読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

欅坂46の衣装がナチスの軍服を似ているから批判って、ただの弱いものいじめじゃないか!

その他の話題
【スポンサードリンク】

欅坂46の衣装がナチスの軍服に似ているという点から批判を受けたという非常にくだらないニュースが日本中をかけめぐったが、このニュースはまたか同じようなことを言っているのか?とスルーしようと思ったけど、最近ブログを書くネタに困っていたので、個人的に思っていることを書いておく。この問題についてはイギリス紙やイスラエル大使館が問題視しているらしいが、日本人でこの衣装のデザインを問題視している人はかなり少ないみたいだね。私はTwitterとかの反応をざっと見た感じでは。影響力のある人の中で、高須院長がTwitter発信していたが、その模様が「欅坂46の「ナチス風衣装」問題 高須克弥氏は異論「屈しちゃだめ」 - ライブドアニュース」に載っている。

 

>2日、高須クリニック院長の高須克弥氏が自身のTwitter上で、アイドルグループ欅坂46の衣装に向けられた批判に対して「人権団体の圧力に屈しちゃだめ」だとコメントした。 欅坂46が先月22日に行われたライブにおいて着用した衣装が、大きな問題となっている。

欅坂46メンバーはミニタリー調の黒いワンピースにマント姿で現れたが、ネット上では、この衣装がナチス親衛隊の軍服と酷似しているという指摘が続出したのだ。 海外でもこの騒動を報じており、米国のユダヤ人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター(SWC)」が公式サイト上で、「10代の若者がナチス風の衣装を着てステージや観客席で踊っているのを見ることは、ナチス大量虐殺の犠牲者に多大な苦痛を引き起こす」と抗議する事態になった。

1日、同グループのプロデューサー・秋元康氏とCD販売元であるソニー・ミュージックは一連の事態を謝罪する事態に。 高須氏は騒動を報じるネット記事を引用するとともに、抗議してきたSWCに「『坊主憎けりゃ袈裟まで憎い』心の狭い人権団体だな」と批判。そして「世界中にある仏教の卍マークには向かって来ないけど何故かな」と皮肉っている。2日、高須クリニック院長の高須克弥氏が自身のTwitter上で、アイドルグループ欅坂46の衣装に向けられた批判に対して「人権団体の圧力に屈しちゃだめ」だとコメントした。

高須氏は続けて、「『坊主憎けりゃ袈裟まで憎い』の心の狭い人権団体の圧力に屈しちゃだめだよ」と訴えたのだ。衣装のデザイナーのセンスはイデオロギーとは無関係だとした上で、「とんだとばっちりだ」「ユダヤ人にペコペコするな」と強硬姿勢をみせていた。 

 

高須氏はそもそもナチスを問題視していない。むしろ、支持しているみたい。私もナチスに関して、否定的な気持ちはあまりない。肯定的な気持ちもないが。ナチスのような行為は別に今日だって世界中で当たり前に行われていることでしかないと思っている。しかも、なぜかそっちは正しい行為として行われているのだから、不思議だ。私は欅坂46の衣装は見ていないが、仮にナチスの軍服と酷似していたり、そっくりだったら何なのか?という問題でしかない。ナチスが愛した制服のデザインを着用する、または考案する人間はナチスと同じ思想とでも言いたいのだろうか?そんなことを言ったら、イスラム国のISはトヨタの自動車を乗り回しているのだから、世界中のトヨタの愛好家を敵に回す覚悟で同じことを言ってもらいたいけどね。高須院長は仏教の卍マークを例に出しているが、結局同じことだ。さらに言えば、ヒトラーがパンを好んで食していたら、同じくパンを好んで食べる人間はヒトラーと同じ思想になるのか?さっぱり理解できない。どういう理屈でそうなるのか?イスラエル大使館やイギリス紙の人間の思考回路がまるで理解できない。

 

これって結局「弱いものいじめ」でしかない。ナチスは世界中から叩かれる存在だから、否定しても自分たちが否定され返される可能性は少ない。しかし、高須院長が指摘する卍マークや私が言ったトヨタ自動車の件は、そんなものを同じ理由で否定したら、世界中からバッシングされることが容易に予想できる。だから、そういったことを起きない対象だけに絞っているのではないか?と個人的には思う。単なる弱いものいじめってことですね。合理的な理由もないしね。ただ一部の人たちが多大な苦痛を引き起こすとかの理由だけで否定して良いのか?個人的には呆れるばかりなのだが、苦痛を受けるだけで何らかの対象物を否定して良いと発言しているわけですよ。この人たちは。いかにおかしなことを言っているのか?がよく分かると思うんだけど。この人たちはこんな差別をしていて、人種差別とかはどうやって否定するの?と思うんだけど。人種差別だって、差別している側は何らかの苦痛を受けていることが直接的な原因ですからね。この人たちは人種差別をも肯定する発言をしているって分からないのかな?本当に肯定しているんだったら、まだ筋は通るけどね。

 

彼らが人種差別を肯定するとはとても思えないから、彼らを論破することは容易い。明らかにワケのワカラナイ主張をしているわけです。実際、こんな意見が正当化されたら困るけどね。それこそ、ちょび髭をトレードマークにしているような人が居たら、それだけで否定されるのか?バッシングを受けるのか?意味が分からない。実際、ドイツではナチスを連想させるような一部の行為をすると逮捕されるらしい。都合の悪いものを隠蔽するのに必死だなとしか思えないが、個人的にはそんなに敏感に隠そうとする必要ないだろうに。別に信仰する自由くらいは与えても良いと思うのに。こんな国には絶対に行きたくないね。ナチスを連想するようなものを公開して、一部の人たちに苦痛を与えるのは何事だ!とか、言うんだったら、交通事故の犠牲者のことを思って、イスラエル大使館の人間とかは車の使用はやめるとかしてもらいたいですよ。このニュースのTwitterの中には「何でユダヤ人が迫害されたか分かる気がする」といった、かなり皮肉を込めたつぶやきもあるし、高須院長も「心の狭い自然団体」と揶揄しているなど、結局ユダヤ人を保護するためのイスラエル大使館の行動も、少なくとも日本においては彼らのイメージを悪化させただけだったのでは?

 

ヒトラーとナチ・ドイツ (講談社現代新書)

ヒトラーとナチ・ドイツ (講談社現代新書)

 

 

あわせて読みたい記事