言い訳は積極的に募集してみるべきじゃないのかね?そのうえで明らかに会社にとって有益ではない言い訳(本人の問題が大きいものなど)に関しては、その本人に叱責をすれば良いだろう。言い訳をしつつも自分が全く謝らないのはどうかと思うけども、明らかに失敗をした原因が他に存在していると思われる場合、その原因を放置していたらまた同じ失敗をするかもしれないと判断される場合には、言い訳をした方が良い。それは自らの釈明のためというのもあるかもしれないけど、同時に会社のためにもなるのだから。

 

言い訳は人のせいにしているのではなく、人のためになるものだろう。言い訳の必要性は意外とあるんじゃないか?と思う。ただ、現実的には言い訳って言葉自体がイメージがよくなくて、それが蔓延していると、なかなか事態を変えるのは容易ではないし、上司にこういった正論をぶつける勇気のある人間もなかなかいないだろうけどね。言い訳の必要性を認識できるように、本来は会社のトップが下に対してそういった教育をしていくべきだとは思うが、それができる人間はどれだけいるだろうか?言い訳に腹が立つとか、言い訳にむかつくというときもあるだろうし、中身がない言い訳も実際にはあるだろう。しかし、意味のある言い訳と意味がない言い訳を混同することなく、適切に判断して、それに応じた対処をしていける人間こそが、本当に優れていると言えると思うし、会社で言うならば、そういう人間が少しでも上のポジションにいれば良いと思うのだが、会社で働いていると、なかなかそういう発想にはならないのかね?言い訳は人のせいにするとか、非を認めないというマイナス部分を見るのではなくて、プラスの部分を評価してあげることが重要だということは最後に言っておきたいと思います。

 

 

 

あわせて読みたい記事