読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

就活や公務員の面接が早く終わった!すぐ終わる!時間が短いは不採用や落ちるフラグではない?

公務員試験 就職活動
【スポンサードリンク】

就活や公務員試験の面接の時間って気になるんですかね?あらかじめ時間の目安が決まっているような場合には、自分の面接時間とそれと比べてどれくらいだったか?というのは、ちょっと気にしてしまう人が多いのかもしれません。面接時間が予定よりも長くなるのはともかく、早く終わると落ちるフラグなんじゃ?と思う人もいるかもしれない。しかし、就活や公務員試験の面接の時間が早く終わるとしてもそれだけで不採用のフラグと思う必要はないと思います。私の考えだと、受かる人間でも、落ちる人間でも面接の時間が短いということは普通にありえると思うのです。そのケースがやっぱり選考の序盤の面接です。選考における序盤の面接、例えば一次面接とかならば就活や公務員試験の面接が早く終わることは全く問題ないと思うのです。こういった早い段階の面接は、全部の企業がそうではないけど、問題のある人を通さないことに主眼が置かれているケースも多く、良い人を見抜くという場ではないことも多い。

 

つまり、この人は問題外か?そうじゃないか?という部分はそんなに多くの質問をしないでも、時間をかけないでもなんとなく話し方、態度などから分かるのではないか?と思います。中にはちょっと判断がつきづらい人もいるかと思うので、そういう人は時間をかけたり、質問をおおくしたりするため、そういうケースのためにやや予定時間を多くしているのではないか?と思います。公務員試験の場合には面接の回数が1回とか、2回とかのケースもあるので、そういう意味合いの面接は少ないかもしれないが、面接を何回もこなす民間企業の場合には十分ありえる話じゃないか?と思います。就活や公務員試験の面接では早く終わったということはありえない話ではないので、そういったことは知っておくと良いと思います。面接の時間が短いと心理的にはもうダメだと判断されたのかな?と思う人もいると思うんですけど、一次面接とかだったら、別の可能性があるんじゃないか?ということです。仮に一次面接とかじゃないとしても、面接が早く終わるってことはありえる話です。それはそもそも早く終わる原因が何か?という問題になります。早く終わる原因が実は意外なところにあるケースもあるのです。

 

就活や公務員試験の面接の時間が短いという場合と長いという場合を分ける差は単純に質問の数によっても左右されるでしょう。これは理解できると思うんです。で、問題は質問が多い、少ないの差は何で生まれるのか?ということです。質問が少ないというときに、独立した質問が少ないのではなく、付随質問が少ないという場合もあります。いわゆるネホリハホリ聞くってことをするか?しないか?です。ある質問から、ネホリハホリ面接官が次々と追加質問を聞けば当然面接時間は長くなりますけど、何でそういうことをしないといけないか?です。可能性としては、興味のある学生だからたくさん聞いておきたい、たくさん質問をして見極めたいという気持ちがある場合です。しかし、逆に学生の回答が端的で分かりやすいので、それ以上追求する必要性がない場合があれば、面接時間は短くなります。この2つの理由によって、面接時間が長くなるか?短くなるか?が決まる場合もあるのです。だから、面接時間が長い場合には結局、学生が言っていることがよく分からないから追加質問が増えているなんて可能性もあるわけで、就活や公務員試験の面接の時間が短いとか長いというのが、一概に不採用や採用のフラグになっているとは言い難いと思います。こういった部分は結局企業や面接官の思惑がどうなっているか?にもよるので、一概に原因を分析できるものではないです。

 

しかし、就活や公務員試験の面接の時間が早く終わったとなればやはり不安になる人もいるでしょう。就活や公務員試験の面接はすぐに終わるってことあまりないとは思いますけど、予定の時間と比べて結構余しているとか、それくらいのレベルで面接がすぐに終わるとなるとちょっとどうなのか?と思うこともあるのではないか?と思います。でも、そこまで極端なケースはそんなにないんじゃないか?と思いますけどね。面接の時間が早く終わったとしても落ちることのフラグとか、マイナスの要素とは限らないと思いますから、結局ポジティブに考えた方が良いと思います。仮にそういう面接で落ちてもそれは面接の時間が短いこととどこまで関係があるのか?は分かりません。面接の時間が早く終わったとしても因果関係がよく分からないので、気にしない方が良いんじゃ?引き面ない方が後々のことを考えると良いと思うんですよね。面接っていうのは結局時間よりも中身の方が大切ですし、その中身に関して言えば、多くの人は自分をよく見せようと思ってウソを交えたりするケースもあると思います。面接ではウソをつくのはどうなのか?と思っている人もいるかもしれませんけど、その面接でのウソについて記した以下の本は一読に値すると思います。本書はタイトルがキャッチーですけど、いわゆる皆さんが考えている「ウソをつく」とは違う可能性もあります。結局、本書で書かれているのは、多くの人が実践しているような自分を面接官に対してよく見せるというテクニック部分であり、それを「ウソ」というフィルターを通してどう表現するか?のテクニックです。Amazonのレビューにも書かれていますが、本書は面接が得意な人には役に立たないが、面接が苦手な人にとってはかなり参考になる部分もあるため、面接が苦手な人が面接官の評価を上げて、面接に通過し、内定を取るためには使える可能性があると思います。Amazonでの評価も高いので、就活や公務員試験の面接が苦手な人、あまり通過率がよくない人、自信がなくてこのままじゃ内定をとれそうにない人ほど、良かったら参考にしてみてください。

 

 

面接ではウソをつけ (星海社新書)

面接ではウソをつけ (星海社新書)

 

 

あわせて読みたい記事