読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

日本史の史料問題が苦手な人の勉強法や対策でおすすめの参考書と問題集

【スポンサードリンク】

日本史における史料問題というのは、非常にややこしいものです。日本史をやっている人間ならば分かると思うけど、基本的には古文みたいな要素が入ってくる。日本史における史料問題というのは、決して頻出ではない。出ないことも多い。でも、出るかもしれない。そして、対策を全くしていないと出たときに解けないことは多々ある。難関大学でも、そうじゃない大学でも史料問題が出るか?どうかは微妙なところで、私の感覚だと出ないケースの方が多い気がする。仮に出ても、配点としてはそんなに多くはないと思います。そして、多くの受験生が史料問題は苦手だと思う。というのも、模試とかで史料問題はあまり出ないというのもあるかもしれない。つまり、普段から勉強しないといけない癖がつきづらいのです。ある程度の時期になって、赤本をやり始めると、史料問題が出ていることに気付く。やらないとマズイのか?と思うが、そこからやり始めるのも何だか面倒に感じるかもしれない。

 

私自身そうでした。私は最後の最後まで史料問題の対策は大してやっていませんでした。全くやっていなかったわけではないが、あまりやっていないのは覚えている。ただ、私の場合は運がよかったのか?分からないけど、センター試験から私立大学の一般入試まで史料問題はどこも出なかった気がする。自分が受ける予定の大学学部の赤本では出ていたところもあったんだけど、私が受けた年は出なかったとか、そういったこともあったのです。したがって、やっぱり史料問題はマイナーであることには間違いない。しかし、出る可能性はある。そうなると、時間対効果がものすごく悪いジャンルの問題とも言えるかもしれません。やらないと出たときに困るけど、やっておいてもどこも出ない可能性もある。だから、やらない人が多いんでしょうね。やらないっていうのも1つの選択肢としてはありかもしれないが、仮に日本史の史料問題の対策をするならば、使う参考書は限られてくる。私が使っていた中では以下の石川日本史B講義の自供中継シリーズが良かったと思う。

 

石川晶康 日本史B講義の実況中継(1)原始~古代 (実況中継シリーズ)

石川晶康 日本史B講義の実況中継(1)原始~古代 (実況中継シリーズ)

 

 

こちらは1~4巻までセットであり、基本的には流れを抑える参考書です。私自身はこれを使ってから偏差値が相当伸びました。最終的には偏差値70以上、センター試験は満点近くとれたので、日本史の流れを抑える参考書としては1番おすすめできます。しかし、本書にはその流れの中でその都度頻出の史料に関しての解説が出てきます。史料の現代語訳や勉強する上でのポイントなどが載っているのです。1~4巻の全部の中にかなりたくさんの史料が出てくるので、日本史の史料問題における勉強法としては効率が良いかもしれません。ただ、史料問題メインの参考書ではないので、解説部分はそんなに多くなかったと思います。でも、それぞれの日本史の頻出の史料における基礎知識は大分つけられるのではないか?と思います。ちゃんと読み込めば。私はこの参考書に載っている史料を読んでいたくらいしか勉強していませんでした。日本史の史料問題のおすすめの参考書として1つ挙げておきたいと思います。本書は史料問題の対策もそうですけど、日本史の成績や偏差値そのものを全体として上げたい方、流れをきちんと抑えていきたい方にもおすすめの参考書なので、そういうところも同時に知っておいてもらいたいです。

 

そして、それ以外の日本史の史料問題の対策の問題集というと、以下の一問一答が挙げられます。この一問一答は史料問題用のものとそうじゃない流れを抑えるものに分かれていて、どちらもかなり評価が高い一冊になっています。特に本書について言及すると、頻出度の高さ、優先順位の高さが明確になっているので勉強がしやすいという点が挙げられます。そして、内容面としては史料自体の訳もそうですけど、出題パターンを踏まえたうえでの解説がしっかりとしているのが特徴です。実際にこういう問題が出るかもしれないというものを解きながら、知識がつけられるので、慣れという部分も身につくのではないでしょうか?模試とか赤本を解いていても、史料問題ってそんなに出題が多くないと思うので、慣れるようになるまで解けないんですよね。経験できる問題が少ないという意味では、本書のような日本史の史料問題の問題集はおすすめでしょう。より実践的な日本史の史料問題の覚え方というか対策ができると思いますから。日本史の史料問題の対策としてはこういった参考書を使っていくのが良いと思います。やるか?やらないか?ということも含めて考える部分が大きいのが史料問題になるので、対策をやる場合にはどこまで時間をかけてやるか?も重要ですね。何度も言っているように、日本史において史料問題はマイナーですが、たまに出るところは出ますから。

 

日本史史料問題一問一答―完全版 (東進ブックス―大学受験高速マスターシリーズ)

日本史史料問題一問一答―完全版 (東進ブックス―大学受験高速マスターシリーズ)

 

 

日本史の史料問題の覚え方としてはいろいろな方法がありますが、先に紹介した石川日本史B講義の実況中継か、東進の日本史史料問題一問一答完全版のどちらかが良いのではないか?と思います。前者の実況中継については史料問題メインではなく、サブで載っている感じで、流れを抑えるための参考書ですけど、日本史の全般的な知識をつけるのには有効な一冊なので、偏差値を60、65、70くらいに上げたい人には本当におすすめです。後者の一問一答は史料問題だけに特化しているので、日本史の史料問題の対策でおすすめの問題集を探している方にとって使ってみる価値が高いと思える一冊です。問題を解く形で勉強できるのが良いでしょう。日本史の史料問題って苦手でできない人も多いと思うんですけど、やらないという選択肢もありますけど、やった方が良いのはそうでしょう。時間があるならば。今回紹介した2冊はどっちも使ってみてほしいですね。特に日本史の偏差値を底上げするには実況中継は欠かせないです。実況中継でも史料問題の対策はできますが、それを使いながら史料問題への個別の対策として一問一答をやっていくと良いかもしれないです。偏差値を60,65,70へと上げたい人は実況中継を、史料問題への対策を完璧にして、そこから少しでも偏差値を上げたい人は一問一答が良いかもしれません。

 

日本史の史料問題の勉強法はこういったおすすめの参考書や問題集を使っていくと良いかな?と思いますが、古文を勉強しているような感じなので、ちょっと大変は大変かもしれません。でも、日本史の史料問題はできない人が多いと思うんですよね。これが得意という人は少ないでしょう。日本史の史料問題が苦手な人でもやれば全然違いますから、紹介したおすすめの問題集などを使ってやる気のある人はやっていってほしいと思います。ひたすら暗記です。日本史の史料問題は覚え方があまりないですよね。語呂あわせとかも使いづらいですから。そういった部分で日本史の史料問題を苦手としている人は多いと思います。私も大の苦手でした。日本史は大の得意でしたけど、史料問題はできないまま放置していた時期もありました。でも、日本史の史料問題はおすすめの参考書や問題集を使って取り組んでみると少しでも点数が上がるでしょうし、本番でも出たときには点数が伸ばせて、合格可能性が上がるのではないでしょうか?日本史の史料問題の勉強法はいろいろとありますけど、おすすめのものを紹介してみました。日本史はやればやるだけ点数が上がって、偏差値も上がりますから、本当にどれだけやる気を出して頑張れるか?です。

 

 

改訂第2版 センター試験 日本史Bの点数が面白いほどとれる本

改訂第2版 センター試験 日本史Bの点数が面白いほどとれる本

 

 

あわせて読みたい記事