読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

公務員の論文で足きりで0点や減点は名前や受験番号の書き忘れ、文字数が足りない場合?

【スポンサードリンク】

公務員試験の論文における足きりとはどういう状態を指すのでしょうか?一般的に公務員試験の論文というのは、論文を採点する前に同時に行うことが多い択一試験の採点をして、それが一定の点数を越えていた場合に改めて論文を採点されるということが行われると思います。したがって、論文がどれだけできていても、教養試験などが一定の点数に届いていない場合には、その時点で公務員試験の論文は足きりになってしまうのです。しかし、公務員試験の論文そのものにも足きりがあるかもしれません。それはつまり、論文自体は採点はされるが、採点時点で点数を与えるに値しないようなものです。1番代表的なのは名前の書き忘れ、または受験番号でしょうか。論文を書いた本人が特定できないと、点数をつけても意味がないので、当然かもしれません。しかし、名前または受験番号のどちらかが最低書いてあれば、一応本人は特定できるでしょう。つまり、名前の書き忘れか受験番号の書き忘れで公務員試験の論文が足きりに遭う可能性はあるものの、どちらかの忘れの場合にはなんとかなるかもしれないのです。

 

しかし、公務員試験の論文で名前の書き忘れや受験番号の書き忘れは0点になる可能性があるという意味では、絶対に避けないといけないでしょう。というか、ちゃんと余裕を持って確認をしたいところですね。また、公務員試験の論文のタイトルとかを書き忘れることもあるかもしれません。タイトルの場合は書き忘れても0点にはならないんじゃないですか?あくまでも私の予想でしかありませんけど。公務員試験の論文で足きりをされるっていうのは、よほどのミスだと思います。そうじゃなければ公務員試験の論文の減点で済むと思うんですよね。だから、公務員試験の論文では文字数が足りないなどの場合も考えられます。文字数が規定のものに届かない場合でも、私は足きりにはならないと思います。よほどな場合を除いて。例えば、1000文字書かないといけないところを500文字にも届いていないとか、そういう極端なケースはともかく、10文字、20文字とか、50文字くらいまでならば減点の範囲じゃないですかね?これも私の予想でしかないですけどね。公務員試験の論文の減点はどこまでの範囲か?っていうのは、採点をする試験種や自治体の匙下限の部分もあるので、何とも言えませんが、公務員試験の論文で足きりがある場合は先ほども言ったようによほどだと思いますから、公務員試験の論文の文字数が足りないとしても直ちに0点はないのではないか?と思います。そもそも文字数をいちいち数えているのかも分からないですよ?明らかに見た目で少ないと分かるもの以外は減点の対象にすらなっていないかもしれません。

 

そんなわけで公務員試験の論文の減点や足きりに関して、想定される状況を考えてみましたが、結局採点する側の基準とかは全く分からないので、考えてもしょうがない気もしますけど、文字数に関してはとりあえず規定の数字を越えられるようにはした方が良いと思います。規定の文字数を超えてさえいれば、何文字でも関係ないと思うんです。多い方が有利にもならないとは思います。多い方が有利とか思ってしまうと、どうでも良いような情報を付け加えて、文字数を増やそうとする人も出てくるかもしれませんが、それは逆効果じゃないですかね?それこそ公務員試験の論文の減点になる可能性がある。公務員試験の論文の文字数は多い方が点数が高いとはならないと思います。普通に考えたらね。ただ、規定の文字数に届いていないと減点の対象になるか?もしかしたら足きりということもありえるので、そういう場合はちょっとどうでも良い情報でも付け足して、無理矢理文字数を越させた方が良いと言えるかもしれません。結局、公務員試験の論文の採点基準が不透明で分からないので、予想からの考察しかできませんけど、私の感覚ではこんな感じでしょうか?名前の書き忘れや受験番号の書き忘れは致命的なミスになるかもしれませんから、本当に気をつけた方が良いと思います。

 

公務員試験の論文の採点基準はそれぞれで違うでしょうから、同じミスでも足きりになったりならかったり、減点になったり、ならなかったりというのはありますから、そういった可能性を少しでも残さないために、模試とか受ける段階からチェックする癖をつけたいですね。公務員試験の論文の減点でよくあるのは原稿用紙の使い方のミスです。論文を書くときに原稿用紙の使い方をミスっている人がたまにいると思うのですが、それは減点の対象になると思うので、ちゃんと確認をしておいてください。予備校に通っていればちゃんと授業を受けると思いますけど。公務員試験の論文で0点とかにされたらやり切れませんから、本当に気をつけてほしいです。気をつけるべきポイントとしては名前や受験番号を書き忘れないこと、タイトルをちゃんと書くこと、文字数が少ない状態にならないことなどを公務員試験の論文を書くときには注意してほしいと思います。択一試験のみではなくて、公務員試験の論文も配点が高いケースはあると思いますから、しっかりと確認を怠らないで、少しでも点数が上がるようにしていきましょう。

 

 

 

あわせて読みたい記事