読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

面接日程が合わない変更のメールや電話は当日以外なら理由を添えればOK?お礼は面接日にしておこう

【スポンサードリンク】

新卒の就職活動では面接の日程を変更したいという場合もあるかもしれません。面接の日程を変えたいという要望は多くが持っていると思うのですが、なかなか言い出しづらいのではないでしょうか?それはどうしてか?というと、それが原因で面接で不利になるかもしれないという予測があるからではないでしょうか?面接の日程変更は理由によってはしないといけないようなときもあるかもしれませんけど、できればしない方が良いというのは言えるかもしれません。そして、急遽何らかの事情で面接の当日に日程変更をしないといけなくなるというケースもあるかもしれないのですが、そういう場合でも結局は理由によって人事の印象も変わってくると思います。面接の日程変更はしない方が良いということは言えるかもしれませんけど、しないといけない場合もありそうなので何とも言えないですかね。面接の日程は就活生に決定権がありません。企業が都合の良い日時を決めて、それに従うしかないのが現状ですから、日程変更をしたいと思う人が出るのはしょうがないと思います。他の企業とかぶったりしますからね。面接などの日時がかぶることは就職活動をやっていたら不思議ではありません。普通に起こりうることです。

 

私も就職活動をしていたときには同じような状況がありました。ただ、面接の日程変更のメールや電話をすると印象がよくないのではないか?と思うこともありました。2つの企業の説明会と選考がバッティングしたというか、時間帯が微妙にかぶってしまったのです。急いで行けば2件目の企業に間に合うかもしれないが、遅刻するかもしれないという状況でした。したがって、1つ目の企業の日程というか、時間帯をずらせないか?とは思いましたが、まあ無理ですね。1つ目は説明会だったので。面接とかならばともかく、会社説明会の日程や日時はまずすらせません。だから、私はそのままの日程や日時で2つも行きましたが、2つ目は予想通り少し遅刻してしまったのです。そういったこともあるのですが、面接ならば日程変更のメールや電話はしやすいですが、集団討論とか、会社説明会とかの自分以外の人もかかわってくるものに関しては日程変更はまずできないでしょう。これはお願いをしても聞き入れてくれないと思います。だから、こういう場合は恐らく諦めないといけないと思うのですが、個人面接に関してはなんとかなりますから、後は人事の印象などを考慮して面接の日程変更のメールや電話をするか?ということになります。ただ、現実的にはそんなに問題ではないと思うんです。

 

就活における面接日程が合わないケースは間違いなく出てくるんじゃないかな?と思います。長く就職活動をやればそういうときには遭遇するでしょう。たくさん受けている人が多いと思うので、そこはしょうがないです。就活における面接日程が合わないケースというのは少なからず出てきますから、そのときにメールや電話などで調節をする必要があります。しかし、気になるのは面接の日程変更をすると影響があるのか?という部分でしょう。面接の日程変更をすると不利になるとか、そういうことがあるのか?というのはあるかもしれません。面接が重なった場合にはどちらかに日程変更をお願いするしかないのでしょうがないですけど、面接と他の用事が重なったときとかはどっちを面接日程の変更をするにはそれ相応の理由がいるのではないか?と思うこともあるかもしれません。単純に就活の面接日程が合わないというだけではダメで、もっともらしい理由が必要なのではないか?という疑問もあるでしょう。面接の日程変更は理由を聞かれることもあるので、そこは事前に考えておいた方が良いですけど、面接の日程変更は当日いきなりとかでなければ応じてくれるケースが多いのではないか?と思います。ある程度企業も柔軟な対応はしてくれると思いますよ。

 

面接の日程変更は当日は向こうも困ると思いますから、できれば避けたほうが良いと思うが、当日になって参加できない何らかの事情が生まれた場合には、そりゃ当日に面接の日程変更をお願いするしかありません。その際には急ぎなので、電話一択になると思いますが、自分で判断して当時でも面接の日程変更を頼まないといけない事態になったと思えば、その時点ですぐに電話をするしかありません。向こうもそれはしょうがないと思ってくれれば不利にしたりはしないと思います。面接日程が合わないということは就職活動やっていたら学生の方にもよくあると思いますけど、企業としてもよくあると思うんですよ。そういう就活におる面接日程の変更のメールや電話はそこそこあると思うので、企業からしたらそこまで珍しいことではないと思いますから、それをしたところで一概に不利になるとはあまり思わなくて良いと思います。無理なものは無理と前もって対応している点は社会人としても重要だと思います。ただ、面接の日程変更はお礼はしておいた方が良いです。お礼自体は電話にしろ、メールにしろすると思うので大丈夫だとは思いますけど、一応覚えておきましょう。実際に面接の日程を変更してもらったときに、変更後に面接を受けるときにもお礼をしておくとなお良いかもしれません。基本的には就活での面接の日程変更ではお礼は忘れないでおきましょう。就職活動は面接が占める割合が大きいので、その対策を特にやっていくことが必要になります。

 

就職活動における面接が苦手という人も多くいるでしょう。なかなか受からないとかで面接に苦手意識が少しでもあるならば、以下のような本を読んでおくと少しは状況が打開される可能性もあります。これは面接が苦手な人はもちろん、そうじゃない人も通過率を上げるために使える可能性がある本です。本書は新卒の面接において、面接官が見ているポイント、評価している部分、どういう学生を欲しいと思っているのか?という点について解説しているので、新卒の就活の面接においてどうすれば面接に通りやすくなるのか?という採用基準を知ることができますから、それを読んだ上で面接対策をしていけば、面接官から見て好ましい人材として映り、面接に受かる確率が少しでも上がるのではないでしょうか?こういった本は多くの就活生は知らないと思うので、事前に四絵から面接を受けると他のライバルに差をつけることができる可能性があるので、良かったら参考にしてみてください。

 

 

新卒採用基準: 面接官はここを見ている

新卒採用基準: 面接官はここを見ている

 

 

あわせて読みたい記事