就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

財務専門官の面接で志望動機や自己PRの考え方で重要な仕事内容の評判ややりがいの一例

【スポンサードリンク】

財務専門官という職種は公務員試験の国家専門職の中でもちょっと目立たない存在かもしれません。国税専門官を目指す人が割と多くいるので、財務専門官は相対的に話題に挙がりづらいということも言えるかもしれないのです。しかし、ある意味国家専門職の中では、1番国家公務員っぽい仕事内容なのが財務専門官の評判と言えるのではないでしょうか?財務専門官の仕事内容はどういったものか?というと国の出先機関として財務や金融全般の業務を行っています。1番代表的な仕事内容としては国が行うお金の使い方の適性のチェックなどですね。国が予算として使っているお金の使い方の中で問題点はないか?などを調べます。国が独善的に予算の編成や執行を行うと、どうしても本人らが気付いていないところで無駄が生まれていたりしますから、それを第3者機関が指摘してあげることで、より効率的で適正なお金の使い方を目指していくことができるのです。これが財務専門官の仕事内容として1つ大きなものになるでしょう。しかし、財務専門官の仕事というのはそれだけではありません。それ以外にもたくさんの業務が日々待っています。

 

財務専門官の仕事内容は公的な機関の監視だけに留まりません。民間企業に関しても同様の業務をしているのです。以前、よく聞いたワードでインサイダー取引というのがありますが、こういった問題に関して投資家の保護を目的に、証券会社の業務の監視を行っています。国家のお金の使い方の監視と民間企業のお金の使い方の監視も同時に行っているので、そういった意味では多忙な日々を過ごしている可能性もあると思います。そして、それ以外では金融機関に関しても同様の業務の監視をしています。特に銀行ですね。銀行の経営が健全かどうかの監視をしながら、逐一指導などをしていくのも財務専門官の仕事内容になります。財務専門官についての評判や口コミなどを見ると、かなり国民に身近な業務もこなしているのが分かると思います。銀行は国民生活の基礎を作るものなので、国の機関としてもかなり重要視しないといけない存在と言うのは言えると思います。そういったところがまともな経営をしないと、国民の生活も破綻する可能性がありますから。財務の問題という意味では、銀行の監視業務、そして指導徹底などをしていくのも彼らの役割になるのです。それ以外にももちろん財務専門官の仕事内容はありますけど、代表的なもの、有名なものはこのあたりでしょうか。

 

財務専門官の仕事内容のうち、代表的なものと思われるものを挙げましたが、それ以外にも業務はたくさんあります。したがって、挙げたらキリがないと思うので、細かいところまで調べたい方は、さらに多くの情報を見つけてほしいと思います。しかし、財務専門官の仕事内容は分かってもどういうやりがいや大変さがあるのか?というのも知っておくと良いのではないでしょうか?財務専門官の面接での志望動機などを考えるときには欠かせないでしょうから。あと自己PRに関してもです。財務専門官は国家公務員です。国家公務員は国民のために仕事をしているわけですけど、地方公務員と違って直接国民と接する機会は限りなく少ないです。したがって、誰かの役に立っているという実感が沸きづらいですけど、先ほど挙げた銀行などの健全な業務が達成されているか?の監視は民間の人間と直接接して、彼らの役に立つとともに、間接的にその銀行の利用者、つまり国民の役にも立っているという実感を持てるのではないか?と思います。国家公務員の中でも比較的そういう国民との接点がありそうな部分も多く、財務専門官ではやりがいを感じやすい面は十分あるでしょう。銀行は国民生活の基礎を成すものですから、その健全化に貢献している財務専門官の役割は本当に大きいと言えると思います。

 

それ以外では財務専門官の面接での志望動機を考えるときに使えそうな例としては、災害時に対する費用の使い方を管理します。特に公共施設に関しては速やかに復旧をしないと国民生活に影響が出るために、そういった施設に関して復旧を果たすための費用を算出したりします。そして、国有地に関しては災害が発生すれば、国民を守るための仮設住宅として使用できるようにするため、無償で各自治体に貸し付けるなどの仕事内容も含まれます。国有財産は地方や都市圏の発達を狙って有効に活用、管理をするための施策も考えていきます。国税専門官ではやりがいのある仕事もたくさんあると思うので、多岐に渡るものを少しでも理解していくと良いでしょう。財務専門官の面接での自己PRとかを作るときには仕事内容と関連させるのが良いと思います。こういった財務専門官の仕事内容とかを踏まえて、結局は共通点を見つけて、そこをつなげる作業をすると、自分の持っている力が財務専門官で生かせるということになるでしょう。そうやって財務専門官の自己PRの考え方をしていくと良いと思います。志望動機の考え方に関してもそこからがスタート地点になります。財務専門官の評判などを事前に調べて、口コミなどを参考にして、そもそも彼らの業務は何なのか?を理解するところから始めないといけません。

 

こういった部分は財務専門官の面接での志望動機や自己PRに生かせる余地のある部分になると思います。財務専門官の志望動機などは仕事内容ややりがいなどをリンクさせうという方法が1つあります。それ以外の方法で志望動機を作っても良いんですけど、先に自己PRを作った方が良いでしょうね。財務専門官の仕事内容や大変な部分を知ったうえで、自分の持っている能力や経験のうち、どういったものを生かせることができるか?それがそのまま財務専門官の自己PRになると思います。財務専門官の自己PRの考え方は他の試験種同様に、その仕事内容や大変な部分と自分の持つ能力や経験をリンクさせることになるでしょう。それができれば財務専門官の自己PRは作りやすいと思うのです。自己PRを作ったらそれをそのまま財務専門官の志望動機にしてしまえば良いわけです財務専門官の志望動機の考え方はどの試験種でもだいたい共通ですけど、自分が向いているところがあるからこそ働く理由にもなるわけですから、財務専門官に関する自己PRがある時点で志望動機はできているわけです。本当に財務専門官の仕事をしていくときに欠かせないような能力、経験を持っているという自負があって、それを自己PRに表せたならば、その時点で、貴方は財務専門官に向いているということが言えるわけじゃないですか?向いていること自体が志望動機になり、自分が財務専門官になれば、そういった自己PRの部分を生かして業務において貢献ができるからこそ志望するというので構わないと思うのです。1番すんなり決まる自然な流れの自己PRだと思います。財務専門官になりたいからなるのではなく、自分が業務が貢献できるからなると言った方が、独りよがりな感じが出ていなくて、客観的な目線から自分を見れていて公務員としても優れた志望動機になると思います。

 

 

面接・官庁訪問の秘伝 2017年度採用 (公務員試験)

面接・官庁訪問の秘伝 2017年度採用 (公務員試験)

 
あわせて読みたい記事