読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

川谷絵音さんが離婚後3ヶ月で熱愛、お泊り報道に感情論だけの批判殺到

【スポンサードリンク】

ベッキーさんとの不倫で話題になった川谷絵音さんのお泊りが報じられたようだが、また彼に批判が集まっている。批判が集まりそうなのは予想がつくだけに、彼もある意味すごいなと思わずにはいられないが、私に言わせれば、すでに離婚をしているのに、彼が誰と付き合おうがどうでも良い問題にしか思えない。「ゲスの極み乙女。川谷絵音の「お泊り愛」に批判が殺到 - ライブドアニュース」にはそういった詳細と批判に関することが載っているが、下衆なのはどっちなのかな?と思えてくるレベルですよ。

 

ベッキーさん(32)との不倫騒動で芸能界を騒がせた「ゲスの極み乙女。川谷絵音さん(27)のインスタグラムに批判コメントが殺到している。2016年8月30日発売(首都圏など)の週刊誌「週刊女性」が「お泊まり愛」をスクープしたためだ。 同誌(9月13日号)によると、お相手は20代の一般女性という。記事では川谷さんと女性が肩を組んで歩く写真を掲載しているほか、2人が川谷さんの自宅マンションに向かったことなどを報じている。 5月には離婚成立を発表 ベッキーさんとの不倫問題が公になったのは1月上旬のこと。その後2人は破局し、川谷さんは5月に離婚成立を発表。現在はフリーの身だ。さらに週刊女性の記事によると、直撃取材に対し、まだ恋人関係ではないとしつつも今後の発展に含みを残した。 しかし、同誌電子版「週刊女性PRIME」が29日に記事の一部を先行公開すると、川谷さんのインスタグラムには 「ほんとクズ、軽い男」 「また女遊びか...離婚して間もないのに...」 「元奥様やベッキーの気持ちを全く考えてませんよね?」 「もう一度ゲスを好きになろうと思ってたのに、もう無理です。さようなら」 などと批判的なコメントが相次ぎ寄せられるようになった。 ベッキーさんとの「大恋愛」が公になってから約8か月。バンドの下積み時代から支えてくれた妻と離婚してからは約3か月しか経っていないことで、「節操がない」と感じた人が少なくなかったようだ。

 

結局、これを読むと、川谷さんが叩かれている理由がよく分からない。よくありがちな感情論か?って感じもするが。不倫を叩くこと自体は民法違反を根拠に感情論以外で可能だからまだしもと思うが、これは何が悪いんですかね?と思ったら、結局騒動から時間が経っていないことが問題なの?じゃあ何ヶ月後だったら良いの?というところまで答えるべきだと思うんですけどね。本当に騒動から時間が経っていないのに、こういったスクープをされることが問題という理由で批判をしているならば、どれだけ時間が経ったらOKなのか?そこを提示すべきだと思うんですけど。仮にそれを提示したところ、それはその人の意見でしかないですよね。つまり、感情論ってこと。これって結局、いじめの構造と同じなわけだ。不倫を叩くことに関してはともかく、これは何が問題なのか?法律などを基準にしては説明できない問題でしょう。つまり、個人の価値観にそぐわないから叩いている。ただ、それだけなのですよ。それっていじめる側の根拠と変わらない。学校でのいじめは叩くくせに、こういのは平気でやるのだから説得力がない。仮に学校でのいじめを肯定する人間ならば筋が通っていると思うけどね。

 

 

>タレントのフィフィさん(40)は30日未明、「週刊女性PRIME」の「お泊り愛」記事をリツイートした上で「不平等感」に言及。「ベッキーさん、戻っておいでと言わないものの、男性の浮気だけ大目に見られ、女性だけ叩かれるこの風潮気持ち悪すぎるから」と、ベッキーさんばかりがバッシングされてきたことに嫌悪感を露わにした。 そして「そもそも既婚男性って公表しなかった男を好きになって、その後の彼女の対応が不手際としても、やっぱりその男の対応が更にどうしようもない訳で、社会的制裁を受けるべきです」とつづり、会見などを行わないまま音楽活動を続行している川谷さんの対応を問題視した。

 

この人の言っていることはさっぱりだ。日本語が意味不明な部分もあるが。何に怒っているのか?というと、記者会見をしなかった点と音楽活動を続けている点なのか?で、結局それの何がいけないの?という話なんですけど。記者会見をやる義務なんかないのに、何でそれを強いるんですかね?これは不倫の謝罪も同様だ。直接関係ない人間にまで謝る義務はないだろう。不倫をしても一般人には公で謝罪をなんて言われないし、芸能人は大勢の人に迷惑をかけたとか言うが、大勢の人に不倫の事実を広ませた兆本人はマスコミであり、マスコミが広めれば、多くの人に不倫の事実が伝播するに決まっているのだから、それを分かってやっているマスコミにも謝罪を要求すべきだ。この批判は、日本人特有の「他がやっているのに、何でお前はやらないんだ?」という甘え論に、この人も染まってしまったんじゃないか?と思えるほどなんだが。前日に書いた台風や大雪の中で何で出勤しないといけないのか?と思う人がたくさんいると思うが、それで休んだりしたら、会社から「他の社員はみんな我慢して出勤しているのに、お前だけ休むなんて甘えだ!」と言われるに違いないというのは容易に想像がつく。しかし、だからといって別に多数派が正しいということにはならないですけどね。この場合には会社に雇用されている身であるからっていうのは一応あるが、記者会見はそういった関係性のものでもない。やりたければやれば良い性質のもの。この問題だけに限らないけど、特定の蔓延している価値観をまるで絶対的正義のように押し付ける人間が本当に多くいる。不謹慎厨と同じような類の人たちですよ。記者会見をやっている人間だってやりたくてやっているわけじゃないと思うけど。結局、社会のこういう圧力に屈しているだけであって、川谷さんはその点すごいなと思う。フィフィさんに関しては個人的に気に入らない人間に社会的制裁をとか言っている時点で、いじめっ子の思考回路と変わらないんだが。

 

記者会見も離婚後のお泊り報道も、結局ファンとか前妻のことを考えたら、とるべき行動ではないということは1つの意見として言えても、じゃあ彼がそんなことどうでも良いと考えていたら、彼にとってそんな説教は何の意味も持たない。そもそも前提となっている価値観が違うわけだから。多くの人はファンや前妻のことを考えたらこんな行動をとれないでしょ?という価値観があるところからスタートしているが、川谷さんの場合には多分違うんじゃないか?と思う。法律に裏づけされたものではないので、どっちの価値観が正しいと決めるつもりもないし、そうであれば川谷さんのようなごく少数しか持ち合わせていないと思われる価値観も「悪いこと」と断罪することはできない。法律で禁止されていないことをやって何で叩かれるの?というのは、舛添知事の辞職問題のときに、彼を批判している人たちに対して、舛添知事を擁護する側が言っていたことなのだが、それと同様に思う。法律に反しない行動に関しては、好き嫌いの余地を含ませては本来ダメだろうと。良いことと悪いことのボーダーラインを定めたのが法律なのに、法律に文句を言わないで、何で一応その法律に沿った国民の方に文句を言うのか?さっぱり。そういう風潮は今に始まったことじゃないし、この先消えるとも思わないからもう諦めているけど、また個人的に呆れる批判の仕方をする人たちが多くて、日本人にがっかりした瞬間でもあります。

 

 

はじめての不倫学 「社会問題」として考える (光文社新書)

はじめての不倫学 「社会問題」として考える (光文社新書)

 

 

あわせて読みたい記事