読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

関西学院大学に受かるには?偏差値や難易度は?入りやすい学部と難しい学部に分かれる

【スポンサードリンク】

関西学院大学は西の慶應と呼ばれていたときもあったみたいなんですが、今はMARCHクラスの大学として定着していると思います。そう呼ばれていた時代の背景とかはよく分かりませんが、関西では同志社大学に次ぐ難関私立大学としてかなり有名です。有名人の出身者も多いですし、あとキャンパスが人気みたいですね。この関西学院大学の偏差値は概ね58~60くらいになるでしょうか?難易度の高い学部もありますが、割と入りやすい学部もあるので、どこを受けるか?でかなり合格可能性が変わってきます。この関西学院大学の看板学部は経済学部という声が大きいみたいです。バランスよくいろいろな学部を備えていて、非常に規模が大きいのも特徴です。ミッション系の大学ということもあってか、青山学院大学にも似ている気もします。お互い国際系の学部の偏差値が高いですし。関西学院大学で偏差値が高いのは国際学部ですね。ここは62,3くらいはありそうです。難しい学部と言えるでしょう。青山学院大学では国際政治経済学部が特に難しいですから。逆に関西学院大学で偏差値が低い学部は神学部を除くと法学部や人間福祉学部でしょうか。あとは学科によっては教育学部なども当てはまる可能性もあります。関西学院大学では難しい学部とそうじゃない学部の格差が結構あるので、受験をする際には細かいところまで知っておきましょう。

 

関西学院大学の倍率は結構学部ごとに差があります。全学部日程、個別日程、関学独自日程の3つがありますが、1番受験者数が多いであろう個別日程では1倍台のところもありますし、5,6倍あるところもあり、倍率を見ても関西学院大学の難易度は結構違いがあるということになるのです。例えば、関西学院大学の文学部の倍率は1倍台のところがあります。前年度の入試では関西学院大学文学部の文化歴史学科の哲学倫理学専修では1.9倍となっています。そして、ここは合格最低点が5割を切っているという非常に珍しい学部学科になります。関西学院大学の合格最低点の中でも5割を切っているのは他にないみたいです。文学部は学科や専攻が比較的多くあるので、その中で穴場のところがどうしても生まれやすいのでしょう。したがって、関西学院大学の中で入りやすい学部の1つに文学部というのも言えるかもしれません。特に関西学院大学文学文化歴史学科哲学倫理学専修は穴場と言えるのではないか?と思いますが、今後も同じ傾向が続くとは言えません。関西学院大学では倍率も合格最低点も低いところなのは覚えておくと良いでしょう。しかし、ここも簡単に受かるというわけではないですからね。関西学院大学の文学部全体では難易度は易しくはないが、細分化して見ると穴場があるということなのです。

 

関西学院大学に受かるにはやはり相当勉強がいるでしょう。関西学院大学難関大学と言っても良いと思いますから、必要な科目数をしっかり勉強していく必要があります。関西学院大学の受かりやすい学部だとしても、それなりのレベルはあるはずなので、勉強は必須でしょう。関西学院大学の難易度はどの学部学科でも産近甲龍レベルまではいっていないと思うので、簡単には受からないでしょう。関西学院大学の受験科目はそれぞれの学部学科で違う可能性があるので、それを確認しておくことも重要ですけど、多くは3科目になるでしょう。英語、国語、地歴公民数学あたりでしょうか?国語は古文や漢文まで含むのか?地歴公民数学で選べる科目は?といった部分までしっかりと確認しておきましょう。関西学院大学に受かるにはそれぞれの学部学科の受験科目を概ね偏差値60あたりまで持っていくのが理想でしょう。関西学院大学では偏差値60なくても大丈夫なところもあれば、60以上ないと厳しいところもあるので、まずはどこの学部を受けるか?を決めないといけませんね。

 

関西学院大学の学部の候補ってかなりありますから、そこを決めるだけでも大変かもしれません。文学部、法学部、経済学部、商学部社会学部などの主要学部に加えて、国際学部、教育学部、人間福祉学部、総合政策学部など、本当に選択肢が多いです。関西学院大学の入試科目は学部ごとにそんなに差はないと思うので、後は学部ごとの問題のレベルや出題傾向などを過去問で確認して、自分で解いてみたりして、関西学院大学の難易度を学部ごとに確認していくのも良いですね。そうすれば関西学院大学の受かりやすい学部も偏差値以外の指標でも分かるかもしれません。すでに受験する学部を決めている人は、そこの過去問研究をやっていくと良いと思うのですが、これから受験する学部を選ぶ人、関西学院大学で受かりやすい学部を見つけていきたいという人はすでに示した偏差値の目安もそうですが、客観的な指標ではなくて自分にとって受かりやすい学部を見つけるために過去問や出題傾向を探って、研究をしてみると良いと思います。ちょっと手間がかかりますし、たくさん学部がありますから大変でしょうけど。

 

関西学院大学に入りたい人は目安として3科目で偏差値が60になるのを目指すと良いと思います。そこまでいければ多くの学部で模試でB判定程度が出そうな気がします。関西学院大学では一部2科目で受けられる学部もありますが、他の大学を併願するのであれば、そこは3科目の可能性もありますし、関西学院大学で別の学部を併願することもあるでしょう。そうなれば、結局3科目やらないと勝負にならないと思いますから、関西学院大学に受かるには3科目きっちりとやること。そして、ある程度3科目間の格差をなくして、バランスよく仕上げることが必要になると思います。関西学院大学に受かるにはそういった意識で勉強していくことが重要だと思います。関西学院大学のレベルになると苦手科目があるときついのです。苦手科目があっても良いのですが、そのままの状態だと厳しい可能性もあります。関西学院大学の難易度からして苦手科目が偏差値50を切っているとかなり痛手になると思いますから、そこをいかに上げられるか?が合否に関係すると思います。

 

関西学院大学(全学日程) (2017年版大学入試シリーズ)

関西学院大学(全学日程) (2017年版大学入試シリーズ)

 

 

あわせて読みたい記事