就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

就職の良い、悪いで大学を選ぶ意味はない?就職に強い大学に入ると就職で不利になることもあるかも

【スポンサードリンク】

就職を気にして大学を選ぶ人間が多くいるみたいだが、そんなものを気にしても実はしょうがない人間が多くいると思うんですよね。私が大学選びをするときに就職のことなんて全く考えていなかった。正確に言うと、そんなものを基準にして大学を選ぶことに意味を感じられなかった。その理由はただ1つ。私は就職活動で絶対に苦戦する人間だと思っていたから。そもそも就職が良いか?どうかで大学を選んでいる人間が、なぜかFランク大学を候補にしないのが不思議でしょうがない。Fランク大学の中には就職率がものすごい高い大学が混じっていることがある。そういう大学が就職率が高い理由は2つある。1つは偏差値が低くて、知名度がないような大学が生き残るには、就職に力を入れるしかない。そのため、大学自体が就職に対する面倒をよく見てくれて、大学全体の就職率を上げているケース。もう1つはFランク大学に特有かもしれないけど、学部の数が少ないから、学生の数も少ないということで、1人あたりの学生の就職活動に大学側が対応がしやすいということ。こういった理由で、Fランク大学の中にはすごい就職率が良い大学が混じるわけです。

 

でも、就職を気にして大学を選ぼうとしている人が何でそういう大学を候補に入れないのか?はよく分からない。そういう大学を知らないか?就職がよくても、そんな大学には行きたくないか?のどちらかかな?とは思うけど。そして、大学選びを就職を基準にすることが実は意味がないケースがあると言える理由としては、学歴以前の問題が存在するからです。さっき言ったけど、私が大学選びにおいて就職を基準にしなかった理由の1つが、自分がどうせ就職活動で苦戦すると思ったからと言いました。実はそこなんですよね。就職率の良い大学に行こうが、偏差値の高い有名大学に行こうが、就職できない人間っていうのが必ずいて、そのタイプが自分に当てはまっているか?どうかを確認すべきではないか?と思います。簡単に言うと、面接が苦手な人は、どこの大学に行っても変わらない。就職できない可能性が高くなる。それこそ東大出ていても、就職できない人はできないです。自分がそういうタイプの人間だとしたら、学歴フィルターにかからない範囲の大学ならば、あまり変わらない気はする。むしろ、そういう人間はさっき言ったような、個別に面倒を見てくれるような大学、知名度や偏差値は高くないが、学生数が少なくて、就職に力を入れざるを得ない大学の方が、結果的に就職できる可能性は高いのではないか?と思います。

 

高校生の時点で自分が就職活動に長けているか?どうかくらいはだいたい分かるんじゃないか?と思うんです。面接が得意か?苦手か?それ以外の人物試験をこなせるか?という点から、就職を意識して大学選びをするのであれば、必ずしも有名大学の方が有利ではないということ。就職の良し悪しを吟味している人は上位大学のみを比較対象にしているケースも多いと思うのだが、上位大学の時点で出身大学による就職における差は少ない。学歴フィルターを突破できると思われる大学ならば、大学名なんかよりもよっぽど個人の資質の方が重要でしょう。そうなると、例えばMARCHの中で就職が良い、悪いを比較する意味はあまりないと思います。就職活動に長けているならば、MARCHの学歴があれば有名企業でも多くが太刀打ちできるだろうし、就職活動に長けていないならば、どこを受けても無い内定の可能性があるということ。就職を意識して大学選びをするのであれば、まずは自分がどっちのパターンの人間なのか?を見極める必要がある。就職力に長けていると思うならば、漠然と有名大学の方が良いとは言えるが、就職力に長けていないならば、有名大学に進学しても就職できない人間が山ほど出てくるだろうと思う。有名大学はすでに有名だから、就職に力を入れる必要がない。そんなところに力を入れなくても学生を確保できるから。経営上何の問題も生じないのです。

 

また、有名大学に入ってくる学生は元から就職に意識がある人間も多く、放っておいても就職実績を作ってくれる。だから、有名大学は就職力に長けている学生は有利とも言えるが、就職力に長けていない人間はある意味就職に不利なんですよ。大学側が何もしてくれない可能性があるから。逆に有名じゃないけど、就職にかなり力を入れている大学は、履歴書の添削から面接対策など面倒をかなり見てくれるため、就職力に長けていない人はそういう大学の方が良いのでは?と思います。Fランク大学が多いのかもしれないが、就職力に長けていない人が就職するには、そういう大学の方が可能性が高いのでは?と思えてきます。高校生が特定の大学を就職が良い、悪いとか比較して、検討をしている姿をよく見るのだが、特定の大学の就職が良い、悪いっていうこと以前に自分の就職に対する実力のようなものを考慮する方がよっぽど就職においては大事です。良い大学に入ることが必ずしも自分が就職できる確率を上げるわけではないということ。さらに言うと、そもそも在籍している学生がそれぞれの大学で違うのに、それぞれの大学の就職率とか、就職実績を比較してもしょうがないです。就職に意識が向いている人ほど有名大学を選び、そういう学生が多い大学は就職に関しての実績が伸びるのだから。特定の大学がすごいのではなく、すごい学生が特定の大学に集まっているから、そういう結果になるというだけの話であって、分かりやすく言うと、結果的に東大に合格できた開成高校の生徒は、別に開成高校に入っていなくても東大に入れた可能性は十分にあるということ。つまり、開成高校は東大合格実績がすごいとしても、それは開成高校がすごいというよりは開成高校に入れるような頭を持った生徒がすごいという話なのです。その生徒があえてもっとレベルの低い高校を選んでも東大に入れた可能性は十分あるわけですから。そういうメカニズムに気付けるか?どうかも頭の良さに関係してくると思います。

 

 

 

あわせて読みたい記事