読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

公務員試験の初級の難易度や倍率は?教養の問題のレベルは低いが作文の対策が鍵になる?

公務員試験
【スポンサードリンク】

公務員試験には上級のほかに中級や初級の試験があります。公務員試験の中でも初級の採用試験の難易度はどうなのでしょうか?公務員試験の初級は基本的には高卒用の試験として作られていて、高校生が受ける前提にはなっていますけど、高校生以外でも受けようと思えば受けられる場合もあります。細かい受験資格は受ける試験種にもよりますし、自分がどこを受けるか?にもよるのでなんとも言えないんですけど、公務員試験の初級はそれこそ大学生でも受けられる場合があるのです。だから、逆のことも言えて大卒程度の上級試験を高校生が受けることも可能な場合があります。今回は公務員試験の初級についての話ですけど、初級の試験はどういった感じか?というと、筆記試験と面接試験などで構成されている点は変わらないでしょう。しかし、公務員試験の初級は難易度が違います。上級と比べてですけどね。上級試験にはだいたいある専門試験というものがない場合も多いですし、教養試験そのものの問題のレベルも公務員試験の初級の方が低い場合もあると思います。そこはちゃんと高校生が多く受けるだろうということを考慮しているのでしょう。公務員試験の初級の筆記試験の問題のレベルは過去問などを見れば分かると思いますので、いずれやってみましょう。

 

公務員試験の初級の筆記試験の内容は基本的には上級試験の教養試験とあまり大差はないと思います。出題科目などもほとんど同じでしょう。そして、公務員試験の教養試験は主に高校までに習った科目が出題されるので、高校生でも十分対応できるはずなんですが、ちゃんと勉強をしていればの話ではあります。全部の科目を一通り真面目に勉強している高校生の方が少ないと思うので、どうしても得意な科目もあれば、苦手な科目もあるという感じになってしまうと思うのです。したがって、得意科目もある程度は勉強した方が良いですけど、苦手科目は間違いなくやらないといけないです。公務員試験の初級の問題のレベルにもよるのですが、ボーダーラインは5割くらいはだいたいどこも必要だと思うので、教養試験でそのボーダーを越えるには全く勉強しないでも可能って人は少ないと思います。公務員試験の初級の難易度は上級と比べたら恐らく低いとは思うのですが、高校生が多く受けるということを前提にすると結構難しいかもしれません。大学受験をしない人が恐らく受けるんでしょうから、大学受験を経験した大学生が受ける上級職とはやはり違いますよね。したがって、やはり勉強なしではきついと思います。公務員試験の初級の出題科目の内訳や出題数は調べておいた方が良いと思いますね。

 

公務員試験の初級の難易度は上級試験と比べたら大分違います。それは筆記試験の内容が教養試験と小論文または作文というケースが多く、専門試験がない、大学レベルの学力試験がないというところが大きいと思います。公務員試験の初級も過去問を何度もやっていくのがポイントになると思うのですが、やはり作文も重要ですね。公務員試験の初級に受かるには意外と作文が重要だったりします。それは教養試験はみんなそれなりに対策をしてくると思いますが、作文や小論文は対策が疎かになりがちなのです。公務員試験の初級では作文の対策は後回しになりがちで、勉強時間が足りないまま本番に臨む人もいるかもしれません。上級試験でも論文の対策が疎かな人はいると思いますけど、やっぱり一緒なんですよね。対策がしづらいというのも原因かもしれません。公務員試験の初級の問題のレベルは高くはないですけど、作文や小論文の対策は早めにやっておくというのが1つポイントになると思います。もちろん教養試験の対策もコツコツやっていかないといけないのです。

 

公務員試験の初級の筆記対策としては教養試験と作文が中心になると思いますが、ポイントとしてはやはり作文でしょう、作文は簡単なように見えて守らないといけないルールとか、書き方があるので、それを勉強しながら、さらに書く練習もしていかないといけないのです。公務員試験の初級の難易度は高くはないとは思うけど、作文が疎かになると難しくなりますよね。公務員試験の初級の倍率はそんなに高くないと思うんです尾根。試験種にもよるかもしれませんが、上級試験もそこまで高いところは限られますが、公務員試験の初級の倍率も高くはないと思うので、最終合格までいける可能性は誰にでもあるでしょう。自分が受ける公務員試験の初級の試験種について倍率や配点を調べてほしいと思うのですが、難易度はどこも多少は上級試験よりは劣ると思うので、教養試験の勉強はどうせみんなやりますから、過去問などを使って公務員試験の初級の筆記対策は教養試験はやるんですけど、作文の対策が遅れがちになる可能性があると思うので、そこは気をつけながら取り組んでほしいと思います。

 

 そして、もちろん公務員試験の初級でも面接があります。公務員試験の初級の面接の倍率などはそれぞれの試験種によっても違うでしょう。低いケースや高いケースがあると思います。また、面接の回数も違うでしょうね。公務員試験の初級の難易度は面接まで含めて考える必要がありますが、今は多くが人物重視で面接の配点も高いでしょうから、公務員試験の初級の面接の難易度も高いと思った方が良いです。自分が受ける公務員試験の初級の面接の倍率などは調べれば分かりますけど、人物重視であることを踏まえて、面接対策も早めに行って行くと良いです。ただ、公務員試験の初級ではやはり作文の対策が大切です。論作文の対策は是非早めに始めて、間に合わないことがないようにしてもらいたいですね。以下のような公務員試験の初級用の論作文の参考書などを参考にすると良いと思います。公務員試験の初級の教養試験の対策も大事ですが、作文の対策も計画的にやっていきましょう。それが合格するのに必要な秘訣になるのではないでしょうか?

 

よくわかる!  公務員試験(初級)のための論作文術

よくわかる! 公務員試験(初級)のための論作文術

 

 

あわせて読みたい記事