就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

食べログ炎上の原因となった行為は、ビジネスの現場ならば当たり前かもしれない

【スポンサードリンク】

食べログで発覚したというか、今更感もあるような問題でもあるかもしれないが、「食べログの横暴を飲食店が暴露「ネット予約使わないと検索順位落とす」 - ライブドアニュース」に載っているような食べログの炎上騒動に関して、個人的に思うことがあるので書いておきたい。

 

>カカクコムが運営するグルメサイト「食べログ」に情報を掲載している飲食店のオーナーが、店舗の評価をリセットされた後、食べログの担当者から「ネット予約を使わないと検索順位を落とす」という連絡があったとTwitterに投稿した。同様の報告は複数あがっており、ネットでは食べログへの批判や疑問の声が殺到している。

ラムチョップを提供するワインバル「ウルトラチョップ」のオーナーは、「全店の食べログスコアがいきなり3.0にリセット。そこに担当営業から連絡が来て『食べログのネット予約を使ってもらわないと検索の優先順位を落とします』」とその時の状況を説明。

評価がリセットされた後、ネット予約機能の使用を迫るような発言が食べログからあったことを明かした。別の飲食店関係者からも、「うちの会社でやってる店が、いきなり食べログ3.0にリセットされた。理由は、食べログの契約更新で、食べログ側が押し付けてきた物を部分的に断ったから」といった投稿がされている。 この食べログの対応に対して、ネットでは、「点数を勝手に落とすって店側だけじゃなく評価をしたユーザーもバカにしてない?」、「意図的に低評価にされて客減ったらそれこそ営業妨害」、「こんな汚いことをやっていたなんて、幻滅しました」、「こういうお金で評判を左右させる悪質サイトは要調査と思う」といった批判や疑問の声が多数寄せられている。

カカクコムに対してこのような発言があったのか等を質問しているが、7日14時時点で回答はない状況。その一方でカカクコムは、「『食べログ」レストラン向け広告商品改訂のお知らせ」を、7日付けでホームページに掲載。今回の件との関連は記されていないが、「自然検索で表示される点数及びランキングにおきましては、オンライン予約機能の利用是非に一切関係なく、これまでと同様ユーザーの評価を基礎に算出、表示をしております」と説明している。

 

こういうビジネスをやっている会社ならば、そりゃそういうやり方にもなるだろうな。というのが個人的な感想であり、私自身は食べログに関して何の感情もない。私は食べログを使ったこともないし、使おうとも思わない。また、食べログがやったことは、私にとっては当然に予想できる範囲のことであり、それに関しても何とも思わない。今更かという感覚さえある。食べログがやったことが法的に問題があるならばともかく、この記事の詳細を見る限りはあまりなさそう。強いて言うならば、ユーザーが評価した点数を勝手にいじるのはどうかと思うが、低い点数を高くしたとからば、それによって店に行ってしまい、いじって出された高い点数がなければ店には行かなかった!みたいな被害を被ったとかで詐欺的な臭いもしてくるかもしれないけど、今回は逆らしい。高い点数を低くしたみたいなので、あまり法的な問題はなさそうな気がしてくる。そうなると、私は食べログの行為を良い、悪いで二分して考えるつもりはない。あとは食べログのやり方をどう感じるか?の問題でしかないないので、食べログ側が、ユーザー離れが起きても良いというならば勝手に好きにやれば良いんじゃない?くらいの感覚でしかない。それを困ると感じるならばやめた方が良いとなるだけでしょう。

 

所詮、ビジネスっていうのは、お客さんのために。とか、社会のためにとか、そういう言動を建前にしてやっているかもしれないが、さすがにそれは幻想だと思うし、実態はそんな姿勢じゃないというのはビジネスの本質だと思う。別に全ての企業が建前と実態が違うというつもりはないし、お客さんの気持ちを考えていないと言うつもりはないが、傾向として、どういう姿勢でやっていようが、有名企業や有名な起業家はだいたい批判される。誰からも歓迎されるようなビジネスってないですよね。お金儲けっていうのは、どうしてもそういう問題を生むと思うんですよ。ある意味、人生における格差に1番つながりやすい部分だから、批判の矛先になりやすい。誰からも批判されないビジネスってありえない。そういう意味では、食べログの今回の問題もビジネスの姿勢としてはそんなもんだろう。くらいの感覚でしかない。ユーザーを騙しているという点については、その通りかな?という気もするが、個人的には今回の疑問は告発をした人です。

 

>ウルトラチョップ全店の食べログスコアがいきなり3.0にリセット。そこに担当営業から連絡が来て「食べログのネット予約を使ってもらわないと検索の優先順位を落とします」と。仮にも飲食業界でビジネスするのならばもう少しお客様やお店や業界全体に資する気概はないのかねぇ…(苦笑)

 

上記は今回契約更新を迫られて、スコアをリセットされたお店の人のツイッターでのつぶやきだが、私が疑問に感じたのは最後の一文です。お客さんや業界全体に資する気がないという点を暗に批判している印象だが、これに関してはすでに述べたとおりですね。そんなことを考えていたらビジネスはやっていけないのでは?と思います。これは私の持論だけど、そういうところまで気を回してビジネスをやっている、お人よしの会社が成功する確率は低いんじゃないか?と思う。強かさがないといけないのは企業だけじゃないけど、人生のいろいろな部分でも共通だと思う。別にそういう気概でビジネスをやること自体は間違っていない。それは人の、会社の自由だ。ただ、利益を挙げてこそのビジネスならば、そんな気概は持たないという人、会社の方がむしろ自然にも思えてくる。だからこそ、金儲けに対して良いイメージを持たない人間が多いのかもしれないけど。この人の気持ちは理解はするけれども、これは現実的には理想論の部分が強いと思います。

 

学校では教えない 徹底網羅! お金儲けのトリセツ

学校では教えない 徹底網羅! お金儲けのトリセツ

 

 

あわせて読みたい記事