読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

食事中にスマホを見る、いじるのは失礼?失礼なことで不快にしても構わないと思われている可能性もある

その他の話題
【スポンサードリンク】

『失礼」って言葉は個人的に好きじゃない言葉なんですよね。さっき、たまたまネットのニュースで「食事中にスマホを見るのは失礼なのか?」っていうタイトルの記事があったんだけど、私がこの言葉を嫌う理由は2つある。1つは何が失礼か?っていうのは、人によって見方が違うのに、それを共通化させようとしている点、もう1つは失礼なことは全て悪いことと捉えられて非難される点です。どちらも納得いかない。特に後者は結局は同調圧力でしかない。「失礼」っていう言葉は非常に曖昧であり、漠然と他人を否定する言葉ではあるが、「失礼」という言葉をどういうときに使って良いのか?の決まりはない。なんとなく使われて、なんとなく嫌な気分にさせられる。そんな感じじゃないだろうか?私はこんな曖昧な理由で他人を否定することはしないが、そもそもの問題として仮に食事中にスマホがを使う行為が失礼だという人間がいたとして、失礼な行為をしている本人は悪いのか?という問題がある。私は悪くないと思うんです。

 

というか、結論から言うけど、その失礼なことに憤っている人間は、失礼なことをされても構わないと思われているという可能性もあるということです。別の可能性はそんな意識はないし、スマホを食事中にいじることが他人を不快に指せる行為だとは思っていないパターンね。だから、食事中にスマホをいじっている人も2タイプがいるということになる。食事中にスマホをいじれば相手は不快になるかもしれないが、それでもいいやと思っているパターンが1つ、そしてスマホを食事中にいじることは別に相手を不快にさせる行為とは認識していないケース、この2つが主にあります。問題は当人がどっちのパターンか?ってことなんだけど、どっちもありそうな気はする。前者の場合より悪質にも見えるかもしれないが、そうだろうか?別に人には好き嫌いがあるのだから、接し方もそれぞれ差別的になって良いんじゃないか?と思う。当然だが、偉い人と会っているときにはそういう行為は慎む人が多いんじゃないか?と思うけど、例えばなんともともっていない人と食事をするときには、今ここでスマホをいじると相手が不快に思うかもしれないけど、別に良いやと思ってスマホをいじり出すケースもあるだろうが、その本音を仮に相手が知ったら激怒するかもしれない。

 

しかし、その激怒する理由に正当性は別にないと思う。人を不快にするような行為はするなと説教をしてくるかもしれないが、なぜ人を不快にしてはいけないのか?そんな理由はないし、法律もない。人を不快にさせないで生活するなんて無理だ。こんなときだけ都合の良いことを言うんじゃない!ととても言ってけば良いんだが、そもそもの問題は、ここでスマホをいじって相手を不快にした人は、別の人と食事をしているときにはスマホをいじるようなことはしないというケースも多々あるということ。つまり、相手を選んでいるわけだよね。それって、年上には敬語を使うが、同期にはタメ口を使うようなケースと変わらないと思うんだが。相手を不快にするのがダメとか言うならば、じゃあオレはタメ口が嫌いだから、今度からオレには敬語を使ってくれ。と言ったら相手はその条件を呑むだろうか?恐らく呑まないだろうね。しかし、相手によって態度を変えるなんてことは、敬語とタメ口の例でもあるように日常的なことであり、それを失礼と言われるならば、タメ口を使う人間も礼儀がなってないと断じるのは容易だと思うがね。なんでタメ口を使うのか?っていうと、年下や同期にはタメ口を使っても良いっていう考えがその人自身にあるからなんですよね。そこまでの礼儀を尽くす必要はないという考えに基づいているのだから、食事中にスマホを使う行為に関しても、相手に対してそこまでの礼儀を尽くす必要がないと判断した結果ならば一緒なわけですよ。

 

つまり、そこまでの礼儀を尽くしても良いとか、尽くすべきだと考えている人はそれ相応の人徳があるか?社会的地位にある人たち。逆にそういったものがないケースでは礼儀を尽くそうとはあまり思えない。礼儀を尽くすことに関してメリットがない状態とも言えるかもしれません。つまり、失礼な行為が嫌ならば、失礼な行為をされないような人間になるべきという理屈も、失礼な行為をするんじゃないという理屈に対抗できると思う。礼儀を尽くすのが社会的に強制されているような状況ではある気もするが、それはあくまでもリアルな社会での話である。ネット上とかになると話は別になるわけですよね。例えば、敬語を使いたくない上司に対して、リアルでは敬語を使うが、ネット上でその上司の話題を出すとき、特に自分が匿名になるときには敬語なんか使わないだろうね。つまり、基本的に本音を通せば敬語などを含めて礼儀を尽くしたくないと思える人間は山ほどいると思う。敬語を使うなどの礼儀を尽くす人間はリアルでは山ほどいるが、それは同調圧力により仕方なくという部分が多分に含まれている気がするのです。その人たちにネットでも敬語を使うべきと言っても聞くわけがないだろし、敬語を使わない理由は敬語を使うような存在とは思えないから、敬いたいと思えないからではないでしょうか?

 

敬語を使ったり、礼儀を尽くさないといけないというのは法的な義務ではない以上、失礼な行為もそれが=悪とは言えないし、礼儀を尽くして欲しいならな、他人から見て、自分がそういう人間に見えるように努力をすべきという言い方も別に理屈では間違っているようには思えないのです。そもそも失礼な行為っていうのはかなり主観的だから、ある人間にとって失礼な行為だからと言って、それが失礼な行為と定義づけられるわけではないし、=悪になるわけではない、自分が気に入らない行為で、恐らく世の中の多くが賛同しそうな行為に対して「失礼」という言葉は使われている気がする。食事中にスマホをいじるという行為が失礼という主張に対して、どれだけの人が賛同するか?は分からないし。タレントのマツコさんは、新聞見る人もいるじゃない!みたいな感じで、否定しているみたい(マツコさんにとっては食事中に新聞を見る行為が不快らしい)だが、私は別に他人を不快にする行為を慎んで生きていくのが困難な以上、そんなことを言う人間は非現実的としか思えないので、全く賛同しないが。今までの人生で一切私は他人を不快にしていません!これからもしません!と宣言できる人以外はあまり説得力がない気がするのだが。

 

 

図解 マナー以前の社会人常識 (講談社+α文庫)

図解 マナー以前の社会人常識 (講談社+α文庫)

 

 

あわせて読みたい記事