読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

危険で迷惑なポケモンGOや歩きスマホを規制すべき?←0にはならないけど良いの?

【スポンサードリンク】

ポケモンGOが世界中で非常にブームになっているようだけど、私はほとんど興味がないので、やっていない。ポケモンは小学生の頃にやっていたけど、今はまたやろうって気にはならないのです。というか、スマホゲーム自体にほとんど興味がない状態で、ゲームをやるとしたら、家にあるプレイステーション2くらいかな?本当に社会現象とともに社会問題になっているのがポケモンGOだが、日本でもポケモンGOによる迷惑な被害はいくつも出ていて、逮捕者も出ている。そんな状況を見れば、規制しろという声が出てくるのは当然に予想できるが、「<本社世論調査>「ポケモンGO規制を」73% | ニコニコニュース」によるとかなりの人が規制を望んでいるらしい。

 

スマートフォン向けゲームアプリ「ポケモンGO」は各地で人気を集める半面、歩きスマホをする人が増えたり、自動車事故が起きたりするなど社会問題化している。こうしたゲームに「規制を設けるべきだ」は73%に上り、「規制する必要はない」は17%だった。50代以上では「規制を設けるべきだ」が8割を占めた。

 

私の1つの疑問はこの場合の規制っていうのは、具体的にどうすることなのか?ということです。規制をかけるといっても、規制のしようがあるのか?というのが疑問なんです。規制をするってことは、何らかの制限を設けたり、迷惑行為に発展するのを未然に防ぐ効果を期待するってことですよね。それは可能なんですかね?そんな方法あるんですかね?この問題は歩きスマホの問題と類似のことだと思うけど、結局歩きスマホも罰則を設けるくらいの提案しか出なかった気がするから、ポケモンGOも歩きスマホ扱いにして罰則を作るくらいしかできないだろう。でも、それはほとんど効果ないと思うんですよね。結局、ポケモンGOに関しても、人の家に入るとか極端で、かつ明らかに犯罪に該当するものはともかく、せいぜいマナー違反と言われる程度のことならば、守らない人は大勢いますよ。むしろ、それがマナー違反としか指摘できないとなると、それは守らないといけないものという認識ではないわけだ。だから、当然マナー違反をする人間は出てくるし、マナーは公式のルールではないから、そもそもマナーは何で守らないといけないの?という疑問を持つ人間もいるでしょう。だから、結局規制をかけようにもそんなに効果があるとは思えない。

 

ポケモンGOの迷惑な被害を防ぐには、大元を禁止するしかない。スマホポケモンGOだな。それ自体を禁止すれば歩きスマホも0になる。良かった!良かった!にはならない。いやいや、歩きスマホポケモンGOをやってない人間まで何でそんな目に遭わないといけないんだ?という文句がくるだろう。でも、それはポケモンGOに規制をかけるべきという意見も一緒なんですよね。規制のかけ方にもよるけど、それが全く問題ないスタイルでプレイしている人たちからしたら本当に何で俺たちがそんな目に遭わないといけないんだ?という同じ疑問が沸くはずだ。ポケモンGOは危ない現象を巻き起こす張本人になってはいるが、問題はその使い方次第であって、ポケモンGO自体に問題があるわけではない。1年前くらいにネット規制に関してホリエモンひろゆきTVタックルネット規制に賛成する人たちを論破しまくったなんてことが話題になったが、その番組の中でネット規制に賛成な紀藤弁護士が、ひろゆき氏からの「(犯罪を)0にはできないですよ?」という問いかけに対して、「0にはできないが、減らすことはできる」と言っていたんですよね。私はこの紀藤弁護士の言葉がどうもひっかかる。0にはできないが、減らすことはできる。しかし、そのためにネットが不便になるってことになる。ネット自体を禁止にしてしまえば、当然ネットを使った犯罪は0になるが、紀藤弁護士はそれを望んでいないと。そりゃそうだよね。ネットがなかったら紀藤弁護士も困るからね。でも、紀藤弁護士が提唱する匿名制の廃止は紀藤弁護士は恐らく困らない。でも、世の中に困る人はいるわけです。私は匿名でブログやっているが、本名でやらないといけなくなったら困る。

 

つまり、紀藤弁護士が言っているのは、自分たちが困らない範囲で犯罪を減らす策を提唱したに過ぎないということ。0にする方法はあるんですよ。でも、それはやりたがらない。自分たちが困るからね。でも、0にする必要はないということになると、じゃあ今の数字は何でダメなの?となりますよね。今、ネット犯罪が年間で100件起きていたとします。ネットの匿名制をやめたら犯罪が年間30件になるとします。紀藤弁護士が0にする必要はない。減れば良いと考えているということは、この30件の犯罪は容認するわけですよね。容認というか、しょうがないって扱いになるわけだ。じゃあ、100件は何でダメなの?となる。0にすべきという意見ははっきりとした主張が見えるが、何件かは起きても構わないとなると、それはそれぞれで許容範囲となる件数が違うはずで、100件だって良いじゃん?っていう意見が正当性を帯びやすくなる。ネット規制の反対派は犯罪の発生件数が現状維持でも良いという意見なわけだから、紀藤弁護士が0にすべきと主張したならまだしも、0にする必要はないとした時点で、100件でも良いと言える余地が存在してしまうことになり、規制をかける必要がないという側の主張がより通りやすくなってしまったのです。

 

ポケモンGOにも同じようなことが言えますね。結局、ポケモンGOが問題というよりは、歩きスマホなど公共への迷惑行為が問題ならば、その大元を禁止するのが1番筋が通っている。例えば、スマホ自体を禁止すれば、歩きスマホポケモンGOの危険な行為はなくなる。0になる。しかし、規制をかけるだけならば、0にはなりませんね。100あったのが50くらいになるかもしれないということ。でも、50は良いのに、何で100はダメなの?というさっきと同じ意見が出てくる。そりゃ100よりは50の方が良いだろうと言うかもしれないけど、でも0を目指せるのに、何で0を目指さないの?0を目指すとなると、先ほど言ったようにスマホ自体を廃止するなどしないといけなくなり、規制をかけろという側にも不都合が出てくる。つまり、規制をかけろという側は、自分たちに不都合がない範囲で常に主張してくるが、その結果、規制をかけられた側の不都合はどうでも良いという主張に見える。ネット規制の問題だって、紀藤弁護士は匿名制を廃止しても大して困らない。自身が本名でメディアに出ているからね。でも、困る人は一杯いる。その時点で、紀藤弁護士の言い方も、自分たちの都合の良い範囲でのみの主張を展開して、不都合を被る側のことは考えていないんじゃ?と思えてきます。0を目指す人はともかく、0じゃなくても良いという主張をすると、こういう突っ込みをする余地が出てくるのです。

 

あと、タレントの土田晃之氏がポケモンGOは危険ドラッグと変わらないという主張をしていたが、これは意味不明です。賛同者が多いとかいう記事も出ていたが、その記事に対するコメント欄は土田氏に対する批判コメントばっかりだったが。運転中にポケモンGOに集中して問題を起こす人間がいた。という点を持ってそう判断したらしいが、それってポケモンGOだけですか?ポケモンGOを引き合いにする意味がよく分からない。運転中に何かに集中すれば同様の問題が起きる。それは危険ドラッグ以外でも、ポケモンGOでも、それ以外でも変わらない。ポケモンGOが危険ドラッグと同じだから規制すべきと言うならば、危険ドラッグと同一視できるものは全部規制すべきと主張しないと、随分都合が良い主張にしか見えない。危険ドラッグは危険と分かっていて服用しているのだから、土田氏も同じく危険な車を危険と分かっていて乗車している人間という点では同じだけどね。危険ドラッグで人を傷つける可能性を背負うのはダメで、車は何で良いんですかね?是非、土田氏に聞いてみたいが、当間の話だろう。さっきと同じで、土田氏も自分が困らない範囲での規制を主張をしてているだけだから。車を規制されると困るが、ポケモンGOも危険ドラッグも規制されても困らないだろうし、だからそういう主張になるのではないでしょうか?

 

 

ポケモンGOよくわかる攻略本1: 〜SNS・まとめ動画・LINE@まで大公開!〜

ポケモンGOよくわかる攻略本1: 〜SNS・まとめ動画・LINE@まで大公開!〜

 

 

あわせて読みたい記事